レンズ交換式デジタルカメラの販売量に占めるミラーレス機の割合は7月末の時点で35%

毎日jpに、ミラーレス機の売れ行きに関する記事が掲載されています。

・デジタルカメラ:ミラーレス好調 小型軽量で高画質 ※元記事は削除されています。

  • デジタル一眼レフ並みの高画質ながら、小型軽量のミラーレス一眼カメラが人気。各社の主導権争いが激化
  • オリンパスは6月までの1年間に(ミラーレス機を)30万台以上を出荷。6月の家電量販店のレンズ交換式デジタルカメラの販売台数ではNEX-5が1位(GfKジャパン調べ)
  • 販売台数に占めるミラーレス一眼の割合は09年7月時点で18%、ソニーが新商品を発売した後の7月末時点で35%(BCN調べ)と順調にシェアを伸ばしている
  • ミラーレス一眼は一眼レフの売れ筋低価格モデルのシェアを奪いつつある

 

リンク先にあるグラフからは、NEXの発売を境にしてミラーレス機の販売が急激に伸びている様子が見て取れます。NEXは相当売れたようですね。

ミラーレス機への参入が噂されているニコンやペンタックスが新製品を投入した後で、どのように勢力地図が変化するのかに注目したいところです。それから、ミラーレス機に関しては一番不透明な(?)キヤノンの出方も気になりますね。

2010年8月22日 | コメント(14)

コメント(14)

BCNではヨドバシやカメラのキタムラ
http://bcnranking.jp/info/index.html?ref=products
は対象に入ってないんですね。カメラではこの2店を無視はできないと思いますが、あくまで国内ではミラーレス機は売れてるとは思いますがどこまで現実を反映しているかは難しいですね。オリンパスPENは中古がかなり出回っていて手放した人も多いらしく在庫も抱えているようですし。

レンズが揃ってもいないのにNEX恐るべしですね。
ニコキヤノも黙っていれば削られる、似たようなもの出せば自分のとこの売れ筋従来品に影響が出てしまうで頭の痛いところではないでしょうか。

ミラーレス一眼と言いますが、今のNEXの場合は一般的なコンデジより描写が良く自由度の高いコンパクトカメラのハイエンドとして売れているのでしょうね。
新規ユーザーの開拓と言うより、写真への関心が高いコンデジの既存ユーザーに提供された新たな選択肢。
この層は利益率が比較的高い単体レンズをどれだけ買ってくれるでしょうか・・・
主導権を握るのは所謂、家電メーカーか、既存のカメラメーカーか・・・
キヤノンは立ち位置的には面白いところに居ると思います。
いずれにせよ一眼レフ主体で撮影をされているユーザーがメインで使おうと思うレベルに達するにはもう少し時間が掛かりそうですね。

たしかにレンズ交換式ミラーレスに関しては、周囲の購入者の言動を見ていると、単にハイエンドコンデジとして購入されているような気がしますね。単焦点レンズは単に「ズームできないしょぼいレンズ」と認識されているようですし。

きっと今は「いい画質で撮れますよ」という売り文句で、コンパクトから買い替えている方も多いでしょうから、更に単焦点を買ったり、システムを揃えていくユーザーがどれくらいいるのかも気になります。

ヨドバシ・キタムラもですけど・・・ヤマダのデータが無いので、+-どちらに転ぶかは、其の都度違うのではないかと思って、いつも見ています。
簡単に5~10%は数字が狂いそうな気がします。

デジタル一眼レフの方は目新しい物が無かったのでこれから先魅力の有りそうな一眼レフの新作ラッシュが有りますからね。
今後デジタル一眼レフの方は盛り返すと思っています。


ミラーレスはステップアップとサブ機需要に支えられているわけで一眼とはおのずと潜在市場規模が違うでしょうから、大きく言えばこの傾向は続くでしょうね。グローバルシャッター、コントラストAF、EVFの成熟すると更にミラーレスが伸びるでしょう。

初めて一眼を購入する人が特別に考えたりしなくとも「入門機」は、女性ユーザーとライトユーザーは「ミラーレス機」になるでしょうね。
現行の一眼レフ機は、その重量とサイズも含めて、将来はマニア向けになって極端な話「フルサイズ機」しか残れない.....なんて事に。

ローエンド一眼レフの市場を食うかどうかは、実際、ミラーレス機を買って子供のイベントを撮った結果がどう他人に伝わるかで変わるような・・・
最後に落ち着くのは、プロやハイアマのサブ機という位置だと、私は、思っているのですが、とりあえず一回りは大売れなのかなぁ・・・

近頃、カメラってファッションの小物になってて、そこにNEXのようなものが登場して一気にシェアが動いたのでしょうか。
高級コンパクトデジカメに収まるか、レンズ交換式のミラーレスとしてポジションを確保するか、ただの流行りか、その辺をみてから私は買おうかな。

確かにBCNは一部大手量販のデータが入っていないので正確さには疑問がありますが、定点観測という意味では傾向を知ることは出来ると思います。

ミラーレス機が一定の地位を確立しつつあるというのは事実でしょうが、その中でKissX4やD90が売れているのは底力を感じさせます。

ミラーレス機の今後はグローバルシャッター採用とAF性能向上だけでなく、動画機能がどれだけカメラに求められるかにもよるでしょうね。

ろくに交換レンズも無いのに売れてる時点でNEXは新物好きが喰いついてるだけだと思われ。
そういう人たちが次に喰いつくのはおそらくα55。
αの敵はαって事になるのではないかと思う今日この頃。
なんにせよ、新製品ラッシュの今秋から冬のボーナス商戦を経て新入学シーズンが終わるまでは、ミラーレス市場の評価はできないと思います。

BCNってシュア率が出るのでるのですが・・・過去十年とかで出ないので・・・
実際のシュア率が良く解らないんです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2010年8月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD3100のセンサーはNEXのセンサーとは全く別物?」です。

次のブログ記事は「ソニーの新製品発表は8月24日で確定&半透明ミラー搭載機の利点についての記事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る