リコーの高倍率ズームユニット(28-300mm相当)は裏面照射型センサーを採用?

Photo of the DayにリコーGXRに関するいくつかの興味深い情報が掲載されています。

三条大橋から北を望む

  • 5月ごろには高速CMOSと28-300mm相当の高倍率ズームレンズを組み合わせたユニットが予定されている。このCMOSはたぶん、裏面照射型の例のやつだと思う

京都、祇園、花見小路あたり

  • 50mmのカメラユニット(A12)のセンサーは、定評のあるD300S、K-xと(たぶん)同じもの
  • S10ユニットのセンサーは、GR DIGITAL III やPowerShot G11、S90に使用されているものと同じ"優れもの"センサーで、予想以上の写り
  • (S10ユニットの)レンズはGX200と同じレンズのはずだが、レンズ性能が向上しているようで、S10ユニットのほうがよい写りをする
  • A12ユニットはピント合わせが難しく使いこなすのは相当に難しいが、低い評価をするのは愚の骨頂

早朝の旭川市街を遠望

  • GXRで改良してほしい点は、50mmユニットのAF。AFはとても満足できるものではなかった
  • 他社のレンズが取り付けられるようなマウントカメラユニットは、シャッター機構の組み込みで相当に難しい

 

次に発売される28-300mmのユニットが裏面照射型センサーを採用するかもしれないというのは、楽しみな情報ですね。

センサーがどんどん高性能なものに変わっていくのは、レンズ・センサー一体型システムならではですが、既存のユニットが裏面照射型にリニューアルされたりすると、買い替えが悩みの種になりそうです(^^;

また、読者の方のコメントでも要望が多かった他社のレンズが取り付けられる"マウントユニット"ですが、シャッター機構を組み込みを考えると、かなり難易度は高いみたいですね。

ただ、田中氏も「リコーをおだてたり応援していけば、やってくれるかも」と言っているので、GXRシステムが順調に発展していけば、そのうちなんとかしてくれる可能性はあるかもしれません。

 

2010年1月 3日 | コメント(3)

コメント(3)

シャッター機構があのサイズには……と書いてる方が多いですが、別に胴体部分にスポッと入る必要はないわけで、若干前面に飛び出していいならCCDサイズにも寄るでしょうが可能です。

A12はコツを掴めばかなり使えるレンズです。AFで咄嗟に鳥や猫を追うのはしんどいですが、フルプレススナップもありますし街のスナップをコレ一台で、ってのも全然問題ありません。

P.S.なんか……最近こっちの田中さんの言論はどこかトゲがあって読んでいてイライラすることしばしば。言いたいことは分かるんですが、同じ田中でもチョートクさんの様に年の功を経た文章が書けないものでしょうかね……。

カメラマウントユニット。別にレンズシャッターを入れなくいいと思いますがね。マイクロフォーサーズなんかむき出しですよ。ミラーレスにすれば、多少なりとも、フランジバックはレンズやアダプターで調整すれば可能。ミラーレスで構造の話だと思いますが、もしゴミ対策ならもしローパスの前に一枚ガラスをハメコミば可能じゃないでしょうか。例えば他のマウントでの採用でもミラーレスなら不可能ではないと思います。まずは一眼のライヴビュはミラーアップで成り立っているからじゃない。個人の考えなんでみなさんはどう思いますかな?マウントユニット熱望。
レンズ、カメラが好きならM42みたいに行きましょうよ。グローバルにしないと。独り言です。失礼いたします

キズマさんに同意です。M42のレンズ眠らせてる人多いと思うんですが、それが使える!となれば結構な動きがあると思います。E-P1のように。

となればCマウントと、そんなに画素数無くて良いので手ぶれ補正のはいったマウントユニットがあればもっといいなぁ。

個人的には昔のGRレンズを使ってみたいですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年1月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アクセサリーメーカーのカタログの対応機種にD900が掲載」です。

次のブログ記事は「北米キヤノンのサイトがメンテナンス中。新製品の発表が間近?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る