キヤノンは2月7日、富士フイルムは2月8日に新型デジタルカメラを発表

SankeiBizのビジネスライブに、キヤノンと富士フイルムの新型デジタルカメラの発表スケジュールが掲載されています。

ビジネスライブ (2月7日)

  • 2月7日 14:00 キヤノン、デジタルカメラの新製品を発表

ビジネスライブ (2月8日)

  • 2月8日 13:00 富士フイルム、デジカメ「FinePix」の新製品を発表


SankeiBizにスケージュールが掲載されたので、キヤノンの新製品の発表は2月7日、フジの新製品の発表は2月8日で確定のようです。

Canon Rumorsでは、キヤノンのプロ用プリンタと新型Kissの発表が噂されていますが、それに加えて交換レンズの発表があることにも期待したいですね。

富士フイルムはFinePix X100の発表だと思いますが、スペックはほぼ明らかになっているので、X100の価格や発売日、今後の同シリーズの展開に関する情報などに注目したいところです。

--------------------------------------
この情報は404zさんに教えていただきました。
ありがとうございました。

2011年2月 4日 | コメント(12)

コメント(12)

X100は望まれるべきして登場する感じですね。ライカのX!以外にライバルもいなさそうで。ともあれ発売したら購入を考えています。

X100は懐古趣味すぎてどうかなあ。時代錯誤だよなあ。

>mさん

それがいいんですよ!

次の機種の話をするのははやいかもしれませんが、ライカ判の素子サイズで50mm、f2で、ハーフマクロ。レンズが出っ張るのはかまいません。よろしくお願いします。

デジカメでここまで回顧的にして図体がでかいのはどうかな?
 APSの単焦点である程度光学系が大きくなったとしても、ボディは小型でお願いしたいけどね。
 DP-1のボディサイズで、レンズを枕胴化して、EVFオンリーにした方が良いんじゃないかな?
 少なくともパナソニックGF-1に単焦点レンズ+EVFつけっぱなし位のボリュームに収まって欲しいけどね

外観については,思っていたよりもチョット・・・と思います.
見た目はクラシカルなのですが,軍艦部を初めとして所々に丸みを帯びていて
昔のレンジファインダーと今のミラーレス機の中間で中途半端な印象を受けます.
どうせなら昔ながらのレンジファインダー機と同じで
全て金属で作ってしまうとか,やるなら徹底的にやって欲しかったと思います.
大きさについても,若干大きいように感じます.
うまい説明が思いつきませんが,オリンパス35SPとオリンパス35RCの関係のように,
比べてみると,35SPよりも小さくて,代わりに
若干性能は劣るがそれに負けない味がある35RCを選んでしまう心境というか・・・.
それこそ35RCのサイズだったらかなりアリな気がするのです.
野暮ったい・・・までは行きませんけど不思議な外観と大きさに感じます.

X100は懐古的というけど、ここまで徹底した物はひとつもなかった。
GRですらデジタルになってこざっぱりした。
PENは論外。
ミライっぽいデザインが好き、という人は、
NEXでも持ったらいんじゃないですかね。

僕はコレはこれで良いと思う。

確かに「フルサイズ」の方が良かったんじゃね?
とかそういう意見もあるのも判りますが、
実際、キヤノン機を使ってみると判るのですが、
フルサイズにすると、庶民価格では無い高級レンズを
そろえないと現状では、満足の行く写真にならないので、
落とし所として、APS-Cは無難だと思う。

実機で実装される「フィルムモード」での
質感がどんなものになるのか楽しみです。
僕は欲しいですね。

CP+で見れそう?

X100は還暦過ぎた父が購入を考えているそうです。
私はNEX派です。このクラスは性能が高い位置でデザイン幅が広がってきていて楽しいですね。
一眼レフはフォーミュラーカーみたいに基本形が完成されてしまっており、もはや使い勝手や性能や配色以外、見るところがなくかえって面白味がないので――本気の撮影は一眼レフですが、趣味の撮影はミラーレスやこういったAPS-Cコンデジで、というスタイル、今後も広まるでしょうね。

ヘキサー(AFのほう)と同じデザインのやつが欲しいなぁと思うのって私だけでしょうか…。あれは良いカメラだったなぁ。

HS20も今日発表されたら嬉しい。
RAW使わないからソニーのHX100Vと迷うね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年2月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスのミラーレス機と交換レンズのスペックが掲載」です。

次のブログ記事は「シグマ8-16mm F4.5-5.6 DC HSMは非常に面白いレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る