富士フイルムの2019年4~6月期は48%減益でカメラ事業は15%減収

富士フイルムが、2019年4~6月期の決算を発表しています。

富士フイルム48%減益 4~6月最終(日経新聞)

  • 富士フイルムホールディングスが8日発表した2019年4~6月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比48%減の146億円だった。本業ではインスタントカメラ「チェキ」のモデルチェンジをテコに下半期にかけて業績改善を目指す。
  • 売上高は5%減の5353億円。「カメラ関連事業」が15%の減収となったことが響いた。ミラーレスカメラも初心者向けの機種の販売が落ち込んだ。
  • 「チェキ」は、撮影と同時に音声を録音して、写真に印刷されるQRコードをスマートフォンで読み取ると再生できる新製品をこのほど発売した。滑り出しは好調で、チェキ全体の販売台数は2期連続の1000万台超えを視野に入れる。

 

富士フイルムは2019年3月期の決算では過去最高益でしたが、4~6月期は一転して減益で、カメラ関連事業も15%減収と芳しくないようですね。

デジタルカメラはエントリーモデルが落ち込んでいるようで、これは他のカメラメーカーと共通の傾向のようですが、富士フイルムはフィルムカメラのチェキが好調なのが救いですね。

2019年8月 9日 | コメント(12)

コメント(12)

好調好調と言われていた富士フイルムですら厳しいんですか…
同じくソニーやキヤノンも厳しいみたいですし、それ以外は言わずもがな
カメラ文化をどうにかして残して欲しいですね。

あまり初心者向けイメージのないフジですらエントリー向けが落ちてるんですね
売れないから新製品出さないで余計売れないのスパイラルはどこかが止めて欲しいです

初心者向け機種が落ち込みながらもチェキが好調な事こそ
決して画質が全てじゃないと物語ってると思います。

スマホに対するカメラの優位性でいくら画質をアピールしても効果は薄いでしょう。

格差が広がっているからか
エントリー機を欲する層は中古もネットで売り買いできたり数年前のミドル機を中古で買ったりでそれで十分なんですよね
そもそも既にスマホカメラというカメラを一台持ってる状態からスタートなので
それでもカメラ買う人はどうせカメラ買うならエントリー機よりミドル機以上を選ぶのかもしれません
あとはスマホじゃまだ不可能だったり心許ないところ(高倍率や完全防水堅牢など)で使えるレンズ一体型コンデジが選ばれるのでしょう
チェキとか見てもやはりスマホとは違う付加価値があるからで
ただただ安いというエントリー機は新製品で出しても投げ売り状態のような低価格じゃないと売れずエントリー層は交換レンズもさほど買わなさそうに思います
これからはいかにスマホにはできない付加価値を売り出していけるかが存続にかかっているのでは
あとスマホも高価格化してるのでカメラに回すお金がなくなってるのもあるかと

チェキ頼りの利益構造もなかなか厳しいですね。
そんなに画期的な進化を続けるものでもないでしょうし、一度買った人が買い直すものでもないように思えるので、どこかで頭打ちになりそうです。

どこのメーカーも厳しい状況に陥ってそうですね
ハイエンドを購入していた層も昔に比べれば冷めているように感じますので
これから盛り返していくにはパラダイムシフトを起こせる技術の登場が不可欠に思います
このまま数値的なブラッシュアップを続けていってもジリ貧ではないでしょうか

>売上高は5%減の5353億円。「カメラ関連事業」が15%の減収となったことが響いた。ミラーレスカメラも初心者向けの機種の販売が落ち込んだ。
これはちょっと誤解を招きますね。
5353億円は社全体で、確かに売上減はカメラ部門を含むイメージングソリューションというセグメントの133億円減収が効いています。
ただ、「カメラ関連事業」というのはこのイメージングソリューションというセグメントの一部門で、この中にカラーペーパー、インスタントフォトシステム(チェキ)、証明書写真などのフォトイメージ部門、カメラの電子映像部門、車載用など各種産業用レンズなどを扱う光学デバイス部門から成り立っており、売上は概ね5:2:1の比率です。つまりカメラの落ち込みが15%減収の原因というわけではありません。前年度比15%の減収はあくまでもイメージングソリューションというセグメントであり、カメラの電子映像部門単独については開示されていません。(年度末決算では開示)
ただ、エントリー機の売れ行きが悪かったのは事実で、その代わりミドルレンジのT-30 、ハイエンドのGFX100は好調だそうです。
19年3月期の年度決算は確かに良かったのですが、それは第3四半期のフォトイメージ部門が突出して良かったためで、第4四半期は減収の流れにあり、イメージングソリューションの営業利益は今回の45億円より少ない31億円でした。
キャノン、ニコンもハイエンドは好調の反面、エントリー機は不振と言っていますので、いずこも同じような状況かと思います。

