ニコンAF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VRは周辺部の解像力が弱点

LensTipに、ニコンAF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VRの詳細なレビューが掲載されています。

Nikon Nikkor AF-S 28-300 mm f/3.5-5.6G ED VR - lens review

  • このレンズは中間のセグメントに位置するレンズで、作りは高価な24-70mm F2.8クラスのレンズほど頑丈ではない。フォーカスリングは11mmの幅しかなく、少し狭すぎる。ズームリングはズームの両端よりも中間域が重くなり、完璧とは言えない。
  • 手ブレ補正は実測でシャッター3段分を若干超える効果で、公称の4段分には少し届かないが、3.2~3.3段分の効果はそれでもなお良好だ。手ブレ補正には、非難すべき点は全くない。
  • 中央の解像力は、ズーム全域で開放から基準値(30lpmm)を超えていて全く不満はないが、記録(レコード)を破るほど高くはない。高性能な単焦点レンズのような画質は期待できないが、中央は満足できる性能だ。
  • 周辺部はAPS-Cでは50-100mmだけは開放から全く問題が無い解像力だが、28mmではF8まで絞らないと基準値に達せず、200-300mmではF8まで絞っても完全に満足の行く結果にはならない。フルサイズでは、基準値に達するのは50-100mmでF11に絞ったときだけだ。
  • 倍率色収差は、28mmと50mmでは中程度のレベルをキープしている。それ以上望遠側ではより色収差は増え、絞り開放付近では中程度を維持しているが、絞ると、"高い"のレベルに達する。軸上色収差に関してはほどんど問題はなかった。
  • 歪曲はAPS-Cでは28mmで-2.60%のタル型で目立つ。フルサイズでは28mmで-6.04%のタル型で、これは過去の最高記録を破る値だ。他の焦点距離では50mmで1.59%、100mmで2.44%、200mmと300mmで2.06%の糸巻き型。歪曲は18-200mmクラスのレンズよりもかなり大きい。
  • 周辺光量落ちは、APS-Cでは28mmで18%(-0.57EV)で高くはないが絞っても改善が遅い。300mmでは29%(-0.98EV)で若干問題がある。フルサイズでは28mm開放で45%(-1.72EV)でかなり問題がある。F5.6まで絞ると27%まで改善するが、それ以上絞っても効果がない。200mmでは34%(-1.22EV)で、300mmでもほぼ同じ。
  • 大きな前玉や複雑な構成などは逆光耐性に問題を引き起こすが、実際に逆光ではフルサイズでもAPS-Cでも問題(ゴーストやフレア)が発生した。
  • AFは静かだが"閃光のように速い"とは言えない。暗所では望遠側で少しAFは遅くなる。AFを外したのは、D200でもD3Xでも3~4%で低い頻度だった。前ピンや後ピンの傾向はない。
  • 中央の解像力は良好だが、周辺部はAPS-Cでもフルサイズでも弱い。よい点と悪い点の数だけを数えるなら、28-300mm VRは18-200mmクラスのレンズに及ばず、フルサイズ用の高倍率ズームレンズの問題点を示している。大きなフルサイズ機に、手軽な万能ズームは合わないのではないか。

 

テスト結果は高倍率ズームとしては悪くはないと思いますが、全体的にそれほど良いというわけでもなく、そこそこの性能といった感じです。

このレンズはePHOTOzineNikon RumorsKenRockwell.comなどのレビューではかなり高い評価になっていましたが、ここでは少し辛口の評価になっています。サンプルもこれまでに見たこのレンズのサンプルに比べると、少し冴えないような印象です。

2010年11月17日 | コメント(4)

コメント(4)

ピクコンニュートラルというのを差し引いても確かにサンプルがひどすぎます。
D3Xの2400万画素にレンズがついてこれてない感じですね。
好評価なのはどれもレンズに易しいD700での評価のようです。

私も入手しましたが満足な部分とそうでない部分があります。 しかし値段を考えるに他の高価なレンズに比べると納得もいくレンズだと思います。。”それなり”という表現がぴったりでしょうか。 あと、サードベンダー、特にタムロンなどとの比較は自身ではしてないのでなんとも言えませんが、純正にこだわらなければ、それもまた選択説ではないでしょうか。

>大きなフルサイズ機に、手軽な万能ズームは合わないのではないか。
なんとなく、この主張(結論)が先にありきのテストのような気がしますw

D3Xを使う人が、果たしてこのレンズ買う(使う)んでしょうか?
高画素センサーがレンズを選ぶのはもう周知の事と言っても良い筈で、ニコンだってこのレンズの主たる購買層はD700ユーザーだと見るのが自然でしょう。
なんでもかんでも作品撮りを念頭に置いたような基準で評価するのは、メーカーの開発の方向性をブレさせ、ひいてはユーザーの不利益になるんじゃないでしょうか。少なくとも一定のユーザーにニーズはあるレンズだと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年11月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーNEX-7は2011年の早い時期(2月~3月?)に登場?」です。

次のブログ記事は「ソニーがEマウントを採用した業務用カムコーダー"NXCAM"を2011年上半期に商品化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る