DxOMarkにニコンZ6のセンサースコアが掲載

DxOMarkに、ニコンのフルサイズミラーレス「Z6」のセンサースコアとレビューが掲載されています。

Nikon Z 6 sensor review

 

 Nikon Z6   Nikon D750   Sony α7 III 
Overall Score
(センサーの総合点)
95 93 96
Color Depth
(色の再現域と分離)
25.3 24.8 25.0
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
14.3 14.5 14.7
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容できる
最高のISO感度)
3299 2956 3730


  •  ニコンZ6の24.5MP裏面照射型センサーのDxOMarkのスコアは、95に達している。このセンサーの強みは高感度性能だ。
  • ダイナミックレンジの14.3と色再現の25.3は、どちらも素晴らしく、高画素が要求される撮影を除く幅広いジャンルに対応できる。
  • 他機種との比較では、最低感度では、Z6のダイナミックレンジと色再現はα7 III やD750、D610などの24MPセンサーとほとんど同じだ。高感度性能は、このクラスでトップのソニーα7 III に近い。
  • Z6のセンサーのテスト結果は非常に良好だが、2014年に登場したD750よりも若干先を行っているだけだ。このセンサーはどの感度でもバランスの良い性能で、従来の20~24MPのセンサーよりも幅広い用途に対応する。

 

DxOMarkは破産のニュースが流れて以来、センサースコアの公開は休止中でしたが、復活したようですね。

復活第1弾のテストとなったZ6ですが、像面位相差AFを採用しながら同じ24MPのD750よりも全体的に少し進化していて、申し分の無い性能と言ってよさそうです。

ライバルのα7 III と比べると、色再現はZ6が、ダイナミックレンジと高感度はα7 III が若干良い結果が出ているようですが、大きな違いはないようです。

2019年3月 9日 | コメント(10)

コメント(10)

DxOのスコア復活、良かった。

センサー含め総合性能を考えると、このクラスのカメラではα7IIIがやはり強いようですね。

あらためてわかるD750の出来の良さと、‪α7IIIの実力。

Z6は上手くまとまった良い性能だと思いますが、少々インパクトが弱いかなという印象ですね。

ISO感度1600〜3200を躊躇なく使用出来ます
ボディ内手ブレ補正で中望遠のレンズも大変使い易くなりました
もはや内蔵フラッシュの必要性を感じる事も無くなりました

凄い時代になりました

α7IIIとほぼ同等のセンサー性能で、高性能EVFと堅牢性、さらに5月のファームアップアップ。Z 6はカメラとしてかなり魅力的な機種に感じます。このセンサーを搭載したZ 5(仮称)が発売されれば相当なベストセラーになりそうですね。

dpreview で ISO 12800 や 25600 あたりの RAW を比較すると D5 すら上回る印象です。 実質的にはニコンの高 ISO 番長かもしれません。
ダイナミックレンジは 5段上げあたりから AF がらみ? の乱れが出るようなので、D750 に近いというのは納得。 像面位相差仕様を作り慣れたらスコアが飛躍する予感はありますね。

ソニーのセンサーを持ちつつニコンの堅牢性と操作性を持つと考えると凄い魅力的ですね
ただ現状ではアダプター無しで使えるレンズが少なすぎるのでレンズの開発スピードをあげるか、潔くサードパーティ認めてレンズラインナップを早急に増やして欲しいです

Z6の性能、申し分ないようですね。
何よりもDx0Markの復活、嬉しい限りです。

Z7の購入を検討しているので、こちらのテストもお願いします。

DxOMark久しぶりですね。

久しぶりのDxOMark、お帰りなさいと言うところでしょうか。

賛否両論あるサイトですが、私は一つのベンチマークとして捉えていましたので正直嬉しい気持です。

既にZ7持ちなのでZ6を買うことはありませんが、両者の比較も見てみたい気がします。

今はカメラシステムの変革期なので、ここはNIkonにも踏ん張ってもらいたいですね。

DxoMarkの更新久々ですね。トータルスコアだけで判断せず、個別のスコアの詳細が見られるのがこのサイトの良いところですから。
Z6はやはりα7ⅲと同じセンサーみたいですね。ややノイズ処理でZ6が追いついていないようですが、ほとんど差がないとみていいでしょう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2019年3月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2019年2月のマップカメラの販売ランキングでは「α7 III」が引き続きトップ」です。

次のブログ記事は「ライカSL2の発表は6月?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る