シグマが12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMなど4本の交換レンズを発表

シグマが「12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM」「MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM」「APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM」「APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM」の4本の交換レンズを発表しました。

SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM 発表

  • 「SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM」 は、「SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM」の後継機種となるフルサイズ対応超広角ズーム。
  • 蛍石と同等の性能を誇るFLD("F" Low Dispersion)ガラス4枚とSLD(特殊低分散)ガラス1枚を採用し、超広角で問題となる色収差を極限まで補正、更なる高画質化を実現。
  • グラスモールド非球面レンズを3枚、ハイブリット非球面レンズを1枚採用することで、高性能化とともにコンパクト化を達成。
  • 堅牢性、防滴性の高い構造を採用し、ホコリや水分の侵入を抑えることで、プロの過酷な撮影条件にも対応。

SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM 発表

  • 手ブレ補正OS機構を搭載し、手持ちのクローズアップ撮影が容易に行える。
  • 高屈折率SLD ガラス1枚とSLD ガラス1枚を採用し、色収差、球面収差、像面湾曲を良好に補正。
  • 2 つのレンズ群を異なる量で動かすフローティングインナーフォーカスの採用により、撮影距離の変化にともなう非点収差・歪曲収差の変動を抑え、無限遠から等倍まで高い描写性能を発揮。
  • 防滴性の高い構造を採用し、プロの過酷な撮影状況にも対応。

SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM 発表

  • 手ブレ補正OS(Optical Stabilizer)機構を搭載し、約4段分の補正効果を発揮。
  • SLD ガラス6枚の採用により、色収差を極限まで補正。全撮影距離で高画質を実現。
  • フォーカシングやズーミングによる全長の変化がないインナーフォーカス、インナーズームを採用。

SIGMA APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM 発表

  • 高性能FLD ガラス2 枚と、SLD ガラス1枚の採用により、色収差を極限まで補正。
  • インナーズーム、インナーフォーカスを採用し、ズーミング、フォーカシングによる収差変動を抑え、ズーム全域で優れた描写性能を発揮。
  • 手ブレ補正OS機構を搭載し、約4 段分の手ブレ補正効果を発揮。
  • 防滴性の高い構造の採用により、プロの過酷な撮影状況に対応。


シグマから4本の新しい発表されましたが、いずれも魅力的なスペックで物欲が刺激されますね。今回の新製品では、防滴構造を採用しているレンズが多いのも嬉しいポイントです。FLDガラスを採用してリニューアルされた12-24mmが、どれだけ性能アップしているのかとても楽しみです。

2011年2月 8日 | コメント(7)

コメント(7)

相変わらずシグマはズームリングに統一性が無いですね(^_^;)
どのレンズもソニーとペンタは当初の発売予定からは外されているっぽいのも相変わらずで。

既存レンズのバージョンアップレンズばかりですが、FLDレンズなどを多く使用しているので、どれくらい画質が上がっているのか気になりますね。

シグマさん発表はいいけど発売は?
シグマは発表すれど、いつ発売されるかわからないから困る・・・
フォトキナで発表した150マクロまだ~~?

50-150/2.8がOS付になったとはいえ、異様に大きくなってしまったのは残念です。これではフルサイズの70-200/2.8とほとんど変わらない・・・。

シグマには、APS専用の10mm/f2.0or2.8みたいなとんがった単焦点も出して欲しいです。星景撮る人なんかは、このクラスがでたら、喜んで買うと思うんですが。

写真を見る限り、新型は表面処理が変わった(以前のザラザラではない)ような?
単に映りの関係かもしれませんが、もしそうなら個人的には嬉しいですね。
そしてマクロは105mmもリニューアルされましたし、次は50mmに期待したいところです。

105mmマクロのリニューアルは嬉しい。OSも付いて嬉しい。50-150mmF2.8はインナーズームだし、OSも付いてるから大きさは仕方ないですかね…OSも普通に付いて、Sigmaレンズがこれだけ充実してくると、SD1導入も楽しみにできるかも…乗り換えはちょっとコワイけれども。

12-24mmには期待していいのでしょうか?
安価ならかなり楽しみです。広角なのでオートフォーカスとかF値とか気にせずに済みますしね。

50-150F2.8はOSが付いたといえデジタル専用で70-200F2.8と同等はでかすぎます。このレンズを選ぶメリット殆ど無いような気がします。
どうせなら70-200F2.8をやめて50-150F2.8をフルサイズ兼用にしたほうが需要があるとおもいます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年2月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD5000後継機は今から2ヶ月以内、フルサイズ機の後継機は夏頃の発表?」です。

次のブログ記事は「シグマがハイエンドコンパクト「DP2x」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る