タムロンAF60mm F2 Di II は非常に高い解像力と良いボケ味を持ったレンズ

PhotozoneにタムロンAF60mm F2 Di II のレビューが掲載されています。

Tamron AF 60mm f/2 Di II LD [IF] SP Macro - Review / Test Report

  • 歪曲は0.6%のわずかなタル型だが、単焦点マクロに期待する値よりは少し大きい
  • 周辺光量落ちは開放では0.7EVではっきりと見えるが、F4より絞れば目立たなくなる
  • 中央部と周辺部は絞り開放から解像力はとても良好(very good)で、F4まで絞れば素晴らしい値(Excellent)になる
  • 四隅の解像力は開放では1段落ちて良い(good)のレベルだが、F4まで絞ればとても良好(vary good)になる。中間以降の絞りでは回折によって解像力が制限されるが、このレンズはF22まで高いレベルのシャープネスを保っている
  • 色収差は単焦点レンズとしては予想よりも大きく、ほとんどの絞り値で1ピクセルを超える
  • ボケは非常にスムーズで柔らかい。背景のハイライト部分は、周辺部の開放では猫の目のような形になるが、F4以上では円形になる
  • 非常に高い解像力と気持ちの良いボケ味を持ったレンズで、問題点は少ないが、AFが少し静かになれば好ましい。価格も手頃で、この焦点距離のマクロレンズを考えているすべての人に推薦できる

 

光学性能の評価は、5点満点で4点と、このクラスのレンズとして非常に高い評価になっています。絞り開放でボケにかなり口径食の影響が出ることが若干気になりますが、総合的には文句のない仕上がりのレンズだと思います。

管理人は、このレンズの購入を考えていたんですが、キヤノンからEF-S 60mm F2.8 ISが出るという噂があるのが悩ましいところです。

2010年1月24日 | コメント(2)

コメント(2)

いつも拝読させていただいております。

最近、どうしてもほしくてこのレンズを買ったのですが
この高評価はうれしいですね~。

ただ、初の手振れ補正なしレンズのため、
ヒット率が気持ち下がったような・・。

EFSの60mmにISついたらほしくなりそうです・・。

同じタムロンの90mmマクロとの比較を期待したのですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2010年1月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが2~3週間のうちに新型デジカメを発表?」です。

次のブログ記事は「ペンタックスが1月26日に新型オプティオを発表?一眼の発表はなし?  [内容更新2]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る