SIGMA fp の発売日は10月20日前後?

写真家の田中希美男氏が、SIGMA fp の発売日に関するツィートをしています。

田中希美男@thisistanaka

  • SIGMA fp の発売日が(ほぼ)決まりました。10月20日前後です。価格もどうなるか、愉しみですね。

    もし、それより遅れるようならファームウエアの最終調整で問題が発生したためでしょう。そうならないことを祈っております。早くなる可能性もなくもないが...なにせSIGMAのことですから。

 

順調に行けば、SIGMA fpは今月中には発売されそうですね。価格が気になるところですが、以前の田中氏のツィートで「出血大サービスかもしれない」という情報もあったので、安価な価格設定を期待したいところです。

2019年10月 1日 | コメント(10)

コメント(10)

体験会でfpを触ったのですが、普通に楽しいカメラという印象でしたね。
動画メインなら使いやすそうなので、ユーチューバーには人気出そうだと思います。単純にカタログ値での比較だと吐出した性能じゃないけど、なんかワクワクするカメラを出してくるシグマさんは応援したいです。
個人的には、写真メインなんで本命はFoveonのLマウント機を待っているのですが、記事にある「出血大サービスかもしれない」が、驚くような価格だったら動画ように一台欲しいです。

まさかの10万円未満ですかね。。。

個人的にかなり楽しみにしているカメラです。
同様のコンセプト機が無いので価格予想は難しいですが、10万円未満は無理だとしてもせめてCanon RP同等くらいだと助かります。。それ以上だとBMPCC4Kにするかな…

他のカメラだったら、スペックやクラスで値段も予想できるけど
これに関しては全く予想がつかない
本当に未知数でワクワクさせるカメラですね

fpが15万円以下ならと思っていまして、レンズキットでそれなら冬のボーナスで散財できるかな?という状況です。

ちょっと楽しみですね。日本メーカーで、こういった尖ったカメラを出してくれるのは、シグマさんぐらいでしょうかね。問題は価格ですよね。フルサイズセンサーを搭載してしているので、BMPCC4Kよりは高く、α7Ⅲよりはお手頃価格だといいのですがね。シグマさん、20万前後で出していただけませんでしょうか?。

シグマがメイン機なので、これとフルサイズFoveonのセットで完結することを期待しています。そして今回は素子に汚れがつきにくい・目立ちにくいとよいのですが...。SD 15あたりからほとんどのボディを使ってきましたが、赤外線ガラスがあっても、レンズ固定式でも、ゴミが写り込むことがあり、特に旅先で厄介だったので、fpは少なくとも内部からなるべくゴミがなるべく出ないようにしていただけるとありがたいです。

発売の時点でグリップなどある程度はサードパーティのアイテムが出てるといいですね。

この内容で15万前後だと非常に売れるでしょうね。

やはりレンズがそれなりの値段するので、ボディはできるだけ購入しやすいとありがたいですね。
汚れの写り込みに関しては、私もsd Quattroでサポートセンターのお世話になってますので、ぜひ改善してほしいところです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年10月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが2020年2月に大物の新製品を発表?」です。

次のブログ記事は「ニコンZ50はボディ内手ブレ補正を搭載していない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る