EF 70-300mm F4-5.6 ISは良好な性能だが純正レンズとしてはAFが遅い

Photozoneに、EF 70-300mm F4-5.6 IS (※新型の"L"ではありません)のフルサイズ機(5D Mark II )でのレビューが掲載されています。

Canon EF 70-300mm f/4-5.6 USM IS - Full Format Lab Test / Review

  • 先代(EF 75-300mm IS)と比較して最も大きな違いは、光学系にUDレンズが採用されたこと。AF速度はリングUSMには及ばないが、先代より大きく改善し、そこそこのレベルになっている。マイクロUSMのおかげで駆動音はとても小さい。フルタイムマニュアルフォーカスはできない。
  • 鏡筒の作りは平均並みで、スイッチ類は少々チープに感じる。ズームリングはかなり重いが、極めてスムーズに動く。ピント合わせで前玉が回転するので、偏光フィルターは少々使いにくい。
  • 歪曲は70mmで-1.2%(タル型)、200mmで1.1%(糸巻き型)の穏やかな値だが、300mmでは2.6%の極めて大きい糸巻き型で、これはこのクラスでは例外的な大きさ。
  • 周辺光量落ちは、開放で1EV前後で比較的良く補正されている。周辺光量落ちは目に見えるが、フルサイズでのテストでは、これよりも遥かに悪いケースを目にしてきている。
  • 70mmでの解像力は、開放から画面全域でとても良い(very good)から素晴らしい(excellent)の値。望遠側にズームすると予想通り解像力は落ちるが、200mmではまだ周辺部では良い(good)~とても良い(very good)、中央ではとても良い(very good)の値。300mmでは主に画面周辺部で少々解像力が落ちる(good)。
  • 色収差は比較的よく補正されており、70mmと200mmでは1ピクセルをかなり下回っている。300mmでは色収差は1.4ピクセルまで増えるが、フルサイズとしてはまだ良好な値だ。
  • 良好な性能で価値のあるレンズだ。70mmでは(暗いレンズとしては)素晴らしい性能で、200mmそして300mmでさえも良好な性能だ。周辺光量落ちと色収差は良好だが、歪曲は300mmではかなり大きい。鏡筒の作りは平均的だが、前玉が回転してしまうのは少々時代遅れ。AFは従来型のモーターを採用したこのクラスのレンズと比べればまずまず速いが、キヤノン純正のラインナップの中ではAFが遅いレンズの一つだ。

 

光学性能は5点満点で2.5点~3点で、このクラスのレンズとしては平均か、それよりも若干低い程度の評価となっています。解像力はほどほどで悪くはないと思いますが、評判の良いタムロン70-300mm VCがかなり安い価格で売られていることを考えると、現在では少し物足りない性能かもしれませんね。

以前、このレンズのリニューアルの噂が流れたこともありましたが、どうやらEF70-300mm L のことを指していたようなので、こちら(非L)は当分このままの状態で販売継続でしょうか。

2010年12月13日 | コメント(3)

コメント(3)

 EF70-300ミリを選ぶ理由としては,純正の安心感とデザイン的なマッチングの良さですかね。タムロン70-300ミリVCは,イマイチEOSに似合わないよね。

管理人さん、こんばんは。

自分は以前、このレンズを持っていました。
持っていたというのは、別のレンズが
ほしかったので売ってしまったわけですが。

でも、写りはすごく良かったです。
手振れ補正がすごく良く効きました。
300mmで使っていても、シャッター半押しで目がクラクラ
するような場面でもピタリと止まりましたからね。

それに望遠はズームが便利でした。

正直、もう一度、手に入れたいです。

私も以前このレンズを持っていました。
写りは十分満足していましたが、AF速度の問題で
手放しました。ピントを外すと無限遠と至近を一度
往復するのですがその時間が1秒以上かかる感じでした。

光学性能はそのままでいいので、フルタイムMFとフォー
カスリミッターつけてくれれば良かったのに・・と
思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年12月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスのモジュール式カメラの特許に関する情報が掲載」です。

次のブログ記事は「ツァイスが2011年にZE・ZFマウントのいくつかのズームレンズを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る