オリンパスのハイエンドコンパクトはパナソニックのLX5がターゲット?

CNET Asiaに、オリンパスのハイエンドコンパクトに関する情報が掲載されています。

What features should Olympus' advanced compact have?

  • オリンパスによるとハイエンドコンパクトはズームレンズを採用している。焦点距離や明るさは公表されていないが、特許からの情報によると、26mmから100mmの3.8倍ズームになることが示唆されている。しかし注目はF1.8-2.4の明るさだ。これが事実なら、このレンズは望遠側でF3.3のLX5への切り札だ。
  • オリンパスがCNET Asiaに語ったところによると、LX5や他のハイエンドコンパクトと張り合うために、オリンパスのコンパクトは、これらと同じようなサイズのセンサーを採用するだろうということだ。我々はこのカメラに1/1.63または1/1.7インチのセンサーが採用されると推測している。しかし、裏面照射型CMOSになるかどうかについては情報がない。また、オリンパスは、フォーサーズセンサーを採用しないことを認めている。
  • このカメラの赤いボダンは録画機能があることを示唆しており、我々は少なくとも720pの動画が搭載されると推測している。

 

オリンパスのハイエンドコンパクトは、レンズの特許の情報から1/1.7インチ前後のセンサーの採用が予想されていましたが、オリンパスからLX5と同程度のセンサーになるという裏付けが取れたということなので、1/1.6~1/1.7インチ程度のセンサーになることはほぼ確定と言ってもよさそうです。

明るいズームレンズと1/1.7インチクラスのセンサー、HD動画機能の搭載ということで、LX5とガチンコ勝負をするコンパクトになりそうですね。目玉のズイコーレンズの出来に期待したいところです。

2010年10月 8日 | コメント(8)

コメント(8)

あとはペンタとフジ待ちですかね
カメラ屋さんにはハイエンドクラスでどんどん競い合ってほしいです

操作性はパナを見習って欲しい。
マイクロ4/3機の操作性もね。

光学3.8倍の明るいズームをコンデジサイズに収めるには
フォーサーズセンサーでは至難でしょうね。
レンズはシリコンチップみたいに小さくはできませんから。
無理すれば必ずどこかにしわ寄せが来るでしょう。
メーカーの設計はさすがに堅実といったところでしょうか。

がっかり。
「4/3よりは小さい」けど、いわゆるコンパクトよりは大きいと勝手に思っていました。
2/3から1型のハイエンドコンパクトカメラを期待しています。

防水コンデジだったら買うかも。

4/3センサーに拘ってコンパクト機にも搭載してくれれば嬉しいです。

昨日フォトフェスタに行って、スタッフの方にこのカメ
ラについて質問したところ、製品版ではデザインやサイ
ズは変わるかもしれないそうです。
デザインはともかくサイズが変わる(?)との回答に
一抹の不安があるのですが、ポケットに入るサイズに
収まる、それだけは切望したいところです。それこそが
こういうカメラの大きなアドバンテージですもの。

是非とも純正の水中ハウジングを出していただきたいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年10月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出版社が「D800の書籍の出版は2011年3月」と回答」です。

次のブログ記事は「パナソニックGH2+14mm F2.5のサンプル画像が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る