キヤノンが2019年中にミッドレンジの一眼レフとEOS M5後継機を発表?

Canon Rumors に、キヤノンの新しいミッドレンジの一眼レフ(80D後継機?)とEOS M5後継機に関する噂が掲載されています。

New mid-level DSLR and EOS M5 Mark II the next ILC's from Canon? [CR1]

  • 新しいミッドレンジの一眼レフが2019年に登場するが、このカメラはEOS 7D Mark II 後継機ではないと聞いている。EOS 80D後継機と考えるのが、一番間違いないだろう。

    以前には、EOS 80DとEOS 7D Mark II の後継機が融合されて1機種になるという噂が流れていた。APS-Cのラインアップがどのように展開するのか、現時点では分からないが、2019年中に明らかになりそうだ。

    2019年中に確実に登場すると聞いている2番目のカメラは、EOS M5の後継機だ。このカメラには、全く新しい24MPセンサーが採用され、EOS M50(Kiss M)と、このEOS Mシリーズのトップモデルとの間には機能で大きな差があると言われている。

 

80D後継機とEOS M5後継機の噂は、これまでに何度も立ち消えになっていますが、今回は本当に登場するのかどうか、注目したいですね。80Dの後継機が7D Mark II 後継機と本当に1機種にまとめられるのかも気になるところです。

また、EOS M5後継機(EOS M5 Mark II?)は、Kiss Mとはかなりスペックで差が付けられると噂されていますが、どのような点で差別化されるのか興味深いところですね。

2019年4月12日 | コメント(12)

コメント(12)

その両機種には同じ新センサーが採用されて同等のスペックになるのでしょうね

80Dの噂は長かったですからね。Kissも更新がったので後継機を早く出して欲しいですね。DPCMOSの強化や4k対応すれば中級機としては魅力的な製品になりそうです。7Dシリーズと統合するのかどうかも注目ですね。
EOSMシリーズもどうなるか気になりますね。キヤノンに期待しています。

M5、M6、M100、KISS Mのような順で開発されている気がします。(多少の前後はありますが。)M6の後継機はないかと思われるので、M5の後継機はバッテリーグリップの用意される動画にも強いM5(E17を本体込みで3個搭載可能とか)で、ひょっとするとジョイスティックが用意されるかも、と思ったりします。が、何よりもレンズ群の拡充でしょうか。15-75/4クラスとか、60/2とか、50-250/4-5.6あたりを真剣に出してくれるかなあ、と。

全く新しい24MPセンサーというのは気になります。
80Dより画質の良いセンサーが出るのか?または
噂のクアッドピクセル・センサーだったりするのか。

APS-C中・上級を待望しているユーザーは凄いボリュームですよね。
新製品の登場は大歓迎ですが、RFシステムに全力投入ということで、APS-Cレンズの優先度がぐっと下がっているのが残念です。

フルスペック(フルサイズという意味でなく)のMシリーズが来そうで嬉しい限りです。まぁ動画に関してはいままでの推移からしてそこまで期待はできませんので無難に4K30Pで済ますような気がします。
クロップレスとかシーンモード以外でもサイレントできたりとかファインダーの改良とか細かいところも詰めてほしいですね

80D後継とM5後継は同じセンサーを積んでくると予想します。
ライブビュー時のサーボ対応の瞳AFやサイレントシャッターは当然として、現行のAFをより強化してくれると嬉しいですね。
M5後継からボディ内手ぶれ補正を搭載してくる可能性もあると思います。

EOS M5ユーザーです
業務でEOS 5D Mark IVに24-70 F2.8L Ⅱを付けてたりもしていて、物理的重さが嫌でプライベートでは軽くてそれなりに操作も楽しいM5を購入しました
Φ60.9mmで共通のレンズも小さ過ぎず大き過ぎずで気に入っています
RFマウントでAPS-Cをというお声もあるとは思うのですが、個人的にはコンパクト路線なEF-Mに続いてほしいのでどんなスペックであれ、EOS Mシリーズが存続するのであれば喜ばしいことだと私は思います

別情報でEOS Mシリーズはアジアでしか売れていないとの記事がありました。
アジア向けだけでも販売されるということでしょうか。

高性能な新型が出るのであれば、RFシリーズ集中投資ではなくKiss Mの更新も検討できるのですが、追加情報が楽しみです。

Mシリーズ、元々、ミラーレスはこの程度との扱いで、一眼レフとのバランスを図りつつ、機能を絞り小型軽量化路線で始まったシリーズだと思います。
Kiss Mでやっとローエンドの一眼レフに追いついたかな?というところ。

Kiss Mから差をつけての高性能化、RFシリーズや一眼レフとの機能バランス、ヒエラルキー重視のキヤノンがどんな落とし所を見つけるのか、興味深いですね。

M5が欲しかったんですが、
価格の点でM6を購入し接写専用機として運用してます。


キャノンはAPS-CのMシリーズとフルサイズの両極に
集中させるつもりではないでしょうか。
フルサイズといっても今後はフルサイズKissも
計画に入っているでしょうから今は価格差がありますが、
今後は詰めてくると私は思っております。

ただ、一眼レフは当分は作り続けるでしょうが、
さらなる高画素となる予定がある以上、ミラーショックは
避けたいと思っているはず。
最終的には完全ミラーレス化に行きつくのでしょうか。
今後のmシリーズに大いに期待します!

 マウント毎に、どういう特性や個性が付与されるのか、それとも、マウント毎に似たような機種が用意されるのか。
 キャノンの今後の戦略が見える試金石になりそうですね。

M5ユーザーです。

他社ミラーレスにあるような防塵防滴ボディを望みます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年4月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンは今年はRFレンズに注力するが来年以降にEFレンズの新製品も登場する」です。

次のブログ記事は「ニコンのタイムラプス動画に未発表のAF-S NIKKOR 200mm f/2E FL ED VRが使用されている?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る