オリンパスM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8(E-P1のキットレンズ)の光学性能にはがっかりさせられた

PhotozoneにM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8のレビューが掲載されています。

Olympus M.Zuiko 17mm f/2.8 Pancake - Review / Test Report

  • 歪曲は0.8%の穏やかなタル型だが、これは自動補正によるもので、補正されていない状態では4.5%もの単焦点レンズとしては極めて大きな歪曲がある
  • 周辺光量落ちは、自動補正がかからないが極めてよく補正されている。F2.8では状況によって周辺光量落ちが目に付くが、0.8EVでそれほど大きくはない。F4まで絞れば問題はなくなる
  • 解像力は中央部ではすべての絞り値で概ね"とても良好(very good)"だが、周辺部の解像力はF8まで絞っても"よい(good)"にしかならない。四隅はF2.8では非常に甘く、F5.6まで絞ってかろうじて"よい(good)"のレベルに届く
  • 倍率色収差の大きさは驚くほどで、周辺部では3ピクセルに達し、大きな問題がある
  • ボケはとてもスムーズでハイライト部分も美しい
  • とても愛らしい小さなレンズだが、残念なことに、光学性能に関してはがっかりさせられた。単焦点レンズにはトップレベルの性能を期待すると思うが、このレンズは周辺と四隅が全体的に非常に甘く、絞っても十分にシャープにはならない。全体として課題が残るレンズ

 

中央部の解像力は優秀ですが、周辺部と四隅はかなり解像力が低く、絞ってもそれほど良くならないのが気になります。光学性能的には、パナソニックの20mm F1.7のほうがかなり上回っているような印象です。

17mm F2.8は、携帯性重視のパンケーキレンズとはいえ単焦点なので、もう少し光学性能を追求してもよかったのではないかと思います。

2009年11月 9日 | コメント(5)

コメント(5)

 オリンパスとしては非マイクロなフォーサーズとの差別化などを念頭に「マイクロフォーサーズ向けなんてこの程度で十分だろ」と考えたのかもしれないですね。
 パナソニックの20mmとの焦点距離3mm(換算6mm)の差が低コスト設計の難易度として大きく現れたという事なのでしょうか。

 実はリンク先の記事は読んでないのですが(汗)、サンプルのページを見るとボディはPanasonicのGF1を用いているようですね。一方のパナ20mmもGF1を用いている。ボディ内補正が前提の感があるマイクロフォーサーズ向けレンズでこのやり方は、不平等な気がしますね。

actiさん
コメントありがとうございます。
 
オリンパスはフォーサーズ用のレンズはどれも優秀ですが、マイクロ用のレンズは若干落ちるような印象ですね。
Photozoneのレビューのデータはボディに依存するので、ボディを変えられると、オリンパスとパナソニックのレンズでデータが直接比較しにくくなるというデメリットがあるのではないかと。
ボディ内の収差補正はオリンパスのレンズでも効く(色収差補正は効かないようですが、これはE-P1でも同じ)ようですし、Photozoneは最近では補正前の素のデータも掲載するようになっているので、それほど不平等にはならないかと思います。

Photozoneでいつもレビューを書いているKlausさんはもうマイクロ4/3のレンズに関しては五つ星での採点をしないようです。確かにカメラボディ内で色々な補正が自動的に行われるのというのならば、あまり採点をする意味は無いかも知れませんね。

マイクロ4/3のように、色収差、歪曲などを自動的に修正するというやり方も一つの見識だとは思いますが、個人的にはそういうものには頼らずに、真正面から光学設計をしてくれるメーカーや規格を支持したいですね。

bbbさん
コメントありがとうございます。
 
確かに収差の自動補正があるとボディ+レンズの性能になるので、点数を付けるのが難しいのかもしれませんね。
収差の自動補正は、レンズのコンパクト化・低価格化に有利になるので、それはそれで意味があることだと思いますが、自動補正に頼らずに純粋に光学性能を追求するレンズには確かに魅力がありますね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2009年11月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 7Dはすべての面で納得のいくカメラ」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 7DはAPS-Cでベストのカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る