ペンタックスK-7はやはりK20D後継機ではない?

Amateur PhotographerにK20D後継機に関するペンタックスUKの公式見解が掲載されています。

Pentax confirms plan for K20D camera

  • 日本でのプレスレポート(Pen News Weekly)が正反対のことを述べているにもかかわらず、ペンタックスはK-7がK20の後継機ではないと主張している
  • イギリスペンタックスの広報は、今朝、この記事は事実ではなく、K-7はK20D後継ではないと我々に回答した
  • 先月、イギリスペンタックスは二つのカメラが平行して計画が進められていると語っていた

 

最近、K20Dの後継機(K30D?)は消滅し、実質K-7がK20D後継機になったというような話がネット上でしばしば出ていましたが、ペンタックスの広報によるとK-7はやはりK20D後継機ではないということのようですね。ということは、K20Dの後継機にも期待していいということになるのでしょうか?

ただ、K200D後継機(年末に発売予定)とK-7の間にもう1機種出すとすると、D90クラスということになるのかもしれませんが、上と下に挟まれて、なんとも微妙な立ち位置のカメラという感じがしないでもないですね(^^;

2009年6月 5日 | コメント(5)

コメント(5)

後継機と言ってしまうと、K20Dの価格がさらに暴落(K10Dのように3万円台も?)するので、別モノということでしょうかね?

K7がK20D後継機ではないとしても、K30Dが発売されるとは限りませんし、個人的には、K20DとK200Dは一つに集約されて、K7とK-mの間に位置付けられたものが発売されると思いますが、どうでしょうかね?

まっ、こういう想像も楽しいですね。


K-7 防塵防滴 ペンタプリズム等フラグシップ
K-? バリアングル液晶+LV機能の強化。コントラストAFの強化に加えて恋するシャッターとかスマイルシャッターとか。
K-m 最安最小単三電池

というラインナップが重複がなくわかりやすいかと思います。ただK-7があまりに低価格なので、値段付けが難しそうに思います。

可動部分が多いバリアングル液晶と防塵防滴って両立しないような気がするんですよね。E-3はやってますけど…。

私もK20DとK200Dが集約されるのではと思います。
何を持って後継になるのかが不明ですが・・・。
k200DはK10DやK20Dに肉薄する性能でしたから、
本格的入門機?という中途半端な感じは否めませんでした。
仮称K30DはK200Dの価格のラインになるのではないでしょうか。
K-7は価格的にはK20Dと同じラインでしたが、ワンランク上の機能を持っています。
K30D(?)も価格的にはK200Dのライン、でもワンランク上の機能になるといいですね。

微妙にK200Dよりのスペックで後継機・・・考えられること・・・ということはK200Dはなくなるということでは?

コメントありがとうございます。
 
>通りすがりの某コンサルタントさん
「K-7はK20D後継ではない」ということにペンタックスがこだわる理由が気になりますね。
私もペンタックスにとってAPS-Cが4機種というのは多すぎると思うので、K200D後継とK20D後継は統合のような気がしてきました。
 
>ふさん
K200D/20D後継は、そのような感じのスペックになりそうですね。バリアングルはキヤノンも採用していないので、ペンタはどうなるでしょうかね。あと、個人的にはK200D/K20D後継機にはペンタプリズムが採用されれば嬉しいのですが。
 
>ウミカゼさん
K-7の価格設定を考えても、K20DとK200Dが統合されると考えるほうが自然かもしれませんね。K-7の進歩ぶりをみていると、K30D(?)は性能的にK20Dクラスで価格的にはK200Dクラスというのはあるかもしれませんね。
 
>匿名さん
K20DとK200Dが統合されるとすると、どちらの系列がなくなるのかよくわかりませんが、現在のK200Dクラスはなくなるのかもしれませんね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年6月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニック LUMIX G VARIO 14-140mm F4.0-5.8は手軽で不満のない光学性能」です。

次のブログ記事は「キヤノンが廉価なAPS-H機を準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る