ソニー「FE135mm F1.8 GM」は高価だが非の打ち所のない性能のレンズ

ePHOTOzine に、ソニーの望遠単焦点レンズ「FE135mm F1.8 GM」のレビューが掲載されています。

Sony FE 135mm f/1.8 G Master Lens Review

  • 重さは950グラムで、重くかさばるレンズだが、テスト機のα7R III とのバランスは良好だ。鏡筒には高品質の素材が使用され、仕上げは素晴らしい。
  • AFはリニアモーターで静かで速い。最短撮影距離は0.7m、最大撮影場率は0.25倍と、一般的な135mmレンズよりもかなり寄れるので、とても用途の広いレンズになっている。
  • 解像力は、中央は開放からF2.8では素晴らしい値(excellent)で、F4では際立った値(outstanding)になり、F5.6からF8までは素晴らしい値(excellent)だ。隅は、開放からF5.6まで素晴らしい値(excellent)で、F8とF11ではとても良好な値(very good)だ。 

sony_fe135f18gm_mtf_001.jpg

  • 倍率色収差は、非常によく補正されており、実写ではほとんど色ズレは見られない。後処理による補正は、必要ないだろう。
  • 歪曲は+0.59%の穏やかな糸巻き型で、大きな問題はない。
  • ボケは絹のように滑らかで美しく、ポートレートに最適だ。
  • 逆光では、非常に厳しい条件でさえ、フレアは見られなかった。
  • 全体として、このレンズの技術的なパフォーマンスは素晴らしいものだ。
  • 周辺光量落ちは大口径レンズでは目立つ傾向があるが、このレンズは開放で1EV少々に抑えられており、絞ると1/2EV前後に減少する。これはかなり素晴らしい結果だ。
  • ソニーのFE135mm F1.8 GM は、デザインやエルゴノミクス、性能の点で、非の打ちどころのない実に印象的なレンズで、高価なことが唯一の欠点だ。このレンズは、ソニーのFEユーザーには極上の選択肢で、大いに推薦する。
  • 良い点:素晴らしい解像力、色収差が少ない、歪曲が少ない、周辺光量落ちが少ない、速く正確なAF、防塵防滴、近接性能、フレアが少ない。
  • 悪い点:価格が高い。

 

FE135mm F1.8 GM は、開放から隅まで高解像力で色収差も少なく、ボケも非常に綺麗で、申し分の無い性能のレンズという印象です。

Eマウント用の135mmには、このレンズの他にも高評価のBatis 2.8/135やシグマの135mm F1.8 Artもあるので、Eマウントユーザーはどれを選ぶか悩ましいところかもしれませんね。

2019年6月 8日 | コメント(4)

コメント(4)

α7RⅢでシグマと純正の両方を使ってます。
シグマは鉄臭い見た目と重さからあまり稼働率が上がらなかったので、
最近になって純正を買いました。

純正はとにかくAFが速くてビシッと決まりますしコンティニュアスの食いつきもシグマのAFは速い方と思いますがほんの少しだけ音が出ます。
シグマと比べて300g近く軽いですし、純正を手に入れて良かったと思います。

同じephotozine のテストだと、開放はシグマの方がいいですね
価格とAFを含めると悩ましい選択

α7RIIIで使用しています。
解像度は申し分なし。 開放から使えます。
画角が狭い分、ほぼ同じボケ量の100mmF1.4などより設計が有利になるためだと思います。
ボケは口径食の影響なのか開放では被写体を選ぶ気がします。
AFは速いけどピントは極めてシビアなので、AF枠内でのズレが気になります。
気に入らないのはMFがやりにくいこと。
回転角が180度弱なので触れただけで数mm動いてしまいます。
パナのS1のように回転角を変更できればいいのにと思います。
購入前は高価なので迷いましたが、初めてCanonのヨンニッパ(借物です)で撮った時と同じ感動が味わえたので、むしろ安いんじゃないかと完全に麻痺しています。

先日手に取り、それなりの重さですがSIGMAに比べ180g軽く
形状も持ちやすく感じαボディとのバランスも良く感じました。
私はフォーカスホールドボタンに瞳AFを割り当てていますが
ポートレートで縦位置の時シャッターを上にする構えなので
従来の位置では使いたい時に使え無い状態でしたが、2箇所になり
縦横それぞれで使えるのもポイントが高いところです、
真横でなく11時ぐらいの位置に付けてくれたら1箇所でも
良いのですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2019年6月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニー「FE600mm F4 GM」の価格は14000ドル?」です。

次のブログ記事は「DxOMarkにライカQ2のセンサースコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る