ケンコー・トキナーが「opera 16-28mm F2.8 FF」を正式発表

ケンコー・トキナーが、フルサイズ一眼レフ用の大口径広角ズーム「opera 16-28mm F2.8 FF」を正式に発表しました。

高性能大口径超広角ズームレンズ「opera 16-28mm F2.8 FF」発表

  • 株式会社ケンコー・トキナーは、高画素フルサイズ撮像素子に対応した、高性能大口径超広角ズームレンズ「opera 16-28mm F2.8 FF」のキヤノンEFマウントとニコンFマウントの販売を、2019年3月15日より開始する。希望小売価格はいずれも118,000円(税別)。
  • AT-X 16-28 F2.8 PRO FXに使用していたP-MO非球面レンズを新規に作成し、面精度、コートの改善により、ゴースト・フレアを低減させている。
  • opera 専用の外観デザインに変更し、操作性、操作感も向上。
  • DCモーターと減速ギアユニットを一体成型に密封状態にすることにより、AF駆動音の静穏性を改善。
  • operaは、フォーカスリングの回転方向をニコン・キヤノンの純正レンズと回転方向に合わせることにより違和感のない操作性を実現。

 

フォトキナで参考出品されていた「opera 16-28mm F2.8 FF」が正式発表されました。レンズ構成は、AT-X 16-28 F2.8と変わっていないようですが、非球面レンズの制度やコーティングが見直されているということなので、画質の改善が期待できそうですね。

また、operaシリーズでは、フォーカスリングの回転方向が純正レンズと同じ方向になるのが、使い勝手の面でポイントが高いですね。なお、店頭価格は最安値で約8万5000円(税込)となっています。

2019年2月22日 | コメント(8)

コメント(8)

コメントがつかない...あんまり興味ないのかな?

無難、そつが無い、言い換えれば決め手が無い。
今までのトキナーの広角を見てきた限り、映りは個人的には良いものになるだろうとは思う。お値段そのままで14mmスタートならかなり気になるレンズになっていたと思う。

AT-Xと光学系変わってないから、あんまり話題にならないのでは?
16mmスタートなのに、出目金でフィルター付けられないのも不便だし。

AT-X所有してるけど、あの盛大なゴーストには悩まされるので出番なくなった。
所有レンズで唯一のトキナーレンズなので、あのゴーストがなくなるのなら買い替えてもいいかな。

純正と同じ向きにするという点はコストが確かに上がるかもしれませんが他のサードパーティーも見習って欲しい点ですしいいと思います

此のレンズも喉から手が出るほど欲しい。
タムロンの35-150もそうだけど、AF主体だからピントリングは最悪逆でも良いのよ。
TOKINAは24-70がキヤノン純正と同じ方向なので、愛用の一本になれた。
兎に角ズームリングの向きだけは何とかして貰いたい。

外観はタムロン 15-30とよく似た感じです。
広角端で1mm、望遠端で2mm狭い分を納得させられる結像になるかがポイントでしょうね。
サンプル作例の辺縁部を見る限り、EF16-35/2.8L IIより上だと思います。

気になるのは、公式ページのある「星景写真にも使いやすい焦点域です。」の箇所。
辺縁部でも、天体やってる人が納得してくれる点像である事を示唆するものと捉えています。
流星群なんかを狙うなら、明るい超広角が重宝がられますし、ケンコーブランドで
カナダ sky-watcher社製品を扱っていますので、それなりの水準に仕上げてくれている様な
気がします。
発売後2~3ヶ月経てば、最安は8万円の攻防になると思いますので、タムロン15-30比でも
コスパ面でのアドバンテージはありそうです。

光学系古いままですか。残念ですね。
旧型は逆光耐性ひどかったから、コーティングの改良は期待。

>EF16-35/2.8L IIより上だと思います。

古いII型じゃなくて、III型と比べるべきでは?
III型だったらトキナーよりも上だと思うけど。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年2月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEOS-1D X Mark III のフィールドテストを開始?」です。

次のブログ記事は「リコーが近日中に「THETA Z1」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る