ソニーDT35mm F1.8 SAMはとても出来の良いレンズ

kurtmunger.comに、ソニーDT35mm F1.8 SAMのレビューが掲載されています。

Sony DT 35mm F/1.8 SAM review (情報源:Sony Alpha Rumors

  • フォーカスリングはAF時に回転するので指に注意が必要だ。フィルター枠は回転しないので、偏光フィルターの使用は快適。AF音はかなり大きく、SSMモーターのように静かではない。AF精度は遠距離では、絞り開放でも極めて高い。
  • 逆光耐性は、単焦点レンズの中でも平均を超える性能。光源が四隅か画面内に入ると、グリーンのゴーストが発生するが、悪くはない。フレアは若干多いので注意が必要。
  • 色収差は穏やかで、ピクセル等倍では見えるが、平均以上に補正されている。絞り開放では大口径レンズの常として軸上色収差が見られるが、F2.8まで絞ればほとんど解消する。
  • ボケ味はすべての絞り値でズムーズだが、ハイライトの周囲に弱い輪郭が見える。絞り羽根の形は、F2.8とF4の間で見え始める。
  • 歪曲は穏やかなタル型で、直線的な被写体が周辺部にあると気付くだろう。幸いなことに、歪曲の形は単純なので、後処理で補正するのは容易。
  • 周辺光量落ちは絞り開放ではやや大きいが、F2.2まで絞ると大きく改善する。近接時には周辺光量落ちはより顕著。
  • 中央の解像力は絞り開放からとても良好。F1.8-2.2では若干かすみに覆われたようになるが、大きなサイズで見なければわからないだろう。中間部は開放ではいくらか甘いが、絞れば次第にシャープになり、F5.6-8では中央よりもシャープだ。四隅はF1.8-2.8では甘いが、F4で急激に向上し、F8でシャープになる。
  • コマ収差は絞り開放から極めてよく補正されている。F1.8-2.2ではごくわずかなコマ収差が見られるが、これは四隅をピクセル等倍で見ての話だ。
  • DT35mm F1.8は素晴らしい性能で、中央の解像力は開放でさえとても高い。周辺部と四隅もF5.6-8まで絞れば中央に匹敵する解像力になるので、素晴らしい風景や建築写真も撮ることができるだろう。欠点は特に無いが、粗探しをする人なら、開放での周辺光量落ちと四隅の甘さに文句をいうかもしれない。全体として、このレンズはとても出来の良いレンズだ。

 

とても安価なレンズですが、光学性能はかなり良さそうですね。開放付近では周辺部がやや甘いようですが、絞れば十分シャープになるので幅広い用途に活用できそうです。ボケが綺麗なのもポイントが高いですね。とても軽量なので、いつもカメラバックにいれておけば何かと役に立ちそうです。

2010年11月19日 | コメント(5)

コメント(5)

 わ~、他社のレンズのレビューを聞いて寂しくなる事の多いソニーですが、たまに繰り出す大当たりレンズみたいですね。これならAPS-Cなら52.5mm相当ですから、フルサイズ50mm替わりにうってつけかも。

 しかし、ソニーさんはDTレンズでちょこちょこ良い評価をもらってますが、フルサイズでも同様の安くて良いレンズの評価がもらえる様に頑張ってもらいたいですね~。

発売日に購入して使っていますが、撮るたびに結果が素晴らしいので、「こんなに安くていいの?」と思ってしまいます(笑)。そりゃ、見た目はちょっとショボイかもですが…。

キットレンズだけで満足していたライトユーザーをレンズ沼に叩き込むのに、十二分な破壊力を持っていると思いますね。

つい先日、手に入れたばかりですが
「軽い・安い(実売18k)・寄れる(最短22cm)」と三点揃ってて写りも悪くないので気に入ってます。
逆光性能もそれほど悪くないようで安心しました。
これからαを始める方にも最初の一本として最適なレンズかと思います

安価な35mmF2が手に入らなくなって以降、αではAPS-Cで標準として使える単焦点が35mmF1.4Gしかない期間がコニミノ時代から長いこと続いてましたが、ようやく待ち望んでたものが出てくれたという思いがします。
最近は交換が億劫なこともあってズームで済ますことが多かったのですが、このレンズのおかげで単焦点での撮影の自由度が高まりそうなので、また単焦点派に戻ろうかと考えています

「デジタルは進化が早い」などと言われますが、
新しいレンズの評判を聞いていると
やはりアナログもしっかりと進歩しているのを感じますね

あえて難点を上げるとするなら、
クラッチの機構が省かれてる(?)せいかDMF(合焦後に自動でAF→MFへ切り替わる機能)やカメラ側の切り替えスイッチが使えず、AF/MFの切り替えは基本的にレンズ横のつまみで切り替えなければならないことでしょうか

近接撮影で素早くフォーカスを調整したい場合には少し難があるかもしれません(中央一点AF、もしくは最初からのMF使用などでカバー出来る範囲だとは思いますが)

あと、SAMレンズなのでNEXでもAFが使えるのは嬉しいオマケ


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2010年11月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスM.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F4-5.6は描写性能がすこぶるよいレンズ」です。

次のブログ記事は「EOS 5D Mark IIIとEF17-40mm F4L後継機が来年の3月に登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る