富士フイルムX-Pro3にはX-Pro2には無い新色が追加される?

Fuji Rumors に、X-Pro3の新しいボディカラーに関する噂が掲載されています。

Fujifilm X-Pro3 Coming in a New Color not Yet Available for X-Pro2

  • 我々の情報筋によると、富士フイルムX-Pro3は、X-Pro2には採用されていない新色のボディと共に発表されるということだ。

    この新色はX100Fのようなファンシーなブラウンか、さもなければ、X-E3のようなビンテージシルバーのトッププレートかもしれない。

 

X-Pro2のボディカラーは、ブラック以外ではグラファイトがあったので、X-Pro2の新色はグラファイト以外ということになりますね。

シルバーなら普通ですが、富士フイルムはX-Tシリーズのグラファイトシルバーのような他社には無いボディカラーを投入していきているので、新しいボディカラーが登場してきても不思議はありませんね。

2019年8月29日 | コメント(13)

コメント(13)

ずっとオールブラック以外を待っていたのでこれが本当ならとても嬉しいです。
x100Fのブラウンでも、普通のシルバーでも構いません。
ただ、シルバーを無しにグレーのみだと個人的に「なんでそっち!?」ってなっちゃうかもしれません笑

ライカのアラカルトみたいに、ベースボディカラーと貼り革を選べるオーダーメイドサービスなんかがあったらとても楽しいですけどね!

グリップの着脱式なんかもあればといつも思ってるんですが、、、みなさんどう思ってらっしゃるのかな??

普通のシルバーか、あるいはライカみたいにハンマートーンや、アンスラサイトグレーとか欲しいなと思います。

オリーブだと嬉しいです。
距離計連動スタイルだと妙にカッコいいから、大幅なスタイル変更でもない限り、時期X-proには有って欲しいカラーです。

うわぁ、最初は黒だけだろうから、黒買うつもりだったのに…

嬉しい悩みが増えました(笑)

CONTAX Gの様なシャンパンゴールドじゃないかな?
X-T100にもあるあの色で質感はとてもいいと思う。

それでもきっと、私は黒・半ツヤ塗装のブラックボディを買ってしまうでしょう。PRO3でも継続してくれていれば、の話ですけど…

一番欲しいのは真鍮ボディのxpro3
ブラックペイントで使えば使うほど剥げて味が出るみたいなやつ出たら理想だなあ

ボディーカラーもいろいろあると素敵なんですが(シャンパンゴールドいいですね)、すぐ下の記事を見てると、X-Pro Monochromみたいなの出ないかなと無理難題を妄想してしまいます。

ブラックペイントマニアさんがいうように真鍮ボディのxpro3でブラックペイントなら僕もフジフィルムデビューします。
メインカメラは他メーカーとしている人もそれなら我慢できず買ってしまう人は案外多そうです。Leicaのレンズ付けて遊びたくなりますね。

ブラックペイントマニアさんに完全同意です。
重くなってもいいので真鍮ボディに黒塗装、モノクーム専用で50mmのマニュアルフォーカスレンズがついたら即買いです。

X-Pro2には採用されていない新色ですか。機能アップと共に興味ありますね。
X-Proシリーズは大きさが大きいのでシルバーはともかく、シャンパンゴールドのような派手な色は似合わないでしょう。X-T100のダークシルバーやライカのアンスラサイトグレーなどのグレー系はシルバー色のレンズにも似合うのではないかと。
オリーブグリーンはミリタリーっぽくて好きな人はいるかと思いますが、X-Proには似合わないと思います。
新色以外にはIBIS搭載が最大のポイントでしょうね。それ以外にはあまり大きな変更点はないでしょう。それほど完成された機種だと思います。私的にはもう少し小さくM型ライカの大きさになることを期待していますが・・・。

前にも言ったかもしれませんが、
マットな黒(ライカQ-P)が出れば
所持している2から
買い替えたくなります。

オフィシャルではなそさそうですがインスタグラムに新色のカラーが出ていますね。4色展開?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年8月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが高画素のモノクロカメラ「ライカM10M」を準備中?」です。

次のブログ記事は「ニコンの一眼レフは5シリーズが廃止される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る