タムロン SP AF 60mm F2 Di II Macro 1:1を発表

TamronからAPS-C用のマクロレンズ「SP AF60mm F/2 Di II Macro (Model G005)」が発表されました。

SP AF60mm F/2 Di II Macro 1:1 (Model G005)開発発表

  • 35mm換算93mm相当の画角をカバーし、同クラスの一般的なマクロレンズよりも1段明るいF2を実現
  • 徹底した性能重視設計により、各レンズ郡の複雑な動きを高度にコントロールし、収差の増大を極力抑え、無限遠から最至近まで画面のすみずみまで均一で高性能な画質を実現
  • 第1郡に大型の異常分散レンズ2枚を採用し、諸収差を徹底補正
  • 新BBARマルチコーティングを採用し、ヌケのよい描写と抜群の色再現性を獲得
  • 全長80mm、最大径73mm、重さ400g
  • 対応マウント キヤノン用/ニコン用(AFモーター内蔵)/ソニー用
  • 価格/発売日 未定

 

F2のマクロレンズというのは、(古いレンズを除けば)他のメーカーにはなく、面白い存在になりそうですね。ただ、ペンタックスマウントが用意されていないのが、ペンタックスユーザーの管理人としては少々残念です。

2009年3月24日 | コメント(2)

コメント(2)

徹底した性能重視というのが凄いですね。
ナノクリと同等というわけにもいかないんでしょうがとにかく
気合い入りまくりですね。お値段も高目なのかしらん?

私ならポートレートに使ってみたいですね。ちと長いですけど。α用はどうせ忘れた頃に出るんだろうなぁ・・・・ ペンタ用も出てくれると良いですね。

123さん
コメントありがとうございます。

60mmで前郡に異常分散ガラス2枚というのは、すごく気合が入ってますね。コーティングもナノクリほどではないかもしれませんが改良されているらしいので期待大です。

タムロンのレンズは、マクロでもソフトな描写なのでポートレートにもいいかもしれませんね。価格はAPS-C用ということで、気軽に買える範囲に収まって欲しいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年3月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックス K20Dチタンカラー、K-mオリーブカラーを発表」です。

次のブログ記事は「ペンタックス 645Digital を2010年に発売予定 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る