シグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMは望遠側の画質が弱点

SLRGearにシグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMのレビューが掲載されています。

Sigma 18-250mm f/3.5-6.3 DC OS HSM (Tested)

  • 18mmでは開放から中央部は非常にシャープだが、周辺部は若干甘くなる。絞ると解像力が高くなりF5.6でピークに達する
  • 24-50mmの中間域では最高の性能を見せ、開放から中央部は素晴らしくシャープ。周辺部は多少甘いが、F8~F11まで絞れば改善する
  • 望遠側は欠点があり、シグマの18-200mmよりは若干性能がよいが、80mm、120mmでは周辺部の描写は極めて甘い(※計測値に!マークが付いています)。250mmでは周辺部は若干甘い程度。80mmではF8まで絞ればシャープになるが、120mmと250mmではF11まで絞る必要がある
  • 色収差は高倍率ズームとしては良好に補正されているが、広角側と望遠側で色ずれが目立つ。中間域は色収差はほとんどなし
  • 周辺光量落ちは、18mm開放で1/2EV、250mm開放で1/3EVで大きな値ではない。歪曲はワイド側で0.75%のタル型で目立つ。中間域で0.6%の糸巻き型
  • AFは高速で静か。手ブレ補正は極めて役に立つ
  • ワイド側から中間域までは、とても性能がよい。望遠側の性能は期待ていたより低いが、250mmでF11まで絞れば改善する。旅行・お散歩用レンズだが、晴れた日の野外でしか使えない

 

望遠側の周辺部の描写がウィークポイントのようで、絞れば改善するものの、F11まで絞る必要があるとなると、手ブレ補正があるとはいえ、確かに、晴れた日の野外でないと厳しいかもしれませんね。

とはいえ、中間域まではかなり高画質のようなので、使いこなし次第では十分活躍しそうなレンズです。

2009年6月24日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2009年6月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD4000は8月の早い時期に登場?」です。

次のブログ記事は「価格.comのページビュー数でデジタル一眼レフカメラの人気に陰り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る