キヤノンEOS 90Dはクロップなしの4K動画を搭載?

Canon Rumors に、キヤノンEOS 90D(80D後継機)の動画機能に関する噂が掲載されています。

No crop on 4K coming in next APS-C DSLR [CR1]

  • EOS 90Dは、8月の終わりか9月の初め頃の発表が予想されている。どの噂でも、EOS 90Dは、80Dと7D Mark II の両方の後継機になることが示唆されている。

    次に登場するAPS-Cの一眼レフは、クロップというレベルの大きなクロップは全くない4K動画の撮影が可能だと聞いている。従って、キヤノンの新型センサーは、動画にラインスキッピングかピクセルビニング機能の付いたものになるかもしれない。

    これまでに噂されている90Dのスペックは次の通り。
    - 32.5 MP APS-C DPAFセンサー
    - デュアルDIGIC8
    - デュアルSDカードスロット
    - 連写は10コマ/秒
    - ISO100-51200
    - 45点AF(クロスタイプ測距点の数は不明)
    - 4K24/25/30/60fps(4KでDPAFの可否は不明)
    - 3.2型バリアングル液晶モニタ
    - 防塵防滴
    - Wi-Fi、Bluetooth内蔵
    - 発売時の価格は1399米ドル
    - 発売は2019年8月

 

現在、キヤノンの4K動画はかなりクロップ倍率が大きく、使いやすいとは言えないので、90Dでクロップなしの4Kが実現されれば、かなり使いやすくなりそうですね。

上記のスペックが事実だとすると、90DはデュアルDIGICやデュアルカードスロットなどが採用され、これまでの二桁Dよりもかなり強化されているという印象です。4K60pが本当に搭載されるのかも注目ですね。

2019年6月12日 | コメント(15)

コメント(15)

うーん…このスペックなら素直に7D3の名前を付けた方が売れそうですね。

ただ数値に現れないAFの性能や耐ノイズ性能がどう進化しているかの方が気になります。

多分ボディの質感や堅牢性は二桁D基準になるので7Dは付けられないと思いますよ。
スペック的にも7Dではなく80Dの後継って感じですしね。
それと80Dの方は今でもまだよく売れているのでいい形でバトンタッチさせる狙いがあると思います。

イメージ的には、かつてニコンがD90とD300を(実質的に)統合してD7000(両者の中間レベル)を発売した様な感じでしょうか?

結局、ニコンは再びD500(APS-Cフラッグシップ)とD7500(D7200より質感劣る)に分離しましたが…

7DMarkIIと80Dの価格差が小さくなっていて、後継機を統合する為の地ならしは既に出来ているような雰囲気ですね。

90Dの詳細を見てから判断するとしても、この3機種どれを買っても満足度高そうです。

M5後継機にもこのスペックが取り入れられそう。

なんとも中途半端な印象ですね。
APS-Cセンサーで32.5 MPってノイズが心配です。

価格から鑑みるに、ボディの堅牢性、AF性能、
操作性など結局80Dレベルの後継であって、
7D2の後継ではない、というのがより明らかになった印象です。

本当に残念です。やはりこれからはミラーレスに注力し、APS-Cレフ機のフラグシップモデルは出ないのですね。

二桁Dって、結局すごく使いやすいんですよ。
最近はフルサイズミラーレスが話題ですが、レンズも含めるとAPS-C機の方が軽量に収まります。今使っている80Dはスペック的にはもう満足ですが、さらにAF性能に磨きがかかってるとしたら、買っちゃうかも。

既存情報ではありますが、デュアルDIGIC8は初ですね。
今後のフルサイズも含めて、ミラーレス技術展開の試金石になるでしょうね。

5D Mark IVの4K動画はドットバイドットでAPS-Cクロップ(1.74倍)ですから、動画機能だけを見れば十分なスペックだと思います。
敢えて3200万画素にしたということから、4ピクセルビニング機能を搭載して欲しいですね。
ラインスキップはシャギーが出やすくなりますし、避けて欲しいです。

従来の一眼レフの相場感から言えば、価格を考えると魅力的に思えます。

ただ、ソニーの秋には発表されると噂の新型カメラ、またまた従来の常識からは考えられないようなスペックの物が販売されるのかもしれません。

実際どんなカメラが販売されるのか、評価は各社出揃ってからですね。

ある意味では、APS-Cの限界に近い性能にも感じます。
APS-Cで3200万画素ならCanonの場合、焦点距離は1.6倍。
その1.6倍の約2.5倍が、フルサイズの撮像素子になると思います。
フルサイズに換算すると8000万画素。の密度で最高感度51200だと、
かなりの高感度耐性を備えているんじゃないかと期待します。

当然、EOS5D後継機、EOS R後継機も今のレベルを超えると感じます。

60D以降の二桁D系で、独立したジョイスティックが無くなってしまったのが最大の退化に感じていました。
堅牢なマグボディもそうですが、上位機種と同じ操作系を持つかどうかが7D系後継を思われるかどうかの分岐点になろうかと。

そういう意味でも、二桁D系と7D系の統合を目指すなら操作系の格上げ(50D以前に戻すだけ)は最低限必要だと思います。

このスペックなら80Dの後継と考えるなら十分魅力的で価格も抑えられているようですので、購入を検討したいです。問題はM5の後継がどのような位置付けで出てくるのか気になります。両方買うのは少し無理かな?

クロップなしの4Kを喜ぶ人は多いんじゃないでしょうか。
次のフルサイズ機への搭載も期待されますね。

画素ピッチの詰まりすぎによる高感度画質が、やや心配。
劇的な低ノイズ設計ならば、ありがたいです。
ここは80Dを超えてくれないと。
モデルの性格上、高SS、高ISOに、なりやすいと思うので。

以前からの希望ですが、静止画にクロップ機能がほしいです。
マイクロフォーサーズの超小型望遠に客を奪われないように、
7D2の後継モデルだけには、許してほしい機能です。

一時期7Dを使用していた身からすると、この時が来たかという感じです。
7Dクラスの画素数の画像を求めるのに、クロップでも問題ないくらいフルサイズ機の画素数が上がっているので、APS-Cは少し下に振ったのでしょうか。

32MP、秒10コマ、常用ISO 51200、4K60p クロップなし
めっちゃ良いスペック、自分が使ってるニコンで出て欲しいスペックw


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2019年6月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが「FE200-600mm F5.6-6.3 G OSS」と「FE600mm F4 GM OSS」を正式発表 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-M1 Mark II の新ファームが2週間以内に登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る