ソニー 35mm F1.4Gは価格を考えると推薦できないレンズ

SLR Gearに、ソニー35mm F1.4Gのレビューが掲載されています。

Sony 35mm f/1.4 G SAL-35F14G (Tested)

  • 我々は二つのレンズをテストした。最初のレンズは、レンズの価格を考えると開放で非常に甘く許容範囲外だったが、二番目のレンズをテストしても同一の結果だったので、これがこのレンズの本来の性能だと納得した
  • 開放ではAPS-Cでも非常に甘く、画面の大部分で4-5 blur unit(※像の不鮮明さを表す数値で小さいほど優秀。1だとカリカリにシャープ、2だと若干甘い)、四隅では6 blur unitに達する。フルサイズでは、周辺部は更に甘くなり、画面上側で6-7blur unit、画面下側では11-12 blur unitに達する
  • APS-CではF2まで絞ると、中央部は改善するが四隅はわずかしか改善しない。F2.8では更によくなるが、F4まで絞らないと1300ドルの価値がある画質(中央は1.5 blur unit、周辺は2-2.5 blur unit)にはならない。F5.6では周辺部は2blur unitを下回るが中央はこれ以上改善しない
  • フルサイズでも絞ると同じように改善するが、周辺部の性能はさらに衝撃的だ。F2では中央は同じように改善する(~2blur unit)が、周辺部は上側は~7blur unit、下側は8-9blur unit前後。F2.8では中央は1.5blur unit、周辺部は3blur unitまで改善する。しかし、F8まで絞らないと最高の性能に到達しない
  • 倍率色収差は、あまりよくはなく、残念ながら多くの人が使いたがる開放で最も大きくなる。F4まで絞ると改善し、最新のレンズと比較できる性能になる
  • 周辺光量落ちはAPS-Cでは問題ないが、フルサイズでは開放で1.25EVで顕著。F4まで絞れば解消する。歪曲はAPS-Cで0.25%、フルサイズで0.4%の軽いタル型。AFはボディ駆動だが、かなり速い
  • シグマの30mm F1.4と比較すると、シグマは開放付近のシャープネスで大きく優っていて、色収差も良好。そして価格は大幅に安い。ソニーのT* 24-70mm F2.8と比較すると、24-70mm F2.8のほうが35mm F1.4GをF2.8まで絞ったときよりも明らかにシャープ
  • このレンズに興味を持っている多くの人は、開放での性能が気になっていると思うが、この点において我々は、1300ドルのレンズとしては、このレンズを推薦するのは困難だ。解像力は極めて低く、色収差は非常に大きい。フルサイズでは周辺光量落ちも極めて大きい。残念なことにこのクラスの代替レンズもないので、どうしても欲しい人以外はリニューアルを待ったほうがいいだろう。このレンズは少々古くなっているようだ

 

このレンズは以前LensTipのレビューでもかなり辛口の評価になっていましたが、ここでも同様に厳しい評価になっています。銀塩時代は評価の高いレンズでしたが、さすがに設計が古くなっているのは否めないようです。ただ、レンズの魅力は解像力だけではないので、"味"を求めるユーザーには、まだまだ魅力のあるレンズかもしれませんね。

2010年7月24日 | コメント(3)

コメント(3)

このレンズ常用レンズとして愛用してますが、確かにくせが強く使いこなすのには難しいレンズだと思います。
解放での色収差、解像感の甘さはかなりなんですが、なんともいえない味があるんですよねぇ。
なんて言ったらいいかわからないですが、ちょっと変ってるけど、使うほどに味が出てくるレンズではあります。
ただ、解放での画質がもっと良かったらと思ってしまうことは正直ありますがw

 おやおや、Gの称号を与えるにあたわずでしょうか。

 話の腰を折るかもしれませんが、平面を撮影してのテストって、実用を考えると意味が薄いと言う人もいますね。確かに完全な平面を写真に撮ることなんて、ほとんどないですから、ピントから外れた部分の撮れ具合も大切だ、と言うのも納得出来ます。


 購入予定の人は、ツァイスの24mm F2の登場を待ってからにした方がいいかもね~。

愛用してますが
解放での撮影はキツイですね

確かに価格に見合う性能は無いでしょう。
重いしw
でも、写りに味があるレンズで
持ち歩いてしまうんですよね・・

シグマはボケの感じが好きになれなくて・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2010年7月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Thom Hogan氏がニコンの新製品発表は8月17日と予想」です。

次のブログ記事は「ソニーα550が公式にディスコン、後継機は8月の遅い時期に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る