ニコンがミラーレス機を出すとしたら新マウントを採用し、より小型・軽量になる

Nikon Rumorsにニコン取締役のゴトウテツロウ氏へのインタビューの抜粋が掲載されています。

Interview with Tetsuro Goto

  • Focus-Numerique誌に、ニコン取締役のゴトウテツロウ氏へのとても興味深いインタビューが掲載されている
    • 中判カメラについて:我々は中判のニッチ市場の経験が無い。ニコンが中判に参加するのは不可能かもしれない
    • マイクロフォーサーズについて:このタイプのカメラを出すとしたら、我々はマウントを変更する。新マウントは、小型化・軽量化を目的として用いられるだろう
    • 大型センサーのコンパクトカメラについて:検討中だ。近日中にお知らせできるだろう
    • EVFについて:近い将来、EVFも使う可能性があるだろう。しかし、現在のEVFのクオリティでは、まだ早い
    • SWM(超音波モーター)について:我々は将来のために(SWMの)新しいシステムを研究中だ
    • ニコノスについて:個人的に、ニコノスは将来よみがえると思う

 

ニコンのマイクロフォサーズ対抗機については最近あちこちで噂になっていますが、ここでも幹部が思わせぶりな発言をしているので、期待出来そうな雰囲気のように感じます。

また、以前、かなり噂になっていたニコンの中判カメラ(当時はMXと呼ばれていましたが)については、この記事では完全否定となっていますね。MXがネタだったとしたらとても残念です。

2010年1月22日 | コメント(5)

コメント(5)

もしやSマウント!?そしてS2ルック!?
新マウント、そして新カメラ楽しみです。

短いフランジバックを活かしてFマウントやM42マウントなどのレンズを付けられるアバプターをニコンブランドで安価で出してくれると非常に魅力的ですね。

>大型センサーのコンパクトカメラについて:検討中だ。近日中にお知らせできるだろう

発表楽しみに待ってます!

裏読みすると、もっと高性能EVFが低コストで調達できるようになったら独自マウントの小型レンズ交換式システムも出すよということなんでしょうかね?

個人的にはニコノス復活は水中写真を囓った者にとっては嬉しいですね。 フィルム時代はかなり大型なハウジングでしたけどデジタルならもう少し小型化出来そうです。

ニコノスって他社より本格的な防水コンデジになるだけなんじゃ?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年1月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがコンパクトとAPS-Cで自社製センサー採用を計画中?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが2~3週間のうちに新型デジカメを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る