ソニー70-300mm F4.5-5.6G SSMは300mmでの解像力が少々期待はずれ

ePHOTOzineにソニー70-300mm F4.5-5.6G SSMのレビューが掲載されています。

Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM Interchangeable Lens Review

  • 鏡筒の作りは、このタイプのレンズとしては実に素晴らしい。AFは非常に速く、応答性にすぐれている
  • 解像力は70mmではとても優秀で、絞り開放から画面全域で良好な解像力。135mmでは、周辺部の解像力が落ちるが絞り開放でも許容範囲で、F11まで絞ればとても良い解像力になる。300mmでは少々期待はずれの結果で、開放ではシャープとは言えない。絞ると改善しF8では中央部は許容範囲内になるが、周辺部はまだ苦しい
  • 色収差はズーム全域で良好に補正されていて、最も大きくなる条件である300mmでも0.5ピクセルを超える程度
  • 周辺光量落ちは、70mm開放では0.924EV、300mm開放では0.89EV。ズーム全域で均一な値で、良好に補正されている
  • 歪曲は70mmでは0.462%、300mmでは0.758%の糸巻き型で大きくはない。歪曲の形はズーム全域で整っているので、後処理で補正するのは容易
  • 逆光耐性は良好で、強い光源が画面内に入る極端な条件で若干のコントラスト低下やフレアがでる程度。深い切り欠きフードは、とても効果的
  • このレンズに関しては複雑な意見を持たざるを得ない。作りは最高で、AFは速く、周辺光量落ち、歪曲、フレア耐性も見事だ。画質は広角側では非常によいが、300mmでは絞らないとよい結果を得られない。これは高い価格設定を考慮すると残念だ。300mmでの性能向上を期待したい

 

70-300mmクラスのズームでは、たいてい望遠端で解像力がかなり落ち込むので、このレンズの300mmが他と比べて特別に悪いというわけではないと思います。

ただ、ソニーの70-300mmはGレンズですし、他社よりもかなり高い価格設定になっているので、望遠端での解像力はもう少しがんばって欲しいところかもしれませんね。

2010年7月 2日 | コメント(7)

コメント(7)

最近ソニーには、ハイアマ~プロにとって寂しいニュースが多いような・・・

このレンズ、A900発売日にA900と一緒に買いました。
概ねePHOTOzineのレビューに賛同できますが、300ミリ時の画像の甘さはそれほど感じていませんでした。コントラストがあるからかもしれません。
歪みはDxOというソフトウエアで見事解決です。DxOはこのレンズの弱点克服で知ることとなりましたが、純正の50ミリなどでも驚くほど効果があります。

 このレンズは買わない、と言うか買えないからいいですが、もう一頑張りしてもらわないと、αがしぼんでしまうかも。

 個人的にはこの大きさくらいで、200-600mmくらいのレンズを作ってもらいたいです。

日本のネット住人たちのレビューでは、値段にふさわしい、そして「G」の名に恥じない性能というのが多いのですが、どうなんでしょうね?

 ユーザーさんやαファンによる評価の書き込みは、若干甘めになりがちでしょうね。

 複数のメーカーのレビューを載せている、中立そうな雑誌なりHPなりの方が説得力がある気がします。

はっきり言ってしまうと、Gレンズのクオリティが下がったため、ミノルタ時代にはGレンズに成りえなかったものも、Gレンズを名乗るようになったのではないだろうか?このレンズもミノルタ時代であればGレンズは名乗れなかったはず。

私の70-300mm F4.5-5.6Gは300mm開放も極めてシャープです。
買った時にはピントが甘かったので調整してもらってからは全域で開放から極めてシャープで同じ絞りならお気に入りの AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8GやNikkor ED 80-200mm F2.8Dと変わらないくらい全域でよく写ります。
比較的安価なのにこれほどの描写は今でも感動もんです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2010年7月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックのフォーサーズコンパクトには24mmスタートの3倍ズームが搭載される?」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 60DにはWiFiとGPSが搭載される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る