SAMYANG 85mm F1.4はポートレートには十分な性能

SAMYANGの交換レンズが国内でも取り扱われるようになったようなので、PhotozoneのSAMYANG 85mm F1.4のフルサイズ機(EOS 5D Mark II)でのレビューを取り上げてみました。

Samyang 85mm f/1.4 Aspherical (full format) - Review / Test Report

  • Samyangというメーカーを聞いたことがないかもしれないが、これは韓国のメーカーでローエンドマーケットのための多くの種類の安価なレンズを製造している。この85mm F1.4は200~300ユーロで販売されている。AFも電子接点もないので、ピントも絞りもすべてマニュアルとなる
  • 金属とプラスチックによる鏡筒の作りは、驚いたことにほとんど最高レベルだ。ピントリングはスムーズで、絞りリングは1/2EV間隔で独特のクリックがある。レンズはインナーフォーカスで、全長は変化せず、前玉も回転しない
  • 歪曲は0.4%のわずかなタル型で、実写では無視してよい値
  • 周辺光量落ちは、F1.4で1.8EVでかなり大きいが、同クラスのレンズと比較すると非常によく抑えられている。周辺光量落ちはF2はまだ目立つが、F2.8以上に絞ると解消する
  • 中央の解像力は開放からとても良い(very good)が周辺部の四隅は若干甘い。F2.8まで絞ると解像力が一気に上がり、F5.6では中央は最高レベル(excellent)、周辺部と四隅はとても良い(very good)に到達する。このレンズは、解像力テストではしっかりとした性能を見せている
  • 倍率色収差は0.6ピクセル前後で、実写では問題ない。ボケの色ズレとなる軸上色収差は、F1.4からF2.8までははっきりと見えるが、F4以上に絞ると次第に解消する
  • ボケ味はとても良好で、ハイライトの形はF1.4とF2では完璧だ。円形絞りではないのでF2.8以上に絞ると絞り羽根の形が見える
  • 解像力は開放ではそれほど高くないが、このレンズの主目的となるポートレートには十分の性能。F4まで絞れば立派な解像力になり、ボケ味も色ズレは目立つものの素晴らしい。低価格にかかわらず、鏡筒のクオリティは極めて高い。最高にシャープなレンズではないかもしれないが、良好な性能だ。欠点は電子接点がなくすべてマニュアル操作になること

 

低価格なレンズですが解像力は意外に良好で、周辺部の解像力はEF85mm F1.2L IIを上回っています。ボケ味もスムーズで、光学性能は予想以上に優秀という印象です。鏡筒の作りで"ほとんど最高レベル"という評価を得ているのも価格を考えるとすごいですね。

国内では3万円を切る価格(フジヤカメラで29,800円)で販売されているようなので、コストパフォーマンスはかなり高いのではないでしょうか。

2010年5月26日 | コメント(7)

コメント(7)

単焦点で2.8まで絞ってもエクセレントにならないって、
どう考えてもソフトフォーカスレンズヽ( ´¬`)ノ
海外ではポートレートにUSM、2ピクセルくらい掛ける、
線の太い表現なので、これくらいで良いのかもしれませんが、
日本流にアイメイクのラメまでキリリと開放近くで撮るには、
力不足のように思います。価格相応では?

作りの良さという部分が良いですが、光学性能とコストパフォーマンスという面では、若干中途半端ですかね…
EF50 1.8のようなコストパフォーマンスに特化したレンズなら熱いのですが。

過去に某氏(85mmF1.4といえばこの人)のHP上でこのレンズの話題が載っていましたね。
どうやら当時某氏のいたメーカーの有名レンズを元にしているようだが・・・と。
某氏は「samyang(三洋)とは知り合いだから、日本に入ってきたら調査する」ようなことも書いてありましたが、結局彼は某社を去ってしまったため真相は分かりません。

これペンタックスFAのコピー?じゃないかなとの噂がありましたよね?

CP+で触ってきました。レヴュー通り非常に質感の高いレンズでした。EF85mm F1.8などのプラスチッキーな感触と比べると雲泥の差ですね。ピントリングの滑らかさはMFレンズだけの事はあります。 ただこの自己主張しすぎな金プレートはどうでしょうかね(笑)

ペンタマウントを入手しました。
室内での試写くらいですので、細かなチェックはできていませんが、印象としては「いいレンズ」です。

ピントリング(ヘリコイド)の動きは「素晴らしい」とはいえませんが、いいトルク感です。
個体差でしょうが、若干、レンズ群の動きを感じます。

いろいろ報告されているように、シリアルナンバーは見当たらないようです。

同封の説明書によると、ペンタ用だけは絞り優先で撮影でき、その他のニコン・キャノン・ソニー・フォーサーズ用ではマニュアル撮影しかできないとありましたよ。

一時期、キタムラに並んだやつですね。

レンズ構成はFA☆そっくりでしたから同社が特許登録している国では問題になるでしょうが、結局、HOYA系列のケンコー扱いですから問題はなくなったのでしょう。
たとえ、DA☆で85ミリを出すにしても、あの設計を踏襲することはないのかな?ちょっと、さびしいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2010年5月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーNEX-5は起動時間とメニューの操作性がウィークポイント」です。

次のブログ記事は「ソニーがNEX用の30mm F1.8とEVFを準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る