タムロンがマイクロフォーサーズ用のレンズを開発するかもしれない?

43rumorsにタムロンのマイクロフォーサーズ用のレンズを開発するのではないかという噂が掲載されています。

(FT3) Tamron to make m4/3 lenses?

  • DSLRphotoがfacebookに「タムロンが近日中にマイクロフォーサーズ用のレンズを作るかもしれない」という記事を投稿している
  • この噂で唯一問題だと思うのは、ソニーがタムロンの大株主であるということで、私には彼らが本当にマイクロフォーサーズシステムを作りたいのかどうかはわからない

 

ソニーと関係が深いタムロンがマイクロフォーサーズ用のレンズを開発するというのは確かに少々奇妙な話のように思えますが、タムロンは現在でもソニーのライバルメーカー用のレンズを揃えているわけなので、商売として成り立つならマイクロフォーサーズ用のレンズを開発するというのもそれほどおかしな話ではないのかもしれません。

もしタムロンがマイクロフォーサーズ用レンズを発売するとしたら、既存のレンズの光学系を流用したものだけでなく、ショートフランジバックを生かした小型・軽量の専用レンズもぜひ開発して欲しいところです。

2010年6月16日 | コメント(10)

コメント(10)

ソニーがタムロンの大株主だからこそマイクロフォーサーズ用のレンズを開発するかもしれませんね。リスク分散のためでしょう。タムロンがEマウントレンズを作れば共倒れの可能性があるわけですから。

 個人的には、EマウントとM4/3マウントで、使い回しレンズが可能なのか興味があります。
 可能ならば、レンズ中心部の美味しい所を楽しめるのでは?と少し期待します。

大口径ズームを作って欲しいです。
14-50mm F2.8、手ぶれ補正付き。

そういえば、精機光学初期のカンノンカメラにはニッコールが、ウル・ライカにはキノ・テッサーが付いていましたね。頭を柔らかくして、ぜひ出してほしいです。

大口径ズーム大賛成。
でもテレ側50mmは欲張りすぎじゃないですか。
13-35くらいでいいからコンパクトなのが欲しいです。

Eマウントと同じ光学系となると広角側の焦点距離が中途半端になりそうですね。

既に書かれてあるように
商売として利益を望めるなら大いにアリでしょ。

ただ、Eマウントとm4/3マウントでレンズの使い回し、
共用は無理じゃないけど厳しいんじゃないかな。
センサーの性能を引き出すレンズにする為にも
共用というのは論外でしょ。

 あくまでEマウントはじめ他マウント用に企画したレンズの、「おまけ」で始まるのか、最初からM4/3用かと言う所が焦点でしょうか...。
 まあ、ボディとのバランスも無視はできないでしょうから、ミラーレス専用にはなりそうかな。

 レンズ沼にはまりたくはありませんが、レンズに餓えるのも困りものです。
 なんにせよ、こういう噂がたつ程度にはM4/3が認知されているのだと、素直に喜んでおきます。

タムロンがEマウント参入という噂があがってますね。

もしEマウントと共用で18mm始まりのズームとかだと
MZD9-18と繋がるので、それはそれでありかも。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年6月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS-1Ds Mark IVにはローパスフィルター&センサークリーニング機構が搭載されない?」です。

次のブログ記事は「ニコンD3000のディスコンはD4000登場の前触れ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る