ソニーNEX-5のサンプル(再撮影版)が多数掲載 [内容更新]

Optyczne.pl (LensTip.comのオリジナルです)にソニーNEX-5で新たに撮影し直したサンプル画像が多数掲載されています。

Sony NEX-5 - kolejne zdjęcia przykładowe 

 (※サンプル画像はリンク先を参照してください)

  • NEX-5と18-55mmによる新たなサンプル画像を見て欲しい。NEX-5による最初のサンプル(※LensTip.comに掲載された最初のサンプルのことです)は、多くの議論を引き起こしたが、このサンプルは次のような要因で少々特異なものになってしまった
  • まず、とても時間がなく、撮影するのに40分しか時間が取れなかった。次に、いつものようにシャープネスを最低に下げていたが、この設定だとソニーのカメラではシャープネスの処理が完全にOFFになってしまっていた。それから、レンズが最終的な製品版でなくプリプロダクションモデルだった。最後に天候がとても曇っていて霧がかかっていた

 

Optyczne.pl (LensTip.com)のNEX-5のサンプルは以前当サイトでも紹介しましたが、確かに冴えない印象のものが多かったように記憶しています。その理由(言い訳?)がこれだけ書いてあるところを見ると、Optyczne.pl のほうに相当のクレーム(?)が寄せられたのかもしれませんね。

撮影し直された新しいサンプルですが、前回のものよりはまともになっていると思いますが、他のサイトのサンプルに比べると少しソフトな描写のような気もします。

あと、16mm F2.8のサンプルが無くなっているのが気になりますね(製品版が入手できなかったためかもしれませんが・・・)。

[追記] 吉森信哉氏のサイト「わしぁカメラが好きなんじゃ!!」にNEX-3のサンプルが掲載されています。こちらも参照してみてください。

オリジナルデータでわかる、APS-C"新コンセプト一眼"驚異の高感度性能!?『ソニー NEX-3』
2010年5月22日 | コメント(11)

コメント(11)

・・・なんだかあまり前のサンプルと写りの印象が変わらないんですがw

見違えるほど良くはなっていないような印象ですね。
それに、今回の作例も曇り空だしw

EOS 7Dの時と同じように、発売前にこんな作例ばかり載せてると
どんどんマイナスイメージになってしまう。
正式な製品版の作例を観てから判断した方が良いかな。

何かコンデジっぽい感じの写りに見えますが大丈夫でしょうか?詰まり解像度は高いですがラチュードが低い薄っぺらな感じ、、、
素人考えですが裏面照射センサーって高感度なので「暗部のノイズは軽減されるけれども明るい光には直ぐに飽和する」なんてこと無いでしょうね?

Exifが残ってましたので確認したら、前のサンプルも今度のサンプルも同じ日に撮影されて、シャープネスも同じくSoftで撮られてます。ボディーもレンズも同じだろうし、40分しか時間がなかったって書いてますが、同じ日の昼から夕方にかけて撮影された写真のようです。今度のサンプルはPhotoshopで何か手を加えたような感じがするんですが・・・いずれにしても信用できませんね。

 ISO3200であれだけの低ノイズ、余は満足じゃ♪

 でも不評なのも分かりますが、多くの不評はソフトのアップデートで解決する問題でしょうか、それとも良いレンズに変えないと解決しない問題なのでしょうか?

 アダプターでツァイスのレンズ使っても、この結果だったら……。

こんにちは。
記事とは直接関係ないのですが、プレシジョンデジタルズーム(1.1~10倍)で撮った写真がどの程度のものか気になります。プレシジョンデジタルズームは単焦点レンズのみに対応しているとのことですが、ワイコンなどのコンバーターを装着している時も使用可と考えて良いのでしょうか?

あと、GF1だとバルブが4分くらいしかないのですが、NEXだと何分くらい使用できるのか気になります。

高感度の画質を上げる為、シャープネスが控えめになっている模様ですね。
ペンタユーザーの私としては、好感の持てる画質です。
素材重視といった画質でしょうか。
基本で露出オーバー気味に見えますので、露出-1で空の青がどう写るかに興味があります。
ヌケが悪く見えるのはレンズ性能ですかね。

feizyoaさん

NEX-5は、裏面照射ではありませんよ。
また、ラチュードではなく、ラチチュードですね。
デジタルの場合、ダイナミックレンジの方が良いかと。

まあ、製品版が出て、みなさんの作例を参考にした方が無難かと思います。

 そうですね。
 発売されてしまえば、αの高性能レンズとか付けた作例が見れるでしょうから、その後で判断した方が良さそうですね。
 キットに含まれるレンズなので、価格から想像しても驚異的に良いレンズが出てくると言う事もないだろうとは思いますが、今見れるサンプルだと、レンズが足を引っ張っている印象です。

フィッシュアイとかワイドコンバータを
装着できる設計にしたから、
単体だと光学的にこれ以上作りこめないんじゃないの。

 うーん。
 キットレンズは、「とりあえず」な仕様なんで、画質にこだわりたい人は、別売りの高画質レンズをどうぞ。
 てのは、αEマウントのデビュー機としては、あって欲しくない事だと思います。せめて、ボディとのバランスの取れたレンズをキットにするべきだと思います。
 二世代とか後の機種で「ボディの進化について行けません」と言うのなら、理解できますが。
 カメラは、ボディとレンズがセットで機能する道具なのですから、その片方をおろそかにしてはいけないと思います。
 M4/3に対して戦略的な価格や大きさにするために、レンズで無理してますって言うのでは、せっかくAPSサイズの素子を積んで「高画質」をウリにしようと言うのに本末転倒になってしまうと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年5月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コンタックスの謎のデジタルレンジファインダー機の写真が掲載」です。

次のブログ記事は「ニコンD700がドイツの販売店で「まもなく新型に置き換えられる製品」のリストに掲載?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る