富士フイルムがFinePix X100に関するQ&Aを公開

富士フイルムが海外の公式サイトで、FinePix X100に関する24項目ものQ&Aを公開しています。

What's New

  • Q:"Made in Japan"の文字はカメラの背面のままなのかそれとも底面に移動するのか?
    A:カメラの背面のままで、エッチング処理される。
  • Q:X100のブラックモデルは発売されるのか?
    A:具体的な計画はないが、多くの人がそのようなオプションを望んでいることは承知している。
  • Q:X100はどのような電池を使うのか?
    A:NP-95リチウムイオン電池を使用する。この電池はReal 3D W1を含む、他の多くのFinePixとも互換性がある。
  • Q:X100は革張りの仕上げになるのか、それとも革のような仕上げ(人工皮革)になるのか?
    A:革よりもより実用的で耐摩耗性のある人工皮革になる。
  • Q:X100はどうしてレンズ交換式ではないのか?
    A:画質がX100の最重要課題で、このことが光路とセンサー位置の完全な最適化が保証されるレンズ固定式を選択した理由だ。また、デザイナーはこのカメラのサイズを小さく維持しいと考えている。レンズ交換式やズームの採用は大きさを増し、X100のコンセプトを損なう。
  • Q:X100に手ブレ補正は搭載されるのか?
    A:X100はF2の大口径レンズを採用しているので、手ブレ補正がなくても暗所での手持ち撮影はなお可能だ。
  • Q:X100にフィルター装着用のネジ山はあるのか?
    A:オプションのアダプターリングを使って、49mmのフィルターを装着することができる。このアダプターはレンズの周囲を覆っている金属部分を取り外して、アダプターをねじ込むことで装着できる。レンズフードも同様の方法で装着可能。フィルターは、サードパーティー製の一般的なものを使用できる。
  • Q:なぜセンサーはフルサイズではないのか?
    A:設計者の最初のX100のコンセプトに忠実にしたいということから(APS-Cに)決定した。フルサイズセンサーを使うと大幅にサイズが大きくなるが、APS-Cだとサイズと画質のバランスがベストになる。
  • Q:X100のISO感度の設定範囲は?
    A:標準の設定でISOレンジは200から6400を計画しているが、ISO100とISO12800の拡張モードを含んでいる。高感度と大口径レンズは、フラッシュや三脚なしに暗所での撮影を可能にするだろう。
  • Q:なぜEXRセンサーを採用しなかったのか?
    A:EXRセンサーは、小型センサーが要求されるロングズームを採用したコンパクトカメラのために設計されたセンサーだからだ。設計者は最良の画質が得られるようにAPS-Cを選択した。大きなセンサーは、フジノンレンズに完璧にマッチするだろう。
  • Q:ファインダーの中にAFポイントは表示されるのだろうか?
    A:表示される。AFポイントはユーザーが選択することもできるので、フォーカスロックを使用しなくても、中央以外の被写体に容易にピントを合わせられる。
  • Q:X100はレンジファインダーカメラなのか?
    A:X100はレンジファインダー機では無いことに注意して欲しい。
  • Q:動画に関する仕様はどうなっているのか?
    A:1280×720ピクセル、24コマ/秒のHD動画で、音声はステレオ。録画中は絞り優先AEが使用可能。
  • Q:X100に無線で遠隔操作する機能は搭載されているか?
    A:搭載されない。シャッターボタンにはネジ穴があるので、機械的なレリーズを使用できる。
  • Q:電源のOFFにしたときに現在の設定を維持できるのか?
    A:維持される。これは普通に写真を撮るよりも、特殊な用途でカメラを使いたいユーザーに便利な機能だ。一部のカメラは電源ONでデフォルトの設定に戻るのに対し、X100では最後の設定が維持されるので、ユーザーは露出モード、測光パターン、ホワイトバランスなどを含む機能を必要に応じて調整しておくことができる。
  • Q:上面のシャッターダイヤルは1/4秒までのシャッターだが、それよりも遅い速度を手動で設定できるのか?
    A:ユーザーが"T"を選択すると、1/4よりも遅いシャッタースピード(1/2秒から30秒)を1/3EVのステップで選択することができる。
  • Q:背面の液晶モニタをOFFにすることは可能か?
    A:OFFにすることができる。
  • Q:シャッターラグの長さはどのくらいか?
    A:シャッターボタンが押されてから写真が実際に撮影されるまでの正確な時間は、まだ最終的に決定していないが、0.01秒前後になると予想されている。これは極めて速く、デジタル一眼レフに匹敵する。瞬間を切り取ろうとしている写真家は、このカメラに失望することはないだろう。
  • Q:このカメラは防塵防滴なのか?
    A:防塵防滴ではないが、レンズ固定式なので、センサーにホコリが付く可能性は極小だ。しかし、多湿の場所やホコリっぽい場所での使用では適切な対策がされるべきだ。
  • Q:フラッシュのシンクロ接点は?
    A:かなり高速なシンクロ速度になるが、正確なシンクロ速度はまだ決定していない。
  • Q:フイルムシミュレーションモードは搭載されるのか?
    A:プロビア、ベルビア、アスティアそしてモノクロ写真モードが搭載される。
  • Q:NDフィルターは使用できるのか?
    A:3段分の効果があるNDフィルターを必要なときに使用することができる。この機能はスローシャッターを切りたい場合や、絞りを開きたい場合に役に立つ。
  • Q:価格はいくらになるのか?
    A:まだ決定していない。
  • Q:どのようなアクセサリーは発売されるのか、そしてそれらはカメラと同じデザインスタイルになるのか?
    A:メタルフードが同梱されるだろう。加えて、プレミアムレザーケース、アダプターリング、そして交換用のバッテリーが用意される。フラッシュも発売されるだろう。

