リコーの新APS-C一眼レフには新しいAFユニットが採用される?

Pentax Rumors に、最近開発発表されたリコー(ペンタックス)の新型APS-C一眼レフのAFセンサーに関する、画像を基にした推測が掲載されています。

Speculations: new AF sensor in the upcoming Pentax K APS-C DSLR flagship camera

  • 次に登場するペンタックスKマウントのAPS-Cフラッグシップ一眼レフカメラには、新しいAFセンサーが搭載される可能性がある。Mistral75のペンタックスフォーラムへの投稿を見て欲しい。

    「AFセンサーの入射口がこれまでよりも幅広くなっており、これはAF測距点の範囲が左右に広くなり、そして、中央のAF測距点の感度が良くなることを意味している。比較画像を見て欲しい。2つの画像のアングルは正確に同じではないが、違いははっきりしている」

pentax_newAPS-Ccamera_k-3ii_comp_001.jpg

ミラーボックスの画像を見ると、新型一眼レフでは、確かにAFユニットの占めるスペースが大きくなっているように見えますね。新型のAFユニットが採用されて測距エリアが拡大されるのでしょうか。新型機でどこまでAFが改善されるのか、楽しみですね。

2019年9月29日 | コメント(15)

コメント(15)

画像逆じゃないですか?
どう見ても小さくなってますが。

測距点が広がるのは朗報ですね〜。中央の感度も良くなるのなら、ピントが後ろに抜けにくくなるのでしょうか?

楽しみです。

>ぷう太さん
画像の矢印は左右の隙間が小さくなっている(=AFユニットが大きくなっている)ことを示しています。

解りました。

>管理人さん
ぷうさんは画像そのものが逆、つまり
「New Pentax K-?」と書いてある方「Pentax K-3 Ⅱ」で
「Pentax K-3 Ⅱ」と書いてある方「New Pentax K-?」じゃないかということをおっしゃってると思います。

>通りすがりの九州人さん
それは理解しております。画像はマウント右上のボタン配置から左が新型、右がK-3IIで間違いありません。矢印(AFユニットとミラーボックスの隙間)が小さい左側の新型の方が、大型のAFユニットを採用していることになります。

色々と変更点も多く、出し惜しみ無しで発売してくれそうで楽しみ

ミラー(ボックス)の横幅ー(矢印の部分の隙間×2)=AFセンサーの横幅

となるので、矢印の部分が短いほどAFセンサーの横幅が広い=AFセンサーが大きいということですね。

AFの感度向上ですか。色々と一新されるようですね。
K-1 mkIIに遠慮せずフルスペックをお願いします。
cp+で詳細発表でしょうか。

 大型のAFモジュールを使うということは、測距エリアの拡大を意味します。単にセンサーの間隔を広げるのではなく測距点数も増やすものと思われます。これは、動いているものへのAFターゲット追尾の成功率を上げるために必要です。
 体感的に、現行PENTAX-1桁機の中でK-1MkIIのAFが最も信頼性と速さを持っているように感じますが、それでも動きものに関してはうんと絞り込むか置きピンの方が安心できます。新ASP-C機が安心してAF-Cでも絞りを開けられるようになるといいですね。と言うか、是非ともそうなって欲しいと、切に願います。

ジョイスティックを採用している時点で測距点が増えることが予想できましたがこれで裏付けが取れたと言っていいでしょうね

サイズ的にK-1系のAFセンサーに近いように見えます。
フルフレームのセンサーをAPS-Cに使っているかと。
APS-Cの大部分をカバー出来そうですね。
K-1系そのままか、その進化版か気になります。
アルゴリズムは間違いなくK-1系より進化しているでしょうね。

PENTAXの開発ペースから考えて
K-1Ⅱの後継機にも使用できる=フルフレーム使用に耐えうるものを載せて来るとみて間違いないでしょう

ニコン・キヤノンがついに主力をミラーレスにうつした今、
ペンタックスは一眼レフを主力とする唯一のメーカーとなりましたから
一眼レフここにあり、という製品を発売してほしいですね

ファインダーでの扱いではKー1でもまずまずの合焦なので良いとして
改善して欲しいのは背面液晶での撮影時ですね
膝下の植物など、イベントで腕を伸ばしての撮影
せっかくの稼働液晶なのに合焦が悪くて、ファインダーに戻して山勘で撮影をしています。

ペンタックスの一眼レフのAFは、K-3系で大きく進歩して、KPで何故かやや後退した感がありました。
特にライブビューでのフォーカシングはK-5系を思わせる挙動をとることが個人的に多いように思っています。

このカメラでは、K-3比で隔世の感を得られるような大革変を期待したいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年9月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーの10月の新製品発表会で登場するのは「α9 II」のみ?」です。

次のブログ記事は「パナソニック「10-25mm F1.7」はズーム全域で見事な性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る