ソニーPlanar T*85mm F1.4 ZAは絞り開放から並外れて高い解像力

Photozoneに、ソニーPlanar T* 85mm F1.4 ZAのフルサイズ機(α900)によるレビューが掲載されています。

Zeiss ZA Planar T* 85mm f/1.4 ( Sony SAL-85F14Z ) - Full Format Review / Test Report

  • 鏡筒は総金属製で作りは素晴らしい。フォーカスリングは非常にスムーズだが、回転させる向きを変えるときに若干の遊びがある(これはZA16-80mmやZA135mm F1.8と同じ)。フォーカス時にはレンズが繰り出す。AFスピードに問題は無いが、絶賛するようなものではない
  • 歪曲は0.5%のタル型で、このクラスの単焦点レンズとしては標準的。実写では心配はない
  • 周辺光量落ちはF1.4では1.51EVではっきりと目立ち、F2でもわずかに残っているが、F2.8以上では完全に無視してよい値になる。周辺光量落ちは、フルサイズとしては比較的穏やか
  • 解像力は開放から並外れて高く、既に画面全域で"とても良い(very good)"の値。コントラストもとても高い。絞ると更に解像力が上がり、F4以上では傑出した解像力になる。 像面湾曲の問題もない
  • 倍率色収差は、概ねとてもよく補正されている。F1.4では、ピクセル等倍で見ればいくらか色収差が目に付くかもしれないが、プリント上では問題はない。F2.8以上に絞れば色収差は無視してよい値になる
  • ハイライトのボケはF1.4からF2.8までは円形を保っているが、F4では若干崩れる。ハイライトには基本的に輪郭線は付かない。ボケ味は極めてスムーズで均一だが、かなり大きな軸上色収差(ボケの輪郭の色付き)が見られる
  • フルサイズでも素晴らしい成績で、APS-Cのテストのときよりも更に感銘を受けた。開放付近から周辺部までとてもシャープでボケ味もよく、歪曲や色収差も問題ない。従兄弟の(コシナツァイスの)ZF/ZE 85mm F1.4と異なり、開放付近からコントラストがとても高く近接性能も優れている。欠点はボケの軸上色収差が目立つことだが、これは大口径レンズの常だ。価格は安くはないが驚きのレンズだ。強く推薦!

 

フルサイズでも開放から周辺部までとても高い解像力で、かつボケ味も良好と、文句の付けようのない高性能レンズですね。周辺光量落ちや倍率色収差も全く問題のない値です。

コシナツァイスの85mm F1.4と比べると、開放付近の周辺部の解像力で明らかにソニーが上回っていて、同じツァイス同士でも結構違いがあるようですね。Photozoneの光学性能の評価でも、5点満点でソニーが4点、コシナツァイスが3点と1点の差が付いています。

2010年10月 2日 | コメント(10)

コメント(10)

さすが!!

いずれ欲しい憧れのレンズではあるのですが、風景主体の自分にはあまり活かしきれる気がしない。。。
135mmしてもしかり。
30~50mmでも、こんな絶賛レンズ出てくれないかなぁ。
個人的には35mmf1.4Gが常用レンズで結構気に入ってはいるのですが、開放での色収差がちと気になるし、そのせいもあってか解像度が開放ではよろしくないもんで。。。
そこんとこよろしくお願いしますソニーさん!

35、50、85など1.4トリオは
ミノルタ時代から愛用してます。
α-9、2台に、それぞれつけて・・・
Gからプラナーにはなりましたが良いリニューアル。
 今は900メインですが9にたまーにつけることも。
(SSM対応なの最新レンズ+フィルムも良いです。)
ZA135もありますがこちらはやや硬い描写。
人物撮影中心なのでミノルタ時代からの
なだらかなボケ描写は外せないポイントです。
ちなみに35は朝から晩まで使えるコレ1本の
デートレンズでしたw
いまはGF1に20/1.7かな(目立たない)

20ミリリニューアルして欲しい・・・
デジタル歪曲補正で画角カット21ミリ相当でも
いいやw

やはりαにはツァイス。
マイクロフォーサーズにはそのような魅力のあるレンズがないのでαを使い続けたくなります。20/1.7しかない。所詮換算40mmとまり。

 解像力は並外れていて、値段も並外れているけれど、中途半端なレンズをチマチマ買い変えるよりも、何十年と楽しめれば結局は安くなるのかな。

 APS-Cでは良かったけれど、フルサイズではがっかりなレビューが多いのに、大健闘ですもんね。

 STFレンズはフルサイズでどうなのかな?値段、ツァイスと同じくらいだけど、もしお金があったらどっち買うかな~?でもどちらも画角が狭いので、私も風景撮りがほとんどなので、宝の持ち腐れになっちゃうかも。

