2019年5月のミラーレスカメラの販売数量シェアは「EOS Kiss M」が20.5%でトップ

BCN+Rに、2019年5月のミラーレスカメラの販売数量シェアのランキングが掲載されています。

5月のミラーレス一眼カメラ売れ筋TOP10 (found via Mirrorless Rumors

  • 「BCNランキング」によると、5月に最も売れたミラーレス一眼カメラはキヤノン「EOS Kiss M」だった。シェア値は20.5%。2位と9ポイント差で首位に立った。TOP10で唯一のフルサイズミラーレス一眼であるα7 IIIは、7位についた。

bcn_2019_05_mirrorless_share_001.jpg

BCNではEOS Kiss Mが引き続き非常に強く、EOS M100と合わせると10位までのキヤノンシェアは28.3%と結構大きいですね。

一方でソニーは、やや上の価格帯のα6400や、フルサイズのα7 III がランクインしていて、金額ベースのランキングならキヤノンを上回りそうです。エントリーモデル中心のBCNで、フルサイズ機のα7 IIIがこの位置に入ってくるのはすごいですね。

また、オリンパスは4機種もランクインしていて、10位までで合計20.7%とかなり健闘しているという印象です。

2019年6月18日 | コメント(20)

コメント(20)

レンズ交換カメラの主戦場はほぼミラーレスに移りましたが、やっぱりAPS-CとM4/3が中心であるのは変わらないようですね。

このランキングに入り込んでいないニコンは台数を追い求める競争から遠ざかっているのか、ミラーレスでも攻勢に出る準備をしているのか興味深いです。
フジフィルムが好調と伝えられる中でも割り込んできていないのは各社の戦略がそれぞれで、全体として健全な市場に着地しそうに思えました。

スマートに縮みつつも各社が収益をそれぞれ確保するという、逆風でも生き残らなくてはならないカメラ市場にとっては望ましい状況になってきているのでは。

OLYMPUS が 意外 といっては失礼だけど、健闘してますね。同じフォーマットの Panasonic はフルサイズのこともあるでしょうけれど、ラインナップや販売戦略など見習ってほしいです。

CANON の EF-M は面白いですね。
色々言われているけれど、ちょっともうやめられないでしょうし、APS-C 専用と割りきって、コンパクトで低価格の単焦点とかを少しずつでも出したら面白そう。

こう視るとやはり CANON は上手いと思いますし、Nikon の “1” シリーズ はやはり痛かったですね。

kissMは本当に強いですね。EF-Mマウントはキヤノンとしても大事にせざるを得ないでしょう。
a7IIIはキャッシュバック対象になっていないにも係わらず好調を維持しています。特にサードパーティも含めてレンズ遊びがしやすく、基本性能が高いことが魅力でしょうか。
APS-Cではキヤノン、フルサイズではソニーが、それぞれ独走し続けているので、しばらくこの勢力図は覆ることは難しくなってきた気がします。

α6000やE-PL8がtop10に入るというのはなかなか厳しい状況に見えますね

Nikon Z7とともにKiss Mを使ってますが、レンズ込みで丁度よいんですよ(*´ω`*)
メインには出来ませんがサブ機としては長く使いますので、EF-Mマウントレンズももうちょい頑張ってほしいです♪

キャノンは販売員向けの研修など積極的で、尚且つkissmは機能や操作説明がし易い、という理由があります。連写が〜ダイナミックレンジが〜なんて話は殆どしません。kissmなら販売出来るという者もいるくらいです。
販売の現場なら実際かなり絶妙なスペックです。デフォルトのPモードでメインダイヤルが露出補正だったら完璧だったのになぁ…。

オリはデフォのPでダイヤルが露出補正です。PENシリーズは意外とキビキビ動いてくれるので言うほど悪く無いですよ。
オリパナはココを見てる様な人がオモチャに買うと思いの外遊べますよ。単焦点レンズと併せておひとつ如何ですか?(笑