 

多くのQ&Aが公開されたことで、X100の詳細がかなり明らかになってきましたね。X100はボディの質感が高いだけでなく、フィルターが装着できることやシャッターラグが短いこと、シンクロ速度が速いことなど、写真を撮る道具としても気合が入った仕様になっているようですね。後は、目玉のハイブリッドファインダーの仕様と、フジノンレンズの描写力が気になるところです。

2010年12月14日 | コメント(15)

コメント(15)

期待はしていましたが高速シンクロってのがいい。集合写真の仕事をしている人間にとって「第二のフジカ」になることができるのでしょうか?現在でも高速シンクロを利用してニコンD40を集合写真で利用している人間にとって、この期待は大きいと思いますが。

手振れ補正が搭載されないのは残念。機械に出来ることは機械まかせにするのが良いと思う。後継機には搭載される事を強く希望する。1/200秒のシャッタースピードでは手振れしないと感じる人も1秒の場合の1/200手振れしているのだから。

NDフィルターが内蔵されるんですね。となると、絞りの代わりにNDフィルターが組み込まれ、F値を調節することになるのでしょうか。それともNDフィルターも内蔵するが絞りも使え、絞り開放時に光源の綺麗なボケが表現出来たりするのでしょうか。

NDフィルターは内蔵ですね。
それにしても、この外観デザインはステキ!です。
これで、レンズ交換できたら更に幸せ。
画角も欲張らなくていいから、この外観でレンズ交換式を
出してもらえないですかね。
あっ、でもレンズ交換したら、このファインダーは使えないかも。

発表からずっとウォッチしていますが、
どうして誰も「パラックスは自動補正されますか?」と
質問しないのか不思議です。
その為の低倍率だろうと思うのですが、
補正されなかったら買う気半減です。

今年はレンズ沼を超えてカメラ沼にはまって散財したので来年こそ写真を撮るほうに専念したいと思っているのに、ツアィスの35mmF1.4が欲しい、ライカのX1も半年待ちで手に入れたのに富士のX100も欲しい、シャッターを押す指は右手の人差し指1本なのにカメラはどこまで増えるやら、でもX100が出たら買いそうです。

う~ん、単焦点レンズですか!
28~90だったら、即買いですね!!
女房を質に入れても買います。
シャッター・ダイヤル、絞りのリング、EVFのファインダー。
私の理想形です。
電源を入れないと、絞りもシャタースピードもわからない今のカメラは何と不自由なのでしょう!
更に、太陽を背にしての液晶パネルが何とみにくいことか!

なんで背面液晶の画素が46万ドットなのか
今コンデジでも90万ドットはあるのに

>なんで背面液晶の画素が46万ドットなのか今コンデジでも90万ドットはあるのに

なぜか、オリンパス、パナ、フジの三社は高級機にも90万ドット超の液晶を採用事例がありませんな。

リーズナブルな最先端モバイル高精細液晶を量産してる会社はそれほど多くないので、この三社はそういう会社とのパイプが太くないのかもしれないですね。パナは自社供給ですかね?でもパナはあまり液晶は強くないですしね。

逆にリコーは全機種に採用で、特に質が高いですね。

手ぶれ補正がないのは、大変残念です!
室内スナップ派の私には、見送りです。

手ぶれ補正がないのは確かに残念ですが、いつもレンジファインダーを使っている身としては、あったらラッキーくらいの機能ですよ。
フジとしてはフィルムユーザーの取り込みを目的としてると思うので、シャッター速度をかせぎたいなら、フィルムではできなかった高感度で対応してくださいって事なんでしょうね。

レンズは交換式にするとコンタックスNマウントの二の前になると思うんでしなくて正解ですね。

フィルム層を取り込む気ならフィルサイズにして欲しかった。

換算35mmF2.0なら、手振れ補正は無くてもギリギリイケそうな気がします。高感度耐性次第ですが...。
スナップ機としてはとても魅力的ですが、ちょっとポートレィト向きとは言えなそうなのが残念。反響次第では換算80㎜くらいのが出るのでしょうか。その方が、フジの実力をさらに発揮できそうな気がします。

>Q:X100はどうしてレンズ交換式ではないのか?
に対する回答が、今現在のMFT/Eマウントへのフジの見解そのものですね。

どうせなら、広角・標準・中望遠の3機種を揃えて、レンズ交換にもたつく私を置き去りにして欲しいですね;

撮像素子前のマイクロレンズ位置を,光の入射角に合わせて最適化しているので,撮像素子が動くタイプの手振れ補正は無理でしょう.また,レンズ側での補正はレンズが大きくなるので製品コンセプトと合いませんね.
ファインダー内のブライトフレームは,自由に大きさと位置を変えられるはずなので,フロントテレコンぐらいはオプションに準備しているかもしれません.

究極に画質を求めるならハイエンドの一眼レフにしますよ。しかしあんなデカイカメラにレンズは常に持ち歩けないし。しかしクオリティは欲しい。その兼ね合い。今どき簡単なストロボ位は付けてほしかった。単焦点レンズだけなら、テレコンなどが付いて欲しい。背面液晶で判断しないのである程度の物なら問題ない。レンジファイダーに関してはあふろべなとーる様と同意見。ポートレイト向きではないのかな。

とりあえず使用してみなくては解らないと思い昨年予約しました。
価格はR-D1のコトを想像していたのでずいぶんと安価ですねえ。
SD-1が苦しくなりましたね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年12月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスが2011年にZE・ZFマウントのいくつかのズームレンズを発表?」です。

次のブログ記事は「HD動画重視ならパナソニックGH2がベストの選択」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る