自分は以前、ツァイスに懐疑的だったのですが、135mmを使ってみて、完全に白旗でした。
解像感とボケ感のバランスが絶妙で、透き通るような写真でした。
同時に、自分が使うとレンズに負けている感じもします。

現在、ミノルタの85mmを持っていますが、このレンズもぜひ入手したいと思っています。
ただ、SSM化はしてほしいですね。オートクラッチ機構では、MF時の微調整の際、
フォーカスリングの遊びに邪魔されて使いにくく感じます。

また、使用頻度を考えると、50mmにも気合の入った1本を期待したいです。
ツァイスはもちろんですが、Gでも十分嬉しいです。
コシナ製のαマウントレンズの噂の行方も楽しみです。

このレンズの写りは本当に素晴らしい。
画質的な面ではパープルフリンジが出たりしますが、
この手のレンズを開放付近で使う場合一般的なこと
ですし、あまり気になりません。
それより、やわらかいボケと開放付近からの素晴らしい
解像力を持っていて、被写体が綺麗に浮き出る写真が撮れる
のが良いです。APS-Cの1400万画素では、レンズの性能
がセンサーの性能を上回っている感じです。有一残念なのは、
ボディー内モーター駆動だというところでしょうか。(即写性は低い。動体撮影には置きピン要。)
最近シグマの50F1.4も大変好評で、美しいボケ、使いやすい
画角で大好きですが、開放付近の解像力の観点では、大きな
差がありますね(F2.0以上が実用域?)。とはいえ、シグマ
50F1.4もポートレート系の方にお勧めしたいレンズである
ことは間違いありません。

ところで、現在、Photozone、LensTip、dpreview、SLR
Gear、GANREFなど多数のサイトが科学的分析データーを
提供していますが、個人の感覚では最も一致するのは、
Photozoneで、最も一致しないのが、LensTipです。
本レンズはPhotozoneでは、開放付近から解像力があることが
示されていますが、LensTipでは開放付近では今一な評価結果になっていた様に思います。GANREFも感覚とデータとの不一致が感じられます。どういうことが原因なのでしょうかねえ?
LensTipを参考に大口径レンズは買えない印象です。

先日、ニコンの85mmF1.4がベスト、みたいな記事がありましたけど、αの85も素晴らしいレンズのようですね。
αユーザーなら是非手に入れてみたいレンズです。
できればSSM化とリアフォーカスまたはインターナルフォーカス化して欲しいな。


>ニコンが良かったかなあ_さん。

こういうレビューは少なからず評価者の好みが入ってくると思うので、自分の直感を信じて購入されるのが良いと思いますよ。

axiさんコメントありがとうございます。

ちょっと前まで初心者にありがちな解像度偏重主義者で、
上記のようなサイトのデータを見て購入レンズを決めて
ました。
ただ、遊びのつもりで数値がそんなに良くないシグマ30
F1.4を購入したら、意外と面白く、科学的データ以外の
重要性に気付かされました。
最近、購入したシグマ50F1.4のときはflickrで約2万
枚の写真を比較して決めました。個人的には、今、一番
持ち出したいレンズです。
データはデータで参考になる部分も多々あるので今後も
利用しますが、写真チェックを沢山行っていこうという
スタンスです。「写り味」という物が見えてくると購入
対象が広がって怖いですね。

αの85F1.4は数値も味もあるいいレンズですね。
ニコンの85はようやく更新されて、ニコンユーザーも
きっとうれしいことと思いますが、あの値段は誰を
購入層と考えているのでしょうかね。。。


個人的にフルサイズはα900に24mm、35mm、85mm、100mm、135mmとAマウント単焦点で揃え、ズームは4/3で揃えています。

その中でもα900とソニーPlanar T*85mm F1.4 ZAの組み合わせは私の一番好きな組み合わせです。

各社85mm F1.4クラスを装着したカメラのデザインはとても格好良いですが、縦位置グリップ付きα900に装着した時のデザインは秀逸です。

勿論、描写性も私の好みで垂涎ものです。

4/3の今後が不透明な現状でZAの望遠ズームが出たら・・・・買ってしまうかもしれません。(苦笑)

発売直後にオーダーし、数か月待たされたレンズですが
いまでも買って良かったというレンズです。
このレンズを持ってなければ、αはとっくに止めていた。

α55でAF速度が向上したので嬉しいですね。
ただ、折角の大口径レンズがEVF越しなんで勿体ないけど。

SSM化するとなると、CONTAX Nマウントのような
構成になるではないかと。その前にSSM化すべきレンズや
出すべきレンズはあるので、最後に手をつけるのでいい。
そうそう変更すべきレンズではありません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年10月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが公式サイトでLUMIX Phoneのティーザー広告を公開」です。

次のブログ記事は「ニコンは半透明ミラー機などの異なる方式のカメラのテストを行っている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る