パナソニック LUMIX G VARIO 7-14mm F4は良い意味で完璧な描写

デジカメWatchにパナソニックのLUMIX G VARIO 7-14mm F4のレビューが掲載されています。

パナソニック「LUMIX G VARIO 7-14mm F4 ASPH.」 交換レンズ実写ギャラリー

  • 手のひらに軽々とのってしまう大きさで、重量も300gと軽量。ボディと合わせても685gで持って歩いても全く苦にならない重さ
  • 描写はコントラストが高く、ヌケがよい印象。画面全体でシャープで、周辺部の流れもほとんど感じない
  • 水平線もゆがまず良い意味で完璧な描写だが、広角レンズ特有のディストーションを好むユーザーには残念かも
  • 逆光に強くフレアやゴーストの発生に遭遇することはなかった。周辺光量落ちはF8まで絞れば問題なし

 

換算14mmスタートの超広角ズームとしては周辺まできちんと解像していて、とても良好な描写のレンズですね。歪曲も非常に少なくて、直線的な被写体でも使いやすそうです。

換算14mmスタートのズームには、ニコンの14-24mmやオリンパスの7-14mmという"神レンズ"と呼ばれるような優秀なレンズが揃ってますが、大きさや重さ、価格を考慮すると、このレンズが最もバランスがいいレンズかもしれません。

2009年6月 9日 | コメント(2)

コメント(2)

個人的にはフォーサーズ関連で一番欲しいレンズです。
PIEで初めて現物触った時の驚きといったら!!!
ボディの選択肢がもうちょっと増えたらこのレンズ付けて紅葉や雪山を撮りに行きたいです。軽くてウマーですな。

123さん
コメントありがとうございます。

オリンパスの7-14と比べると同じスペックのレンズとはとても思えないほど軽量コンパクトですよね。私もこのレンズを使うために、そのうちマイクロフォーサーズ機を買おうかなと考えています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2009年6月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS Kiss X3の描写は良好だがKiss X2との差はとてもわずか」です。

次のブログ記事は「シグマDP2は低感度でRAWを使って撮影すると息をのむような画質」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る