シグマDP2は低感度でRAWを使って撮影すると息をのむような画質

TrustedReviewsにシグマDP2のレビューが掲載されています。

Sigma DP2 Review

  • 解像度ではG10やLX3に及ばないにもかかわらず、RAWを使って低感度で撮影すると息をのむような画質で、並外れた豊かで深い色再現
  • 高感度はISO800ではカラーノイズは極めて少ないが、輝度ノイズはかなり目立つ。ISO1600と3200は後処理でノイズリダクションをかける必要があり、ISO800より上の感度は使いたくない
  • 新しいレンズは絞り開放からとても実用的な画質で、四隅まで非常にシャープ。フリンジもハイコントラストな部分でしか見られない
  • オートホワイトバラスはおおむね良好だが、絞りF2.8~F3.5では画像の周辺部で緑かぶりが発生し、これは修正が難しい
  • シグマはこのコンセプトを結実させたことに対して賞賛されるべき。しかし、DP1で多くの問題点が知られていたにもかかわらず、DP2でも多くの欠点がそのままになっている

 

DP2は操作性に関してはかなり改善されているというレビューも多いのですが、緑かぶりやAF精度、フリーズなどの多くの問題点が残っていて、カメラとしての完成度はまだまだ十分とはいえないようです。しかし、画質に関しては、DP1/DP2は本当に素晴らしいものがありますね。

2009年6月10日 | コメント(2)

コメント(2)

DP1からの乗り換えであり、基本的に本機に満足しているということを前提に不満な点を挙げるとすれば、
・緑かぶりは完全に解決されてはいない
・AFは依然として遅い
・レンズ保護のためにレンズフードを装着すると嵩張る
 (レンズバリアを実装すべき)

ちなみに、これから購入する方へのアピールポイント
・DP1発売時よりも価格設定が良心的
・コンデジとは一味違う解像感
・背面液晶は見え易くなった
・ゆがみが少ない写り
・操作系がシンプルで分かり易い

まるさん
コメントありがとうございます。

DP2はDP1に比べればずいぶんと改良されてはいるようですが、それでも完成度は今一歩といったところでしょうか。この画質は他のコンデジでは得がたいものがあるので、今後もこのシリーズを続けて欲しいものです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2009年6月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニック LUMIX G VARIO 7-14mm F4は良い意味で完璧な描写」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-P1と各社ハイエンドコンデジとの大きさの比較写真が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る