キヤノンが近日中に「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」「PowerShot G7 X Mark III」「PowerShot G5 X Mark II」を発表?

軒下デジカメ情報局に、キヤノンが近日中に発表する新製品の一覧が掲載されています。

・デジカメ噂メモ(※元記事は削除されています)

  • キヤノンが近日中に以下の製品を発表

    - PowerShot G5 X Mark II
    - PowerShot G7 X Mark III ブラック
    - PowerShot G7 X Mark III シルバー
    - RF24-240mm F4-6.3 IS USM
    - レンズフードEW-78F
    - EOS RP 24-240mmキット(国内でも販売するかは不明)

 

キヤノンが近日中に、RFレンズやコンパクトカメラなどの新製品を発表するようです。RF24-240mm F4-6.3は、EOS Rシステムでは待望の非Lズームで、このレンズがキットレンズになれば、EOS RPも売りやすくなりそうですね。

PowerShot G7 X Mark III は、以前に認証機関に掲載されたプロトタイプモデルからすると、マイナーチェンジモデルの可能性が高そうですが、どうなることでしょうか。

PowerShot G5 X Mark II は、まだ情報がありませんが、初代の登場からからかなり時間が経っているので、大きなモデルチェンジに期待したいところですね。

2019年6月21日 | コメント(11)

コメント(11)

ようやくEOS RPに合いそうな非Lレンズが出てきそうですね!

G5XやG7Xの新型は、4K動画が搭載されるんでしょうか?

 ミニ一眼レフといった風情のG5Xに興味があり、G7Xm2が出たときにDIGIC7の評判がよかったのですぐにG5Xm2も出るだろうと期待していたのですが、とうとう今日まで待たされてしまいました。
 同時期にG7Xm3が出るということはエンジンはDIGIC8でしょうか。答えは近いうちに出そうですね。楽しみです。

RF24-240mm F4-6.3 IS USM,いよいよですね.いい写真の予感.開発発表の写真をみると大きさは十分小型に見えるのであとは価格次第.EOS RPとのキットで20万を切れれば戦えると思います

待ってました。ようやくRF24-240mm来ますか。その性能、価格に注目しています。EOS RPとのキットがうまくいけばαの牙城を崩せるかも。なんて期待してます。
趣味でやってる私としては、広角側の性能が良ければ山カメラとしてRFマウント移行したい。と言いつつEF-Mマウントの小型軽量も捨てがたく。キヤノンさん、悩ましい、なんとかして。

ついにRの便利レンズが来ますね。なんとか実売10万以内でお願いしたいところです。性能次第では24-105と入れ替えても良いかと思っています。画質最優先の時は単焦点があるので。

EF28-200以来の非Lでの高倍率ですね!
SONY FEと良いライバルになりそうです。
普段使いの他に、エマージェンシーレンズとしても
使えるポジションのレンズですので、是非欲しいところです。

EOS RP 24-240mmキット RPの販売の理想の形が登場ですね。国内不明?いや日本でも販売するべきでしょう。RPもこのレンズと合わせて同時販売すれば良かったですね。でもこれは売れるでしょうね。

RPを発売日に買って、使いまくっています。5D4のサブで35mmのレンズキットで買いましたが、私の撮影に合っており、サブのサブ?でR も追加購入を検討中。RF24-105も追加しました。24ー240は期待して待っています。価格気になりますが、10万以下希望です。

rx100対抗でg5x は24-200、g7x は24-105のままかな

ソニーのFE24-240mmは最短撮影距離が長くて使いにくいので、できれば40CM以下だとうれしい。

PowerShot G7 X はすでにそのサイズでできることはした感じがあるのでマイナーバージョンアップというのもうなづけます。他のGシリーズには搭載されているBluetoothペアリングなどの便利機能をつけて足並みを揃えるといったところでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年6月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの1.4倍と2倍の切替式のテレコンの特許」です。

次のブログ記事は「シグマが70-200mm F2.8のEマウントバージョンを7月に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る