パナソニックが7月末にLX3後継機&新型コンパクト&"サプライズカメラ"を発表?

43rumorsに、パナソニックの新型デジタルカメラの発表に関する噂が掲載されています。

(FT5) Panasonic LX5 + more compact cameras + surprise camera by end of July.

  • パナソニックの製品の発表が近付いている。我々の情報源によると、7月の終わりに複数のカメラが発表されるということだ(すべてのカメラが同じ日に発表されるとは限らない)
  • 今回は、新型のマイクロフォーサーズ機は発表されない。マイクロフォーサーズ機の発表は9月まで待たなければならないだろう
  • パナソニックの新しいLX5(このカメラは、LX3と同じサイズのセンサーを採用しているが、いくつかの新機能を搭載している)、新型コンパクトカメラ、そして一つのサプライズ(サプライズカメラ)がある。来週には詳細な情報とスペックをお伝えしたいと思っている

 

この噂もFT5(=ほぼ確実)の信憑性なので、7月の終わりにパナソニックからいくつかの新製品が発表されるのはほぼ間違いなさそうです。

発表が予想されているのは、LX5(この記事では、昨日の記事とは逆に、スモールセンサーのLX3後継機を"LX5"と呼んでいます)と、新型コンパクトカメラ、そしてもう一つのサプライズとなっていますが、最後のサプライズが何なのか気になるところです。フォーサーズコンパクトのことでしょうか?

それから、新型マイクロフォーサーズ(GH1後継機?)は、どうやらフォトキナで登場することになりそうですね。

2010年7月11日 | コメント(10)

コメント(10)

新型コンパクトカメラ、一つのサプライズのどれかは
FZ38の後継機種だと思ってます。
LiveCOMS+可動式液晶+ハイブリッド手振れ補正!!
(EVFも見やすくなって欲しい)だったら買います。

サプライズカメラが嬉しいサプライズであることを願います。
期待してますよ♪

LX5、FZ38後継機、フォーサーズコンパクトの3機種ではないでしょうかね。
LX5は動画搭載、FZ38後継機は新型とあるので30倍ズーム機ではないでしょうか。
一気に3機種のハイエンドコンパクトで市場をリードする考えだと思います。

申し訳ないとは思いますが、ここまで予想されてるようなモノでサプライズ扱いというのはイマイチ解せない気がします。

LX3の後継機は楽しみにしていますが、サプライズはユニット交換式だったらかなりのサプライズかもしれないですね。

今までの情報からサプライズ機はフォーサーズコンパクトが順等な予想かもしれませんね。

サプライズはソニーのNEXみたいに、かなり小さい一眼じゃないかと予想します。

ともあれ、一番期待しているLX5の新機構が気になります。

LX3後継機(LX5)のセンサーが気になりますね。「新機能」はCMOSを採用しての高速連射・FHD動画・3D対応あたりが無難でしょうが、となると高感度はともかく常用感度での画質はライバルの高感度CCD機たちに負けるかもしれません。

新型コンパクトは時期的に8月頃のモデルチェンジを繰り返しているFZ-x8シリーズの新型(FZ-48?)で間違いないでしょう。

一体型4/3は今さら「サプライズ」ではないし、客層が被るLX5と重なる時期には出してこないと思います。出るとしたらGH2とあわせて年末くらいでしょうか。
TV連動の単眼3D機なんかもソニーが先に出していますね。
個人的にはGRDのライバルになる高画質単焦点コンパクトが出て欲しいですね。35mmF2ズミクロン、気軽にポケットに入れられる薄さ、内蔵型のファインダー(のぞき窓)、あとはLXシリーズの美点であるアスペクト切り替えスイッチとジョイスティックが採用されれば言うことなしです。

フォーサーズ撮像素子の噂が飛び交いましたが、皆さんの「LX3の後継機ではない」とのご指摘を参考に、この時期にLX3を新品で購入しました。
以前使っていたCoolpix P5100と比べると、画質に大満足です!
新型も気になりますが、当分はこれでいいかと。処分価格で買えたのも大きいですね。
LX5には、画質面でも大きな期待がかかりますが、果たして!!

固定レンズのフォーサーズコンパクトの噂は?
サプライズは、GF1後継機? しかも9月?
FZ38後継機については噂がありませんね。
http://43rumors.com/

LX3の後継機、9月20日発売が決定しているそうです(昨日某量販店で確認)。
店員さん曰く、業界をあっといわせるようなサプライズ機能を搭載しているとのこと。

楽しみです!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2010年7月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが高感度に極めて強いDX機を開発中?」です。

次のブログ記事は「トキナーAT-X 124 PRO DX II (12-24mm F4)は素晴らしい解像力だが色収差がウィークポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る