EOS 60Dで残念なのはAFマイクロアジャストメントが搭載されていないこと

Imaging Resourceに、EOS 60Dのプレビューが掲載されています。

Canon EOS 60D Hands-on Preview

  • EOS 60Dの画質は、50Dに比べて若干シャキっとしていて、ディテールも豊富
  • Kiss X4との高感度の比較では、ISO1600では差はほとんどなく、60Dのほうが若干コントラストが強くディテールに優れているが、多くは露出の違いによるものかもしれない。ISO3200では、60Dは黒のしまりと赤の色乗りが少しよく、花瓶の模様のディテールも若干よい。ISO6400では、60Dのほうがディテールとコントラストが豊富で、Kiss X4はディテールが失われ始める。ISO12800では、多くの面で60Dのほうがより鮮明でしっかりとした画質だが、私はKiss X4のソフトな画質が好みかもしれない
  • 操作性は多くの点でインターフェースが変更されているにもかかわらず、大部分は親しみやすいものだった。いくつかのボタンがなくなってしまったことは残念に思うが、このレイアウトは非常に効率的に操作ができることがわかった。1ボタン1機能の考え方のおかげで、手持ちの20Dよりもずっと操作がしやすくなっている
  • ボディのサイズは劇的に小さくなったわけではないが、50Dよりは持ち歩きやすくなっている
  • 60Dで残念なのは、50Dや7DにあったAFマイクロアジャストメントが搭載されていないことで、上級のカメラマンは強制的に7Dを買わされることになる
  • 60Dは(50Dとは)異なる市場に投入された製品だ。キヤノンは以前から本格的な50Dユーザーを7Dや5D Mark II に誘導してきたが、60DはKissユーザーのゴールのように見える

 

画質はセンサーと画像処理エンジンが共通なだけあってKiss X4とよく似ていますが、60Dのほうが若干コントラストが高くクッキリとした絵作りのように感じます。

大きな欠点としてあげられているのは、AFマイクロアジャストメントが搭載されていないことで、これにはレビュアーもかなり不満を持っている様子です。 このあたりの仕様は、中級機ではなく"本格エントリーモデル"なので割り切って使って欲しいということでしょうか。

2010年8月28日 | コメント(16)

コメント(16)

すべてライブビューで撮影すれば、AFアジャストメントがないことは問題になりません!なんて本末転倒か。

上には7Dがあり価格がほぼ同じになった、下にはX4があり性能が上がってX5では60Dに並ぶかも知れない。 中途半端な位置の60D、後継機の70Dは?。
キャノンは二桁機をどうするんでしょう。

D90後継機対抗では無くオリのE30対抗でしょうね。

ボディがマグネシウムでないので確かにキスの延長上って感じですね。

中級機とは言うけれどラインナップの中で目立たず、売りがバリアングルとアートフィルター・・・というのは、オリのE-30ユーザーとしては複雑な心境です。笑

まぁこっちはたくさん売れるんでしょうけど。

60Dはもう上級という位置づけではない、って事でしょう。強制的に7D買わされるって書いているけど、値段が何倍も違うわけじゃないですしね。
今後の二ケタDはキスって名前が気に入らない人向けの「高級KissD」になるのでしょうね。

となるとマイクロアジャストメント非搭載も頷けます。最短撮影距離ギリギリの距離で合わせて遠景がずれるとか、超広角の中心と周辺で同時に合わせようとするとか、そういう起きなくても良いクレームが一番起きそうな位置づけのカメラになりますから。

初値が問題ですが、新製品で発売前の予価ですからね。
50Dも7Dの登場後下位機としてハイCP機になってしまいました。
時間と共に60Dもベストバイ機に評価されるはずです。
「KX5という名前を付けるべき」という無茶な人たちが居ますが、ペンタプリズムファインダーと1/8000(X1/250)を使ったら、それだけでミドル機になってしまいます。
AFマイクロアジャストメントの不採用・・・40D以前の二桁D・5Dには無く、神経質な人向けに50Dでは採用したけど、実際に使っていた人がどれだけ居たかでしょうね。
全体のバランスとコスト、上級の7D・5D2との差別化の一端でしょう。

従来の
kiss F → kiss → 50D

の3階層を

kiss → 60D → 7D

に変えただけのような気がします。
エントリーやステップアップの受け皿なら、SD採用といい悪くない選択だと思います。

オリのE-620てエントリー機だけど
AF調整機能、アートフィルター、リモートストロボコマンダー機能、バリアングル液晶、5つのツインクロスAFセンサー搭載となかなか良い機種だった。

60Dみたいに動画機能とペンタプリズム搭載して小型中級機として後継機でないものかなー。

サンプル画像、とても参考になりました。60DはX4に比べてNR控えめ、ディティール重視といった傾向のようですね。画作りとしては7Dに近いものを感じました。

マイクロアジャストメントは新しい純正レンズを買ってきたらまずこれを使ってピンズレの具合を確かめています。SCにて調整後はほとんど触りませんが…。

SCの受付窓口で係の人が『マイクロアジャストメントは難しいですから。』と呪文を唱えるかのように何度もつぶやく姿をしばしば見かけるので悪戦苦闘しているユーザーは意外と多いのかもしれませんね。

あと、使い方に拠るのかもしれませんが、サードパーティ製の望遠レンズのテレ端をジャスピンにするのに重宝だという話はよく耳にしますね。

マイクロアジャストは素の状態でベストピント
が出ている前提で故意に前ピン後ピンを出したい時に
使用するものと考えた方が良いと思うなあ

素の状態でピントがずれてる物は調整に出した方が良いですよ
まぁよっぽどズレてないと気付かないもんですが

60D⇒7D⇒X4の順番で発売すれば、ここまで酷評にはならなかったと思います。

>>7さま
そうですよね!確かに・・・。

私は妙に納得してしまいました(笑)。

その順番で発売されていればあまり違和感はなかったかも。

管理人さん、こんばんは。

60Dがよく言われないことのひとつはCFカードではなく、
SDカードになったことも一因かと思います。

ただ、カメラっていうのはカタログに載るようなことでは
なく使ってみてどうかってのが一番なのでまだなんとも
言えないですね。
いろいろ機能が付いたのは、7Dの次モデル(あと1年半は
待たされるでしょうけど)にも期待を持たせるものだし、
使いやすいカメラになっているように今現在は感じています。

今まで「正統」というウリでマグネシウムボディを採用したり、
高速連射を採用したりと2ケタDは中級モデルの扱いでしたが、
ここまでクラスを下げてくると所謂A550のような中途半端な「ハイエンドエントリー」的なカンジに取れなくもないような・・・。

もう少し所有欲も満たせるものにしていただきたかったです。

5D2と40Dを使っていますが、焦点距離や絞り等の条件の変化の中でピントを許容範囲内に調整することはマイクロアジャストでは不可能でしょう。
やはりメーカー調整が最良の手段だと思います・・・一度では満足できないことも多いですが。

「プラボディのペンタプリズム機で軽量化」と「5D2とバッテリーの共通化」は希望通りの仕様ですが、「5.3fps」は高画素化や画像エンジンの据え置き、SDカード採用等の理由で止むを得ないとはいえ、40Dからの買い替えに躊躇するところです。
とはいえファインダーの評価が高いようですので実機を触ってから導入検討です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年8月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンは9月8日にCOOLPIX P7000、9月15日にD7000(D90後継機)を発表?」です。

次のブログ記事は「9月8日に中級機以上の新型デジタル一眼が発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る