キヤノンが瞳AFを改善するEOS Rの新ファームを準備中?

Canon Rumors に、キヤノンEOS R用の新しいファームウェアに関する噂が掲載されています。

New firmware coming for the Canon EOS R [CR1]

  • キヤノンが、EOS R用の新しいファームウェアを開発していると聞いている。新ファームで進められている項目の1つが、瞳AFの改善で、とりわけ遠距離の被写体の瞳AFの改善だ。

    次のファームウェアのそれ意外の項目は不明だが、多くの不具合の修正があるはずだ。しかし、大きな新機能の追加は期待しない方がいい。

 

EOS Rはバージョン1.2.0のファームウェアで、瞳AFの性能がかなり改善しましたが、更に改善されそうで、これはユーザーには朗報ですね。EOS Rは発売されてからまだ約10ヶ月なので、大きな新機能の追加は、あるとしてももう少し後になりそうですね。

2019年8月11日 | コメント(11)

コメント(11)

現状だと全身撮る時に顔認識になってしまうので、瞳認識が遠目でも使えるようになるといいですね
まぁ自分は絞って撮ることが多いので、顔認識でもピントが外れた感覚があんまりありませんが…(>_<)

瞳AF改善のファームアップをするなら、顔認識モードで水準器が表示されるように改善してください!

色々なYouTubeみていてもCANONの瞳AFはそんな悪くはないように思っていたのですが。ただこうして何度もファームで対応してくれるのはユーザーには安心と今後の新機能の期待も持てるので、CANONさんだけでなくNIKONさんも見習ってもらいたいですね。

よく、全身だと顔認識になって瞳に合わないと聞きますが、個人的にはその状況で瞳に合うことが必要なのか疑問に思うので、そういった方面の改善よりも他を希望しますね。インターバルの搭載とかとか、、、
引きで瞳にしか合わない深度だと服とかもピント面以外ボケちゃいますし

以前もコメントしましたが、瞳認識に意味があるのは、例えば右目にピントを合わせると左目がボケる、かなり被写界深度が浅い時だけです。大抵の場合は顔認識で十分。遠距離の被写体の瞳AFの改善は実用上の意味は殆どないので、マーケティング用なんでは。
それよりも連写速度とか4K動画時のクロップの改善が重要だと思います。

私も全身なら顔認識で良いと思います、α7Ⅲでもそうなりますし
瞳認識の精度が上がることにより、結果的に顔認識になった時の
精度も上がるという事でなら良いですが。
それよりもRは5DⅣ未満に思うので5DⅣに相当するRⅡが
早く出て欲しいと思います、高画素機や高速機よりも
真のスタンダード機をお願いしたいです。

顔認識だと顔の前に手やマイク来るとそっちにピント持ってかれるとき結構頻繁にあるのでちゃんと瞳を見分けてそこをボケないようにしてくれるとありがたかな、引き気味でも。カブるものが何もなければ顔認識でもいいけれど。

全身ショットなら顔認識でもよいのですが、全身ショットでも瞳認識が働いた方が精度が高くなると思うから期待するわけです。それから、サーボAFで被写体の動きにどこまで追随できるか?ここも改善されてると嬉しいし、やっと使う気になれます。

横を向いた時や一瞬顔が隠れた時の喰いつきなどの精度が上がれば嬉しいです。
瞳や顔を認識できなくなると大きくデフォーカスするのでその辺りの改善も有ると嬉しいです。

KJさん
私も5DⅣかニコンのD750に相当するRのスタンダード機が欲しいですね
高画素や高速連写に特化した機種よりも
デュアルカードスロットにセンサーシフト式手ブレ補正にジョイスティックも搭載した30MPくらいで20万円台の機種を
それで瞳認識も向上していたらRシステムの起爆剤になると思います

これは大いに期待ですね。
現在、αとEOSを併用していますが、瞳AFが強化されれば、ジョイスティックの出番がグッと少なくなります。撮影ジャンルによると思いますが、αでは、あまり使うことがありません。
キヤノンが、ジョイスティックを無くした方針が間違いでなかったと、実感出来る事に繋がると期待したいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2019年8月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2019年7月のマップカメラの販売ランキングでは「Z6」が引き続き大差をつけて1位」です。

次のブログ記事は「キヤノン「PowerShot G5 X Mark II」の実写サンプル画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る