私も5月にkiss-mを買った一人ですが、
セット物でなく、ボディー単体も11−22のレンズも
キタムラで売ってなく、一ヶ月は待ってもらわないとと
言われたので流れ流れてヨドバシに行きました。

店員さんの話ですと、購入する皆さんはセットものを購入するのが
ほとんどのようで、単体で買う人は少ないようです。
mがよく売れているのはやはり初心者ということでしょうかね。。。

高価格帯の商品がランキングに食い込んでくるのはそれだけライト層がカメラを買わなくなって母数が大幅に減っているからでしょうけど、各社ともシェアと利益率とのバランスをどうするかは悩ましいところでしょうね。

EOS Kiss Mは、基本性能も良いと思いますが、ネーミングが最高だと思いませんか。

いかにも、子供が小さいファミリー層が、初めてのレンズ交換式カメラとして飛びつきそうな感じですよね。

キヤノンの製品のバランスの良さは見事だと思いますが、RやMのEVFが店頭で見てもスペック不足が明確な点は今後の課題かと?

お子さんができた知人の奥さまが気付けば100M持ってました。
先日のマウントに関する富士フイルムの話が信用できるものならEOS-Mは手堅いよな…と思えたり。
ただ、ステップアップしたいビギナーに勧めやすいマウントでもないのが悩ましい。

データを見る限りAPS-C、m4/3のコンパクトなミラーレスが台数を伸ばしているようで、コンデジからスマホだけでなくコンパクトなレンズ交換式のカメラに入門機として移行したとも考えられるのかなと。それにしてもキヤノンは強いですね~

ミラーレスも売上げ台数で言えば旧型機と競合するレッドオーシャンですから、新規フルサイズメーカーの中には価格戦略を見直す所が出てくるかも・・・というか安くしてください‼

台数ベースではキヤノンやオリンパスも強いですが、実質的な金額シェアではソニー一強という状態ですね。
kissMの原価はわかりませんが、価格だけ見ると台数の割にキヤノンは苦しい戦いをしているように思えます。

まさに売りやすさと買いやすさのランキングですね。

プロ用含めたレフ機、交換レンズの売り上げも
考慮すると、キヤノンは強いですね。唯一
現状トップでないフルサイズミラーレスがどうなるか、
ユーザー目線で見るのが楽しい。

kiss Mが売れるのは、大きく重いカメラに嫌気がさしたお年寄りとか、女性が買い替えやサブカメラとして買うにはちょうどいい大きさなのかもしれませんね。初心者だけではそんなに売れない気がします。APS-Cという使い慣れたセンサーサイズというのも一因だと思います。これでEOS M Mark 2が出たら大人気になりそうな予感がします。

そう言えばCanonの工場の完全無人化って達成されたんでしょうか?
確か18年度までにと言う話だったと思いますが。
24時間稼働で製造コスト2割減という内容でした。
設備投資費があるので直ぐに安くなるとは限りませんが、高価格帯カメラが安く出来ればランキングにも食い込みやすくなりますね。

RFマウントの最大のライバルは、Kiss Mになるのかもしれませんね。
下手にEF−Mマウントでレンズを揃えてしまうとRFへのステップアップ(マウント乗り換え)を躊躇しそうで、レンズを揃えない人は、最初のキットレンズで満足しているでしょうし。

TVCMもあって一般層にはキヤノンEOSkissのブランド力は圧倒的ですね。
子供撮りを考えている初心者が量販店に見に行って軽量コンパクトなkissMの存在を知ったらそのまま購入してしまいそうで、ランキングもその辺が反映しているのでしょうか?
ただビギナー層は中々上位モデルへのステップアップや交換レンズ交換まで行かないのがメーカーの悩み処ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2019年6月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コシナ「NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM」の発売時期と価格に関する情報」です。

次のブログ記事は「DxOMarkにニコン「Z14-30mm f/4 S」のスコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る