リコーのAPS-Cミラーレスコンパクト機の発表は確実?

4/3rumorsにリコーのミラーレス機に関する噂が掲載されています。

(FT4) Ricoh is the first MicroFourThirds competitor (※リンク先の画像はGX200です)

  • リコーはマイクロフォーサーズ陣営の競争相手になるだろう
  • 我々の信頼できるソースが確認したところによると、リコーはレンズ交換式のミラーレスコンパクト機を発表する
  • 次のようないくつかの情報がある
    • 発表は11月の10日-12日で、発売は12月になる(噂が実現する可能性は99%)
    • APS-Cセンサーが採用される(99%)
    • GX200と非常によく似たデザインになる(80%)
    • マウントはオリジナルマウントになり、噂されているKマウントではない(70%)
    • エプソンの新型EVFが採用される(50%)
  • いくつかのソースに聞いた話によると、このカメラはスペックにおいてE-P1やGF1を打ち負かしてしまうだろうということだ

 

リコーのミラーレス機が発表される可能性は4/3rumorsによると99%ということで、これは本当に期待できるかもしれませんね。

ただ、マウントが噂されていたマイクロKマウント(?)ではなく、オリジナルマウントになるという情報が事実だとすると、ペンタックスのレンズを使う楽しみは無くなってしまうので、この点は少々残念です。

スペックに関してはE-P1やGF1を打ち負かしてしまうほどということなので、大いに期待できそうです。11月の発表が楽しみですね。

2009年10月27日 | コメント(16)

コメント(16)

こちらの噂はとても楽しいですね。
来年は、いっきにレンズ交換可能なコンパクトモデルが主流になりそう?
ローエンドの一眼レフと、主流争いの年になりそうですね。
最近では、パナのG1と20/1.7の組み合わせが面白く感じる今日この頃です。(笑)
高繊細なEVFと、F1.7の明るいレンズ、家の中やご近状スナップでも楽しめます。
リコーなら、優秀なワイドの単焦点を期待したいですね。

リコーの独自マウントだとレンズのラインナップは大丈夫なのでしょうかね?
いっそのこと、マイクロフォーサーズ規格のレンズが使えるようにしたほうが良いかも。
フジからも出そうな噂もあるので、この手の小型機種の楽しみが広がってよいですね。
噂が絶えないため、DP2に加えての小型機種を購入することができません。

なんかひそかにミラーレスカメラがブームになってきてますね。
そのせいか、昨晩夢を見てしまいました。

NIKONミラーレスカメラ、FX/DXの2機種同時発表。
FXはD3s、DXはD300sと同等の素子を使用
ともに3コマ/秒
EVF標準装備、フラッシュはホットシューにて追加可能
外観はレンジファインダー型でアルミボディ
レンズ情報登録可能
1080p動画搭載
それぞれ178,000円/148,000円

・・・完全に妄想ですが、こんなのが出たら不滅のFマウントもいきてきますね。D3やD300に昔の52mm径のレンズは似合わない・・・

APS-C+エプソンの新型EVF搭載なら凄いですね。久々にワクワクする代物になりそうです。
ただオリジナルマウントとなると・・・・レンズでしばらく苦労しそうですね。あとは価格をどの程度にしてどういった層を取り込む作戦なのか注目してます。

Kマウントではない独自マウントとのことのようですね。その点がちょっと残念ですが、過去に生産していた経緯もあるのでベースはKマウントかもしれません?ので保証外でも付けられると面白いですね。

とあるG1ユーザーですが、
レンズ交換式でも交換するレンズがなければ絵に描いた餅ですので、
全く新規で立ち上げるというのはかなりしんどいでしょうねぇ~

 独自マウントとの事ですが、電子接点の仕様的には何らかのマウントと互換性があり、アダプタ経由でAF動作などが可能、という線は無いだろうか。...それはいわゆるマイクロKマウント、の噂に相当するんでしょうか(汗

 私は現在GF1を愛用中ですが、レンズは唯一所有する20mmを付けっぱなしであり、当面は交換レンズを買い足す予定がありません。他の焦点距離が欲しい場面も多々ありますが、潔く(笑)諦めています。このレンズの写りとコンパクトさが気に入っており、(マイクロ)フォーサーズにあと幾ら投資するかはしばらく様子見して決めたい心境です。(交換レンズの新製品or値下がり待ちかも...)

 リコーのマウントが独自方式だとして、他社が参入してくる事も無いとすれば、ネガティブな要素である事は確かだと思います。
 しかし、魅力的な交換レンズ数本がリコーから提供される事が明らかであるなら、実質的には何ら障害は無いとも考えられます。

 APS-Cサイズのセンサを搭載しながらGX200並にコンパクトなボディ。独自の小型マウント用に開発されたレンズもまたコンパクトで、GRシリーズで定評ある短焦点レンズを複数ラインナップ。利便性の高い専用ズームレンズはコンパクトに収納できる沈胴タイプ。ボディの買い換え時もレンズ資産は継承できますから、その分(レンズ一体式コンパクトに比べ)贅沢なレンズ設計も可能です。
....のような事に仮になるとすれば、喜ぶ人は多いんじゃないでしょうか。ボディ、レンズ共に大きくなり過ぎてしまうと微妙ですけれど(汗

