ソニーDT 30mm F2.8 MACROは絞り開放から極めてシャープなレンズ

Photozoneに、ソニー DT 30mm F2.8 MACROのレビューが掲載されています。

Sony 30mm f/2.8 DT macro ( SAL-30F28 ) - Lab Test / Review

  • 鏡筒はマウントを含めて完全にプラスチック製で、作りのクオリティはよくて平均並み。レンズを繰り出すと内側の鏡筒が若干グラつく。AF中にフォーカスリングは回転するが、フィルター枠は回転しない。SAMモーターによるAFは適度に速いが、超高速ではない。
  • 歪曲は約1.2%の軽い~中程度の大きさのタル型で、(マクロの典型的な用途である)複写に使おうとしなければ、通常の撮影では問題はない。
  • 周辺光量落ちは比較的大きく、F2.8では1.5EVを超え、場面によっては問題になるかもしれない。F4まで絞ると最も悪い状況からは抜けるが、問題を解消するにはF5.6まで絞る必要がある。
  • 中央の解像力は開放から既に素晴らしい値(excellent)で、周辺部と四隅はとても良い(very godd)と良い+α(good+)のレベル。F5.6まで絞るとピークに達し、画面の大部分で素晴らしい(excellent)解像力になる。F11以上に絞ると回折の影響で解像力が下がり始めるが、F16ではまだ完全に実用的。
  • 倍率色収差は開放付近ではとても少ないが、絞ると悪化する。F8以上では色収差はより顕著になるが、過度に大きくはならない。軸上色収差はF2.8ではいくらかボケに色ズレが見られ、F4では若干の痕跡が残る。それ以上に絞ると解消する。
  • ボケは開放付近では、ハイライト部分に口径食の影響(猫の目状になる)と強い縁取りが見られる。F5.6まで絞ると改善するが、これはいくぶん遅い。ピント位置の前後の領域のボケは、極めてスムーズ。ボケは良い面と悪い面が混在している。
  • DT 30mm F2.8は多くの点で輝いている。多くのマクロレンズ同様に絞り開放から極めてシャープで、色収差も開放付近では少ない。歪曲はマクロレンズの平均よりも大きいが穏やか。ボケはスムーズだがハイライトの縁取りが不満で、これがたぶんこのレンズの最も弱い部分だ。200ユーロ未満の価格は、性能の面から掘り出し物。

 

光学性能の評価は5点満点で3.5~4点で、低価格の単焦点レンズとしてはかなり高い評価となっています。中央の解像力はF4でグラフの棒が天井に届いてしまうほどで、非常に優秀ですね。周辺部も必要十分な解像力だと思います。ボケに関しては、少し硬い感じがしますが、うるさいとまではいかないので許容範囲内でしょうか。

2010年11月27日 | コメント(4)

コメント(4)

 自分が買ったレンズの評判が高いと嬉しいですね~。小物を撮るのに重宝しています。

 色々絞り変えている内に、F5.6ばかりで撮影する様になりましたが、当たっていたかも♪

 やはりソニーが新しく出すDTレンズは意外にも安くて良品。だからと言って、APS-C一本でフルサイズは捨てるなんてしませんように。

ソニーの安DTシリーズはどれも評判がいいですね。
あとは広角レンズを期待したいところです。

NEX-5ユーザーです。
早く30mmF2.8マクロのNEX用を出して欲しいものです。
NEXキットレンズ(16mmと18-55ズーム両方)のあまりの
ひどさに驚き、対照実験としてFマウンドアダプターで
マイクロニッコールAi50mmF2.8を付けてみたところ、
とても素晴しい画質でした。
NEXのセンサーとエンジンの優秀さに感心しました。
NEXの画質の評判が悪いのは、キットレンズのせいです。

この前35mmF1.8買ったばかりだけど、こっちも欲しくなるなぁ……
しかもヨドバシで15%還元とか……無理だ、買うしかない(汗)
NEXにも使えるし気軽に持ち出せそうです

あと、NEXのキットレンズ色々言われてますが、
16mmはたしかにお粗末なコンデジ並の写りですけど魚眼コンバータを付けると安価な魚眼としてなかなか良い描写をしますよ。
ズームの方は並で無難な写りですが光学手ブレ補正が強力なのでムービー撮影やスナップ用に重宝してます。
主にNEXの評判を下げてるのはコンバータ前提で中途半端に設計されてしまった16mmのせいかと


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年11月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα900用の新しいファームウェアが12月2日に発表される?」です。

次のブログ記事は「ニコンD7000とD90は低感度ではよく似た画質だが高感度ではD7000がリード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る