ソニーの特許の中にあるイラストはα77?

Sony Alpha Rumorsに、ソニーの特許の中にこれまでにない新しい形のデジタル一眼のイラストが載っているという記事が掲載されています。

(SR3) Is that the new Sony Alpha 77 design???

  • 読者が、不透過から透過まで変化させることができる透過型モニタに関する新しい特許を教えてくれた。この特許自体は特別に興味深いものではないが、興味深い部分はPDFファイルの中にカメラボディの図が示されていることだ。ボディのレイアウトは、現行のソニーのデジタル一眼と全く異なっているように見える。1年前、我々は新しいデザインの透過光ミラー機の特許を発見した。だから、ソニーはまた、将来のカメラのデザインを見せてくれているのではないか?

 

特許の中の図のカメラは、確かにα55ともα700とも全く違う形をしていますね。ボディの両肩からペンタ部にかけてのラインは、キヤノンのPowerShot SX30ISに少し似ているような印象です。

この図のカメラがα77かどうかはわかりませんが、今のソニーならデザイン的にこのくらいの冒険をする可能性はあるかもしれませんね。

2010年10月15日 | コメント(11)

コメント(11)

こういう話は信憑性低くても楽しいですね
左利きの俺には左集中のボタンはうれしいけど・・・

 これが本当だとして、十字キーはないのかしら?
 中級機くらいとなると、これくらいボタンだらけでもOKなのかしら?

トリックさん
図面中の83はマルチセレクターと書いてあるので、α900のようなジョイスティック?的な感じになるみたい。

電源スイッチの位置が使いづらそうですね。
α55などと同じ場所の方が使いやすいですね。

んん~~~~、微妙。

操作性が全く変わりそうですね。

特許のイラストってことは概略図だから
どこまで正確にデザインのシルエットが反映してるのか、ですね。

モードダイヤルでなくモード設定ボタンになっていますね。
これによって上面がスッキリしてデザイン的にはいいですね。
液晶ディスプレーも大きいから表示項目も多いだろうね。
上面左の94d(ライトコントロールボタン)は何でしょうね。

背面には、カスタムボタンが3個ありますね。α700では1個でしたのでいいですね。背面左の88c(イメージ.クオリティ.アジャスト)と88d(スクリーン.スイッチング)ってなんだろうね。
81(電源スイッチ)は、個人的にはシャッターボタンの所にあると前面コマンドダイヤルと、よく間違えて電源を切ってしまうためα700と同じ左上がいいし、右下には手振れ補正スイッチが必要だと思う。
α700の後継機なら、スイッチ位置は同じ位置にしないと、ユーザーを無視していると叩かれますので、下手に変えてはいけませんね。。

ちょっと窮屈過ぎる気がしますね
α-77ではなくて、NEX-7だったりして。

デザイン変えすぎ!
世代が変わるごとに大幅なスイッチ・レバーの位置を変更していたら、固定ユーザーにとっては使い難くてしょうがないと思います。
電源スイッチは、キヤノン式は使い難そうでしょうがないから絶対にやめて欲しいです。(最近の7Dなどでは変わったけど)
せめてニコンやペンタックスのようなシャッターボタン同軸スイッチの方が良いですね。


あと、不透明から透明へ変化させることが出来るミラーについてはもっと情報が欲しいですね。
反射から透過、またその逆も電気的に変化させることが出来れば、α55のアドバンテージを保ったままOVF化も可能な気がします。

これは使いづらそうだなぁ。
WB,ISO,露出補正,ドライブモードボタンはα900と同じ位置がいいなぁ。

どうでもいいけどα750のほうは出るんだろうか・・・

斬新なデザイン歓迎します。
Sonyさんには固定概念を打破していただきたい。

私はスイッチやレバーの位置変更は特別気にはならないです。
仕事上、Nikon、Canon、Sonyと頻繁にカメラが代わる環境なので。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2010年10月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS 5D Mark III は2011年のQ2/Q3に発表?」です。

次のブログ記事は「リコーがGXR用のマイクロフォーサーズユニットを2011年中に発売?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る