ニコンのEVFレスのZマウントカメラの意匠

意匠ウォッチで、ニコンEVFレスのZマウントカメラのデジタルカメラの意匠が紹介されています。

意匠ウォッチ (found via NikonRumors

  • 意匠登録第1635488号(D1635488)

nikon_1635488_001.jpg

nikon_1635488_002.jpg

nikon_1635488_003.jpg

nikon_1635488_004.jpg

nikon_1635488_005.jpg

以前にZニコンは、インタビューでZマウントの廉価モデルについて言及していましたが、このEVFレスのZマウントカメラが、ことによるとその廉価モデルなのでしょうか。Nikon Rumorsは、これは、噂されているニコンのAPS-Cミラーレスカメラなのではないかと推測しているようです。

2019年8月 2日 | コメント(30)

コメント(30)

描かれているセンサーはどう見てもAPS-Cサイズに見えますね。上面の液晶表示の反対側はポップアップストロボですかね?
この機体に昔の光学ファインダー付けたらカッコ良さそう。

α6400と似たようなデザインですね。
操作系はZ6,7と大体同じに見えます。
DX用のレンズが楽しみです。

シュー右がストロボで
シュー左がポップ式ファインダーかも…?

APS-Cセンサーっぽいですね
上面のダイヤルの横は内蔵フラッシュで反対側はソニーRX100M6のポップアップEVFのようなものにも見えます
側面にはレバーもあるのでAPS-CセンサーならポップアップEVFを収めるスペースが確保できたとか?

他社レフ機使ってるけど、なんか良さそうに感じます。
上部に描かれているフタ?はセンター寄りのが内蔵フラッシュで、端に描かれているのがEVF?
もしそうならEVFは他社と違うリトラクタブル方式だったら面白そうだなぁ。視度補正ダイヤルもフタに隠れてたらなぁ。
勝手に妄想広がってます。
個人的にセンサーはAPSで十分ですので、製品化してほしいな。
あ、このカメラに似合うコンパクトなレンズもたくさん出してほしいかな。

明らかにAPS-Cなのが残念だけど形は好きです。
これでフルサイズならなぁ
でもマウント経は同じなので今後に期待はできますね

APS-Cだと、レンズがどれくらいコンパクト化されるかが気になります。
小ささ次第では、M4/3を処分して乗り換えることになるかもしれません。
楽しみです。

EVFが内蔵式だったら一番良いですが、そうでなくともオプションアクセサリで取り付けられる様になる筈なので、大丈夫ですね。ボタンやダイヤルもZ6,Z7を踏襲した使いやすい配置に見えます。
フルサイズZマウントレンズの開発が遅れ気味な中、APS-Cレンズも開発しなければならない難しさはありますが、ニコンの主力DXレフ機からもミラーレスへ切り替えを促すのは急務です。

センサーサイズがAPS-CだとポップアップするEVFやスピードライトを収納するスペースができるわけですね。これでボディ内手ブレ補正ユニットも搭載できるといいですね。

ZはこれまでEVFにこだわってきたようなので、ポップアップ式だとしても同様なのかは気になりますね
あとはAPS-Cレンズの小型化と価格ですかね

左肩にポップアップEVFじゃないと戦えないと思います。
このボディーにこないだシグマからでた45㎜つけてスナップできたら楽しそう。

キャノンがマウントを増やしたのに対して、ニコンはソニーと同じ路線(マウント共通化)になるんですかね。
数が出るのはAPS−C機ですし、だからといってマウントを増やすのは体力的に厳しそう、何よりも入門機(APS−C)からのステップアップ(フルサイズ)するときのユーザーのハードルが下がりますのでマウント共通化は自然な流れに思えます。(Nikon1は既に廃止してますし)
(キャノンは先にミラーレスのAPS−C用の小さいマウントを作ってしまっていたので増やさざるえなかったのでしょうが・・・)
この機種がユーザーに歓迎されるのか、他社ミラーレス機に埋もれてしまうのか行方が楽しみです。

別画像に、マウント上部とその左右がグレーに塗られているものがありますが、これは何を意味するのか、気になります。

部分意匠として登録を受けようとする部分を実線で、それ以外の部分を破線で表している。一点鎖線は登録を受けようとする部分とそれ以外の部分との境界のみを示すものである。登録を受けようとする部分を示す参考図1,2において、薄墨を施した部分は、部分意匠として登録を受けようとする部分である。

