EF-S 15-85mm F3.5-5.6 ISはキヤノンで最もよいレンズの一つ

CAMERA LABSにキヤノンEF-S 15-85mm F3.5-5.6 ISと他のEF-Sレンズとの比較レビューが掲載されています。

lens review>10th February 2010: Canon EF-S 15-85mm IS USM

  • EF-S 17-85mm ISと比べると15-85mmのほうが光学性能は優れていて、広角側も広いが、出費を抑えたい場合は17-85mmもまだ考慮の余地があるかもしれない
  • EF-S 18-135mm ISと比べると、光学性能は15-85mmが余裕で超えていて、特に18-135mmは開放付近の画質が苦しい
  • EF-S 17-55mm ISとの比較では、光学性能は17-55mmも非常に優秀だが、重さやズーム域の狭さ、価格の高さなどで、普通のユーザーにはEF-S 15-85mm ISのほうが道理に適った選択だろう。ポートレートやウェディングなどの暗所の撮影では17-55mmを推薦する
  • EF-S 15-85mm ISは間違いなくキヤノンで最高の多目的な万能レンズだ。このレンズは、魅力的なズーム域をしっかりした光学性能で実現している。ただし、完璧ではなく開放付近での周辺光量落ちが非常に大きいという問題がある。また、手ブレ補正は我々のテストでは控えめな効果だった
  • EF-S 15-85mm ISは旧型のEF17-85mm ISを楽々と超える性能で、キットズームからのアップグレード用として、そして50Dや7Dなどの上位クラスのボディとの組み合わせるのにパーフェクトなレンズ。15-85mm ISはキヤノンで最もよいレンズの一つで、大いに推薦

 

サンプルを見ると、17-85mm ISや18-135mm ISよりも相当にシャープで、光学性能は一回りも二回りも上回っているという印象です。ただ、Photozoneなどのレビューでも指摘されていたように、ここでも周辺光量落ちが非常に大きいことがウィークポイントとして指摘されています。

それから、ここではISの効果が弱いというテスト結果が出ていますが、LensTipのテストでは手ブレ補正はかなり強力(実測で3.5段分)という結果が出ていたので、レンズの個体差の可能性もあるかもしれませんね。

総合的にはかなり優秀なレンズのようですが、鏡筒の作りと価格はもう少しがんばって欲しかったように思います。

2010年2月12日 | コメント(2)

コメント(2)

このレンズは持っていませんので、なんとも言えませんが
EF-Sレンズの標準ズームの選択域が多いのはキャノンの
強みのひとつなのでしょうね。
15mmスタートとか良くがんばったと思います。
確かにちょっと値段は高いですけどね。

 これまでのキット・レンズと比較して評価良好の様ですが、このレンズが出てからある程度の時間が経過している割にはコメント少ないですね。ブライダルや祝賀会スナップ、スポーツ関係の集合写真撮影などの為の使用を考えているのですが、7DでこのEF-S15-85mmをご使用の方の感想(特に発色と色収差に関して)を所望しております。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年2月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックGH1後継機(GH2?)の登場は秋のフォトキナになる?」です。

次のブログ記事は「パナソニックがDMC-LC2(LC1後継機?)に関する特許を取得?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る