風さんの詳細分析が役立ちありがたいです。
「19年度第3四半期のフォトイメージ部門が突出して良かった」というのはチェキ20周年キャッシュバックキャンペーンの成果ですね。
テイラースウィフトの販促への出演も抜群の効果を上げたことでしょう。
これによってチェキ史上空前の売り上げを達成、年間で1000万台まで拡大したので、今年度も新型のハイブリッドモデル投入などで同等の事業規模を狙うということなのでしょう。
当然、台数に比例してフィルム売り上げも伸び、フジフィルムが有するインスタントカメラ事業は羨望の的だと思います。

GFX,Xのミラーレス事業はこのところ高付加価値製品に注力が鮮明でAPS-Cと中判で他社フルサイズをサンドイッチする独自戦略に邁進していますが、今後の成否は交換レンズの販売でしょう。

新規格レンズの投入に注力するキヤノン・ニコンとミラーレスでの先行逃げ切りを狙うソニーと伍するぐらい交換レンズが売れていくかどうかがフジフィルムのデジカメ事業にとって最重要になっていくでしょう。
特にXFレンズシリーズがさらに拡大できるかどうかが肝心で、今後は33mmF1.0のようなシステムを牽引するフラッグシップレンズが次々に出ることを期待します。

減収幅も大きいですが円高も進んでいますから営業利益はもっと苦しい数字になっていそうですね。
キヤノンの御手洗氏のカメラ市場半減との見通しに他者は否定的でしたが
好調と思われていたフジでさえこの結果…
急速に半減へ向かってしまっているような気がします。
スマホの躍進、景気の後退とダブルパンチのカメラ市場、なんとか盛り返すきっかけが欲しいですね…。

>>ふくさん

全社の売上高は前年同期比-5.2%(為替影響除くと-4.0%)の減収、営業利益は+0.7%(+9.9%)の増益なのでそんなに悪い決算ではないですね。純利益が-48.2%の減益になっているのは、持分証券の評価損を計上した為のようです。

問題はイメージングソリューション部門の決算で、売上高が-15.2%(-13.2%)の減収というのは富士フイルムの説明である程度納得できますが、営業利益が-63.2%(-55.8%)という大幅減益となっているのは、利幅の小さいエントリー機の減少とかだけでは説明出来ないと思います。

富士フイルムに限らず、今4半期の各社映像部門の決算が減収幅に比べて大幅な減益になっており、非常に収益性が悪化しているのは何故なんでしょう?

失速した理由はいくつかあると思うのですが、レンズも買いやすいし写りも悪くない、色再現も抜群にいい。
でもAPS-CからAPS-Cの買い替えの選択は激変しないと難しい。
他社では同サイズで出来ている手ブレ補正が一番売れる機種で搭載出来なかった事や近所のアメリカ人いわく「どうしてメイドインジャパンじゃないの?」とか最近ファームアップの範囲がちょっとずつ皆の要望に届かなかったこと。
確実に富士のファンはいるんだけどまだまだ使えるT2からT3への買い替えが僕の周りでは少なかったです。

前にキヤノンと富士フイルムに、随分デジタルカメラ業界のビジョンにズレが見えましたが(キヤノンの会長は市場が2年半で半分になると予想して、富士フイルムはそうは思わないってやつ)、やはり厳しい事には変わりなさそうですね。
既にキヤノンは大幅減益ですから、富士フイルムのカメラ事業の下げ幅と比較すると、どちらも間違っていないというところでしょうか…

キヤノンはコンデジは持っていますが一眼レフ・ミラーレス共にどうしても好きになれなくて昔はニコン、今は富士フイルムを愛用しています。ですがやはりシェア、会社規模、共にNo1は間違いなくキヤノン。やはり業界を引っ張ってもらいたいし、それ以外のメーカーも含めて、これ以上の市場縮小は寂しいのでどこも頑張って貰いたいです。

富士フイルムさん、X-Pro3、買いますんでお待ちしてます(笑)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2019年8月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが近日中に「EOS 90D」と「EOS M6 Mark II」を発表?」です。

次のブログ記事は「Blackmagic DesignがEFマウントの6K対応ポケットシネマカメラ「BMPCC6K」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る