とあるので、グレーの部分だけが意匠登録の対象です

ペケポンさま

「薄墨を施した部分は、部分意匠として登録を受けようとする部分である」
とありますので、デザインとして登録する範囲がこのグレーの部分ってことになりますね。
他社が、この部分を真似することを防止できる、ってことだから、このシリーズの特徴的なデザインとするのかな?
意匠について詳しく無いので、なぜこの部分だけ登録してるのかイマイチ分かりませんが…。

大きなマウント径を円筒デザインとしてうまく処理しているので、小型機はこのコンセプトで行くのかも。ホットシューカバーまで円筒形にしてある。

形はソニーの APS-C より好きです。

でも APS-C だとするとレンズを作る余裕がニコンにあるのか…。

Nikon 1 くらいのラインナップがあれば即買いなんですが。

面白い情報が出てきましたね。よく見るといろいろなことがわかってきます。リンク先サイトにはほぼ同型の2機種登録されているようですね。z6よりも一回り小さく、バッテリーはDX用の小さいもののようです。特にサプライズはない、ふつうのエントリーミラーレスといった感じですが、何かないと埋もれちゃいますね。あるいは最高なZレンズがキットレンズになるとか。

swing様

なるほど、そういうことですか。
まさかグリップの赤ラインよろしく赤いカバーということはないと思いますが、ダークシルバーとかならかっこいいかも知れませんね。噂されているスピードライトとポップアップ式EVFを搭載しなければフルサイズもいけるかな?

EVFはいらないし、内臓フラッシュ無しは我慢するから
センサーはフルサイズにしてほしい

Z7のサブとして小型機は必須ですが
2台を同時使用する際に、焦点距離が異なるのは困る

EVF無しだとエントリー機のような気がするんですがその割には操作ボタンが多いですね。
これはあくまで薄墨部分だけの話で他の個所はとりあえずZ7/Z6に近い感じにしてるだけなのかな?
どっちにしてもDXミラーレスが出てくるのは楽しみです。

意匠ウォッチのサイトを見ると

登録したデザインが3種類

EVFありのZ5

なしのZ4

DXのZ3

なのだろうか?

ニコンAPS-Cミラーレスは噂通りZマウントになるのかな
個人的には残念やなぁ・・・
APS-Cは安さと小ささに特化してほしかった
高性能なフルサイズと手頃なAPS-Cという風にハッキリと住み分けてほしかった

APS-Cのコンパクトさを追求するためにはFマウントより大型になったZマウントでは難しいと思うが・・・

ニコンのZマウントDXは期待してます
APS-Cサイズのマウントで統一したソニー
フルサイズのマウントで統一したニコン
それぞれ最適なマウントで分けたキヤノン
戦略が見事に別れていてどうなるのか楽しみです

個人的にはKissXのサイズが使いやすかったので
ZマウントでのAPS-Cは悪くないと思います

ZマウントでのAPS-Cですか
レンズが高級路線でいくのかどうかが注目したいところです

APS-Cですね。Zマウントのまま来ますか。おそらくFマウントとおなじく互換性を持たせる方針なのでしょう。キットズーム系で沈胴式を標準採用すれば、マウントの大きさは不利になりません。

Canon RPのみたいな、フルサイズの廉価版だと嬉しいのです。
Nikon1もJシリーズの方が、人気があった様な。

ニコン 1 シリーズの時のようにEVFアクセサリーは販売されるのかな?個人的にはファインダーがないと日中屋外で使いにくい。

Z7/Z6類似の意匠は底面に端子のカバーのようなものが追加されているので、
縦グリ対応っぽい=Z8ではないかと

APS-C(DX)レンズがないという意見も聞きますが、AF-P DXシリーズは、ステッピングモータ採用でミラーレスとも相性が良いはずです。AF-P DX+FTZで、ミラーレスでもかなり使えると思います。

自分はD500との組み合わせて、AF-P DXのズーム3本を使っていますが、軽くて写りもそこそこ、AFも速く十分な性能です。

また、AF-P DXをZマウント用へリニューアルするのは、技術的にそれほど難しくないと思われます。AF-Pレンズはミラーレスへの布石でした。

EOS RPがびっくりするくらい小さくて良かったので、ニコンのこれも期待できそうです
センササイズはフルサイズがいいですね
APS-C機が出るならNEX-5レベルの超小型機を期待・・・!?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2019年8月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CIPAが2019年6月のデジタルカメラと交換レンズの出荷実績を公開」です。

次のブログ記事は「パナソニックが8月遅くと9月に新製品を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る