ヨドバシカメラの売れ筋ランキングではEOS 7Dがトップ

日経トレンディネットにヨドバシカメラ新宿西口本店のデジタル一眼売れ筋ランキングが掲載されています。

EOS 7Dが売れ筋トップに、高性能一眼レフに食いつく理由は?――ヨドバシに聞く

  • 1位 EOS 7D EF-S15-85IS レンズキット
  • 2位 D5000ダブルズームキット
  • 3位 EOS Kiss X3 Wズームキット
  • 4位 ペンE-P1パンケーキキット
  • 5位 DMC-GF1Cレンズキット
  • 最近はマウントアダプターが充実しているので、乗り換える際にメーカーの縛りを気にする人は減ってきている印象
  • EOS 7Dはこの価格帯では一番評判がよく、特に注目を集めているのが視野率100%のファインダー
  • D5000はコンパクトなボディで女性に人気。バリアングルが好評。EOS 7Dの人気が落ち着いたら、一番人気になると思われるほど安定した売れ行き
  • EOS Kiss X3はピント合わせの早さとコンパクトなボディに定評があり、女性層の支持を得ている
  • E-P1は発売直後はペンシリーズ愛用者に人気があったが、現在は女性を中心としたコンパクトデジカメからの乗り換えユーザーが主流
  • GF1はE-P1のライバル的な存在だが、レンズに互換性があるのでどちらも相乗効果で売れている

 

EOS 7Dはトップと言ってもまだ発売直後なので、もう少し時間が経ってかららどの程度の順位に落ち着くのかに注目ですね。

D5000はBCNランキングではKiss X3に3倍もの大差を付けられていましたが、ここでは逆にKiss X3よりも上位になっていて、安定してよく売れているようです。D5000は完敗かと思っていましたが、意外に健闘しているのかもしれませんね。

また、マイクロフォーサーズ勢は相変わらず強く、エントリーモデルの分野に限ってはニコン・キヤノンを脅かす存在になりそうですね。この他では、発売されたばかりのペンタックスK-xの売れ行きが気になるところです。

2009年10月17日 | コメント(2)

コメント(2)

昨日から、2chが騒がしいですね。
http: //gimpo.2ch.net/test/read.cgi/dcamera/1255770848/

残像現象が本当かどうかわかりせんが
発売されてから指摘される不具合のため
7Dに限らずカメラの購入は
少し経ってからのがよいのでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EF100mm F2.8L Macro IS USMのボケ味はこれまで見たレンズの中でベスト」です。

次のブログ記事は「ペンタックスK-xは本当に素晴らしい画質」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る