キヤノンのアポダイゼーションフィルター付きの50mm F1.4の特許

Canon News で、アポダイゼーションフィルターを採用したキヤノンの一眼レフ用の50mm F1.4の特許が紹介されています。

Canon Patent Application: Canon EF 50mm 1.4 with apodization filter

  • キヤノンは、引き続きEFマウントレンズの特許出願に取り組んでおり、これはEFマウントのレンズとカメラのユーザーにはよい兆候だ。

    この特許出願(特開2019-056780)は、EF50mm F1.4(またはEF55mm F1.4?)のためのもので、キヤノンはアポダイゼーションフィルターによるボケの改善を期待している。

    焦点距離:52.43
    F値:1.49
    半画角:22.42
    像高:21.64
    全長:88.51mm(※全長は前玉からセンサーまでの長さです)
    バックフォーカス:39.71mm

canon_patent_2019-056780_001.jpg

RFマウントでは、ボケ味を重視したRF85mm F1.2L DSの開発が発表されていますが、同じようなレンズがEFマウントでも登場するのかもしれませんね。

現行のEF50mm F1.4はかなり古くなっているので、新型のEF50mm F1.4とEF50mm F1.4 DSが登場すれば、EFマウントユーザーに大いに歓迎されそうです。

2019年4月13日 | コメント(8)

コメント(8)

ノーマルの50mmF1.4でいいから出して欲しいです。

ソニー、フジフイルムの後を追っていよいよキヤノンもSTFレンズを市販するのでしょうか。
後追いでどういう付加価値をつけてくるのか面白そうです。

今更EF50mm出されても正直買いたいかと言われると微妙ですね…
一年前なら喜んで買ってたけど…
出すならすぐにでも出してくれないと

アポダイゼーションフィルターって焦点距離が短ければ短いほど効果が薄くなるのですよね? その分濃いフィルターにすればいいってことなんですかね…

この光学系は現行の50mm f/1.4と同じ(あるいは少し変えただけ?)です。既存の設計を流用してとりあえず特許出願したものであって、このままのスペックで出てくることは無さそうです。

この設計だと口径食がかなり大きいのでアポダイゼーションフィルターを活かすのは難しいと思われます。

EF50mmF1.4USMは古いけれど優秀なレンズなので、現代版に焼き直し程度でよいので出してほしいです。もちろんEFマウントで。

EFレンズの50mmf1.4を更新してさらにアポダイゼーション付きのレンズを2種類出してくれると最高ですね。具体的な更新の方を待っています。

いまの、EF50mm F1.4は貴重な8枚絞りなんだけど、そこら辺を分かってるかどうかですね。9枚がいいのはわかってる、8枚でそれを何とかするのが技術力だと思いますよ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、2019年4月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンのタイムラプス動画に未発表のAF-S NIKKOR 200mm f/2E FL ED VRが使用されている?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムはAPS-Cセンサーを26MPよりも更に高画素化することを考えている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る