シグマが海外でSD15を発表

シグマが海外でFoveon X3を採用したデジタル一眼レフ「SD15」を発表しました。

Sigma re-introduces SD15 digital SLR (dpreview)

  • 2008年のフォトキナでの最初のお披露目から1年以上が経過しているが、シグマはSD15を再度アナウンスした。SD15はSD14の後継機
  • 1400万画素(4.69MP×3) Foveon X3イメージセンサー
  • True II 画像処理エンジンは処理速度と画質を改善
  • ISO100-1600(拡張で50-3200)
  • SD/SDHCカード対応し、DPシリーズと併用するユーザーの利便性を向上
  • 連写は3コマ/秒。SD14の2倍のバッファーメモリーを搭載し、RAWで21コマの連写が可能
  • 77分割AEセンサーを採用し、露出の正確性を向上
  • AFは5点
  • 液晶モニタは3.0インチ46万ドットで、構図やピントのチェックを容易にする
  • ユーザーインターフェースが改良され、より高速でより使い勝手が向上している
  • 現像ソフトにSIGMA Photo Pro 4.0を同梱。新型ノイズリダクションアルゴリズムを採用し、ISO400以上の色ノイズ、輝度ノイズを減少させる

 

dpreviewのタイトルにはre-intoroduces(再度紹介)とありますが、本文中にannounce(発表)とあるので、SD15正式発表ということでいいんでしょうかね(^^;

スペック的には、画像処理エンジンがTrue II に変更されたことと液晶モニタが46万ドットなったことと、バッファーが強化されたことが最大の変更点のようです。

センサーやAFユニット、連写性能などは変更されていないようなので、比較的地味なモデルチェンジという印象ですが、連写やAFの追従性を追求するような機種でもないと思うので、画質がどれだけ磨きあげられているかに期待したいところですね。

2010年2月21日 | コメント(1)

コメント(1)

印象としては散々待たされの発表?となった感じですね。
日本発売は桜の季節直前といった感じでしょうか。

スペックは事前の予想の範疇ともいえるけど
実動の性能は如何ほどのものかが注目されるところですね☆

これ、導入してしまうかも♪


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年2月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマが海外でDP1xとDP2sを発表」です。

次のブログ記事は「ソニーα700後継機はこれまでで最高のAPS-C機になる?[内容更新3]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る