各社の新型ミラーレスカメラに関する噂のまとめ

Mirrorless Rumors に、近日中の発表が噂されている各社のミラーレス関連製品のまとめが掲載されています。

Multiple announcements starting from late August!

  • パナソニック:パナソニックは2回の記者発表を計画している。1つ目は8月遅く(24-70mm F2.8 Sのようだ)で、もう1つは9月(S1Hと新型m4/3カメラ)だ。
  • ソニー:ソニーは2機種のカメラを8月の最終週に発表する。これらのカメラはα7S IIIやα9 IIではない。従ってRXシリーズかAPS-Cカメラの発表が予想される。
  • キヤノン:キヤノンは、70MP+αの画素数のEOS Rを9月に発表するだろう。
  • オリンパス:オリンパスは、20MPのE-M5 Mark III を9月か10月に発表する。
  • ニコン:新型のZシリーズのカメラに関する情報は無い。何らかの新しいSレンズが登場すると推測している。ところで58mm F0.95のモンスターはいつ登場するのだろうか?
  • 富士フイルム:富士フイルムはX-Pro3を9月か10月に発表する。

 

EOS Rの高画素機の具体的な発表時期に関する噂が出てきたのは、これが初めてですね。9月の発表は、これまでの海外の噂よりもかなり早いという印象ですが、本当にこの時期に登場するのか注目したいところです。

ニコンのミラーレスに関してはZ3・Z5・Z8・Z9などの信ぴょう性の低い噂は流れていますが、MirrorlessRumorsでは、これらのカメラの裏付けは取れていないようですね。

パナソニック、ソニー、オリンパス、富士フイルムに関しては、これまで噂されていた情報から変わっていないようです。

2019年8月 4日 | コメント(5)

コメント(5)

キャノンのEOS Rの高画素版が楽しみですね。
各メーカーも10月増税なら9月に駆け込みを狙って発売も多くなるのではないでしょうか。

発売するなら増税前にして欲しいです……
9月発表なら10月前の発売は無理ですかね

EOS Rの高画素版、発表が9月だと発売は増税後か…。
価格にもよりますが、しばらく様子見かな。

キヤノンの高画素機は思ったよりも早い登場ですね。
センサーの新技術というのが気になります。

今年の後半から来年前半はミラーレスのハイスペック機・プロ機のラッシュとなるんでしょうね。

高単価な製品と一般ユーザー向け値頃感のある製品にマーケットが2極化するように思います。

世界経済の雲行きが怪しいこの頃ですが、それを払拭するぐらい活況あるカメラ産業界であることを願っています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年8月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「認証機関に登録されている未発表カメラのリスト」です。

次のブログ記事は「タムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」は開放付近では周辺部は甘い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る