ソニーα230、α330、α380の画像と詳細スペックが掲載

photoscalaにソニーα230、α330、α380の画像と詳細スペックが掲載されています。

Sony alpha 230, 330 & 380 sind halboffiziell (aktualisiert)

  • 数日後には、α200、α300そしてα350を若干改良した次のカメラが公式に発表される
    • α230 価格549.99ユーロ
      • APS-C CCD 1020万画素
      • アンチダストシステム
      • 2.7インチLCD(23万画素)
      • クロスセンサー付き9点AF
      • 手ブレ補正
      • 視野率95%のファインダー
      • HDMIポート、BRAVIAシンク
      • 幅128mm×高さ97mm×奥行き67.5mm
      • 重さ450g
    • α330 価格600ユーロ
      • APS-C CCD 1020万画素
      • アンチダストシステム
      • 可動式(ティルト)2.7インチLCD(23万画素)
      • クイックAFライブビュー
      • クロスセンサー付き9点AF
      • 手ブレ補正
      • 視野率95%のファインダー
      • HDMIポート、BRAVIAシンク
      • 幅128mm×高さ97mm×奥行き71.4mm 
      • 重さ490g
    • α380 価格750ユーロ
      • APS-C CCD 1420万画素
      • アンチダストシステム
      • 可動式(ティルト)2.7インチLCD(23万画素)
      • クイックAFライブビュー
      • クロスセンサー付き9点AF
      • 手ブレ補正
      • 視野率95%のファインダー
      • HDMIポート、BRAVIAシンク
      • 幅128mm×高さ97mm×奥行き71.4mm
      • 重さ490g
  • 旧モデルとの大きな違いはより小さく軽くなっていること
  • 大きなコンパクトフラッシュは、より小さなメモリースティックになる
  • キットレンズはコニカミノルタ時代の18-70mmから新型の18-55mmになる

 

スペックに関しては今まで出ていたものとあまり大きな違いはなく、ボディは大きく変わりましたが機能的にはマイナーチェンジにとどまっているという印象です。また、動画機能は、ここでも記述がないことから、やはり搭載されていないのかもしれませんね。

2009年5月16日 | コメント(6)

コメント(6)

メモリースティック・・・

より小さなSDカードってのが普及してますけど、SONYさん。

管理人様

先日はHNが思い浮かばず名無しで失礼しました。
今後はゴマちゃんのHNで書かせて頂きますので、改めて宜しくお願いします。

新機種も明らかになって来ましたが、メモリはMS専用かSDとのデュアルか?まだハッキリしませんね。
またサプライズで700後継機の同時発表の可能性も僅かながら有る様です。(9割方無いと思いますが。)

うーん。
kissx3のlv時AFは、相当なものだと感じました。

バリアングルが必要なければ、αのlv用クイックAFの優位はもしかしたら、わずかかもしれませんね。
となると、このスペックではなあ・・・。
キットレンズの改訂は、よいことだと思います。

一方、D5000のAFは率直に言って、「この程度なのか??」と思うものでした。

もっとも、キャノンは、品質問題がかなり気になりますね。

うにさん
コメントありがとうございます。

下のゴマちゃんさんも言っておられる通り、SDとメモリースティックのデュアルになるという噂もあるので、まだどうなるかわかりませんが、仮にメモステ専用機になると他社機と併用しにくくなりますよね。

ゴマちゃんさん
コメントありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

MS専用機は正直あまり歓迎できませんね(^^;

α700後継機(α800?)も発表されるとしたら楽しみですね。でも、ここで発表されなくても夏ごろには登場するのではないかと思います。

Anonymous(5月16日05:35)さん
コメントありがとうございます。

EOSのコントラストAFも徐々に完成度が高くなっているので、専用素子を持つαもうかうかとしてられませんよね。

>このスペックではなあ・・・。

ソニーが動画を入れてこないとしたら不思議ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年5月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L ISとシグマAPO120-400mm F4.5-5.6 DG OSではシグマに軍配を上げたい」です。

次のブログ記事は「キヤノンの品質がおろそかになる大きな要因が徹底したコスト管理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る