リコーが近日中に「THETA Z1」を発表

軒下デジカメ情報局に、リコーの360度カメラTHETAシリーズの新型機に関する情報が掲載されています。

デジカメ噂メモ

  • リコーが「THETA Z1」を2月25日に予約開始。
  • 一緒に予約開始されるアクセサリーは「セミハードケースTS-2」「レンズキャップTL-1」「レンズキャップTL-2」

 

リコーは、本日発表されたGR III 、WG-6、G900に続いて、THETAの新型機も発表するようですね。THETAは「V」で4K動画に対応し、ジャイロセンサーを採用するなど、大幅に高性能化されましたが、Z1では更にどのように進化するにか興味深いところです。

2019年2月22日 | コメント(4)

コメント(4)

SC使っています。
どの様に進化したのでしょう?
静止画が進化していたら買い替えます。

せめてそろそろSDカードに対応してほしいものです…
SDカード対応して無いのが理由で別会社の360°カメラを買ってしまったので
次こそはお願いします

ナンバリングがいきなりZになりましたか。XをInsta360ONEに取られたし、S>SC>Vと来てるから、もうZくらいしか残ってないってことなのでしょうか。

あとはZ1>Z2>Z3って遷移になるのでしょうか。「Theta」というネーミングは360度カメラのネーミングとして絶妙だと思っていたのですけど、ナンバリングのセンスはNikonミラーレスをリスペクト?いや、なんか違う。。。。

360度カメラのフォーマットとして突き詰めたという自信の現れなのかもしれませんね。

突き詰めた今回こそメモリーカード使えるようになると嬉しいな。

THETA S使っていますがTHETAはまだまだ発展途上なのでいろいろ期待はしてしまいますね。
4kでは物足りないので更なる高画質化とメモリの増強を期待したいです。
個人的に希望しているのがスマホ無しでのインターバル撮影ですね。専用リモコンでもいいですが。
グライダーの翼に付けて使っていますがグローブ付けているのでスマホの操作しづらいし、スマホが無いとインターバル撮影が出来ないのがすごく面倒なんです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2019年2月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ケンコー・トキナーが「opera 16-28mm F2.8 FF」を正式発表」です。

次のブログ記事は「KIPONが「Zマウントカメラ-EFレンズ」用のAF対応マウントアダプターの発表を予告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る