オリンパスM.Zuiko Digital 14-42mm (E-P1のキットレンズ)はきちんとしているが、傑出した性能ではない

PhotozoneにオリンパスのM.Zuko Digital 14-42mm F3.5-5.6EDのレビューが掲載されています。

Olympus M.Zuiko Digital 14-42mm f/3.5-5.6 ED Review / Test Report

  • 歪曲はRAWを現像する際に自動的に補正されるので問題はなく、最大でも14mmで1.7%だが、自動補正をかけていない場合は14mmで4.6%という大変な大きさのタル型の歪曲がある
  • 周辺光量落ちはほとんど無く、これは自動補正のためだと思うかもしれないが、そうではない。これは、たぶんレンズを沈胴式にした効果だろう
  • 中央部の解像力は14mmと25mmでは中央部では素晴らしい値で、周辺部もとてもよい値。42mmでは解像力は大きく落ち込むが、それでも、よい(good)~とても良い(very good)レベル
  • 色収差は周辺部で平均1ピクセル前後でよく補正されている。パナソニックと異なり、倍率色収差はカメラ内でもRAW現像でも補正されない
  • ズーム全域できちんとした性能だが、傑出したレンズではない。JPEGでも標準のRAW現像ソフトでも収差が補正されていないデータが得られないので、このレンズの最終的な結論を出すのは難しい

 

以前、管理人が誤ってフォーサーズ用の14-42mmのテスト結果をマイクロフォーサーズ用のテスト結果としてお伝えしてしまったことがありましたが、今度は正真正銘のマイクロフォーサーズ用の14-42mm(E-P1のキットレンズ)のレビューです(^^;

こちらのレンズはフォーサーズ用の14-42mmほどではありませんが、それでも、しっかりとした解像力で、コンパクトなキットレンズとしてはなかなか優秀なレンズという印象です。絞り開放付近から周辺光量落ちがほとんど無いのもすごいですね。

欠点は望遠側で少し解像力が落ちることですが、それでもしっかりした値を保っているので大きな問題はなさそうです。

2009年10月 9日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS-1D Mark IVの発表に関する二つの噂が掲載」です。

次のブログ記事は「ニコンの新製品発表は10月14日で確定?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る