ニコンAF-S DX NIKKOR 18-200mm VRII は旧型よりも解像力が向上

SLRGearにニコンAF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G VR II のレビューが掲載されています。

Nikon 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED AF-S DX VR II Nikkor (Tested)

  • 広角端では開放からシャープだが四隅は少し甘くなる。絞っても画質の向上はわずか。ズーム中間域(24-70mm)では旧型に比べて大きく向上している。中央はシャープだが、周辺部は特に35mmでは甘くなる
  • 望遠域(135-200mm)は、このレンズの弱点だが、旧型に比べるといくらか改善されている。135mmではシャープなのは中央部の狭い部分だけで、周辺に行くと急激に甘くなる。200mmでも同じ傾向。絞れば改善するが、大きくは改善しない
  • 色収差は旧型と同じ結果で、18mmと200mmでは非常に高い値。この他の焦点距離では、よく補正されている
  • 周辺光量落ちは、18mm開放で3/4EVで旧型と同じ。大きな問題はない。歪曲は、18mmで1.2%の大きなタル型だが、21mm以降では低い値になる
  • 旧型の18-200mm VRと比べると、差は小さく、色収差や周辺光量落ち、歪曲に関しては実質的に同じ性能
  • シグマ18-250mm DC OSと比べると、広角~中間域までは同等の性能だが、80mm以降はシグマは周辺光量落ちと色収差がより大きく、ニコンのほうが優れている
  • タムロンの18-270mm Di II VCと比べると、広角端の開放ではニコンが若干シャープだが、絞ると同等になる。色収差は望遠域を除けばタムロンが小さく、周辺光量落ちもタムロンが優れている。しかし、歪曲はニコンのほうが若干優れる

 

18-200mm VR II はコーティングが変わっただけで、基本的に旧型と光学系は同一だと思っていましたが、解像力が結構改善されているので何か変更点があるんでしょうか。それとも、テストしたレンズの個体差でしょうかね。

ライバルとの比較では、シグマの18-250mmには光学性能で勝っているようですが、タムロンの18-270mmには項目ごとによって勝ったり負けたりで、いい勝負のようです。

 

2009年12月20日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2009年12月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS-1D MarkIV の高感度の画質のレビューが掲載」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF50mm F1.4はよく出来たレンズだが、シグマやツァイスの50mm F1.4には大きく引き離されている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る