確か5月頃にも似たような噂がありましたね。
その時の情報では撮像素子は1/1.8のままということでした。それが実現したとして、GRDをレンズ交換式にした「だけ」でどれほど売れるだろうか、目先の面白さだけで終わるんじゃないかと私は懐疑的でしたが。
ですがAPS-CでGXくらいのサイズまで詰めたとなると、ある意味脅威です。ミラーがない分レンズ設計の自由度は一眼レフより高いのですし、魅力的なレンズラインナップを構築できたらいい線行くんじゃないですか。私はGRDとGX100も持っていて今もって便利に使っているので、発表が楽しみです。

いつも拝見しています。
GX200ユーザーですので一言。
ファンクションボタン、登録機能の豊富さ、使いやすさは、今まで使ったコンパクトの中で最高です。
ただ、コントラストAFの動作が遅く、AFのままではスナップには到底使い物にならない点が唯一このカメラの弱点のように思います。
もっとも、ファンクションボタンにMFを登録してワンタッチで切り替えできるので苦痛ではないのですが、新しいAPS-Cではぜひこの点を改善してほしいと思います。

コメントありがとうございます。
 
>K2さん
ミラーレス機の噂は本当に楽しいですね。来年はソニーも参入するかもしれないので、ミラーレス機とニコン・キヤノンのエントリーモデルとの戦いが起こるかもしれませんね。
マイクロフォーサーズ+パンケーキは高画質かつ小型軽量で楽しめそうですね。
 
>まるさん
レンズは当初は2~3本くらいかもしれませんが、1年も待てば最低限のレンズは揃うのではないかと予想しています。
 
>RGさん
ミラーレス機がこれだけ出てくると、ニコン・キヤノンもそのうち参入してくるかもしれませんね。FXのミラーレス機というのも面白そうですね。D3sのセンサーを採用した高感度に強いミラーレス機があれば、個人的にはかなり欲しいです。
 
>123さん
このスペック通りなら、パナやオリンパスのマイクロフォーサーズを打ち負かすというのも大げさではなさそうですね。レンズは確かに2~3本くらいで、しばらく耐える必要があるかもしれませんね。
 
>てばまるさん
マウントアダプタでKマウントレンズがAFで使えるような仕様なら嬉しいですが。
 
>えくすさん
しばらくの間はレンズ数本程度でがまんしなければならないかもしれませんね。EOSの立ち上げのときもそうでしたが、新マウントは確かに厳しいですね。
 
>actiさん
独自マウントだとしたら、少数精鋭でいいのでリコーらしい魅力的なレンズを揃えられれば、かなりアピールできそうですね。GX200並みにコンパクトな、それだけでも売れそうな気がします。
 
>E-P1ユーザーさん
仮にGX200並みのサイズでAPS-Cだとしたら、確かに驚異的なコンパクト機になりそうですね。多少大きくなったとしても、リコーらしい魅力的なレンズを揃えられれば売れるかもしれなせん。
 
>gakuazuさん
GX200の操作性のよさはいろいろなところでよく言われていますね。この操作性のよさは新型機にもぜひ引き継いで欲しいと思います。

オリジナルマウントって要はマイクロKマウントってことではないでしょうか?今までそんなマウントありませんからオリジナルですよね(笑)。
で、アダプタ経由でPENTAXレンズ完全互換みたいな・・・。
そうすればとりあえず最初に小さいマイクロKマウントレンズ数本出せば、市場の人気は得られそうな気がしますね。
今はNikonユーザーですが30年前にauto110を親に買ってもらったこともあり、独創的なPENTAXの動向は非常に気になります・・・。

新マウントがRMマウントとかいう名で、実はライカMマウントと互換性のあるマウントなら最高です。アダプターなしでライカレンズがマニュアルで使えるような。

はじめして。高級コンパクトかミラーレスか踏ん切りが付かず、Ricoh の発表待ちのものです。ちなみに一眼レフはPentaxユーザーです。

オリジナルマウントってありますが、多分既存のものと互換性のあるものだと思います。これまでの関係から類推するに、Kマウントとの互換性を備えた、マイクロKマウント?の可能性が最も高そう。

GX200云々というのはデザインの話ですね。GX並の大きさはさすがに無理じゃないかな?せめてDP1/2ぐらいが限度でないかしら。デザインはできればGR系がよかったな。

コメントありがとうございます。
 
>bartonさん
確かにマイクロKマウントだったとしてもオリジナルマウントには違いないですね。マウントアダプタでペンタックスのレンズが完璧に使えれば理想的だと思います。ペンタックスのレンズが使えるとすれば、レンズは最初は2本もあれば十分かもしれませんね。あと、auto110は今見ても魅力的です。あのようなレンズ交換式デジカメが欲しいですね。
 
>libertinさん
ライカ互換マウントというのも、面白そうですね。本家のM9のほうは非常に高価なので、そういうのもアリかもしれませんね。
 
>mahaさん
高級コンパクトやミラーレスを狙っているなら、オリンパスE-P2の発表も近いようなので、少し待ったほうがいいかもしれませんね。リコーはKマウントのノウハウを持っているので、私もKマウントとの互換性を備えたものである可能性はあるのではないかと思います。「GX200と似た」というのは、同じ大きさはいくらなんでも無理でしょうから、デザイン的にという意味でしょうか。


yasuさん
情報ありがとうございます。
 
真偽のほどは分かりませんが、Epson製のEVFやAPS-Cセンサー、Kマウントと互換性のある可能性のある新マウントなど非常に面白そうですね。11月10日の発表が確定したようなので、あと2日、楽しみに待ちたいと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS-1Ds Mark IVは2010年のフォトキナで発表?」です。

次のブログ記事は「キヤノンがEOS 7Dの残像現象について正式にコメント「対応は11月上旬」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る